トップ 演奏家 演奏家一覧

演奏家(演奏家からのお知らせ)

音大生から国内外で活躍するプロの方まで、多彩な演奏家が、弦楽器とピアノのデュオの
編成を中心に、様々な場所に演奏をお届けしています。
※現在、HP上での応募は受け付けておりません。

浅野	裕里香浅野 裕里香(ヴァイオリン)

浅野 裕里香(ヴァイオリン)

仙台市出身。桐朋女子高等学校音楽科,桐朋学園大学音楽学部卒業。同研究科修了。在学中,辰巳明子,海野義雄,豊田弓乃の各氏に師事。 '07~'09ザハール・ブロン氏マスタークラス受講他,国際音楽アカデミーに多数参加し研鑽を積む。'07バッハホール音楽コンクール最優秀賞。併せて宮城県知事賞,河北新報社賞,バッハホール音楽協会長賞受賞。全日本芸術コンクール第2位。'12日本イタリア協会Ⅲ゜Concorso MusicArte“Gran Premio”優勝。同年,Teatro Olimpico国際フェスティバルをはじめ,ヴェネツィア国立音楽院大ホール,ミラノ・クザーニ宮殿等,イタリア各地で特別公演。ファイナルコンサートではフィナーレを飾り,好評を博す。
'11仙台・東京にてリサイタル開催。'12, '13 MHKS主催にてリサイタル, '13日本財団ランチタイムコンサートにおいて無伴奏Vlリサイタル出演,いずれも好評を得る。'14宮城県文化振興財団主催 “ファミリアコンサート”にゲスト出演。その他,朗読とのコラボレーションや学校アウトリーチ,仙台フィルハーモニー管弦楽団にエキストラ出演等,幅広く演奏活動を行っている。昭和音楽大学附属音楽教室講師。

close
浅水	里美浅水 里美(ピアノ)

浅水 里美(ピアノ)

白菊学園高校(現ウルスラ学院高等学校)音楽科卒業。東邦音楽短期大学卒業。
これまでに、中嶋和子、鴨沢スゲ、椿井美和子の各氏に師事。
青森県新人演奏会、ミュージックフェスティバル、若い翼コンサート(伴奏)などに出演。
現在、八戸聖ウルスラ学院音楽研究部非常勤講師。八戸市の自宅にてピアノ教室主宰。全日本ピアノ指導者協会青森県支部会員。

close
石川	志保石川 志保(ピアノ)

石川 志保(ピアノ)

4歳よりピアノを始める。
玉川大学文学部芸術学科音楽専攻ピアノ課程卒業。
ヤマハ講師を経て、現在須賀川市にて「志保ピアノ教室」主宰。

close
石川	仁保石川 仁保(ヴァイオリン)

石川 仁保(ヴァイオリン)

福島県郡山市出身。
3歳よりスズキメソードにてヴァイオリンを始める。
郡山女子大学短期大学部音楽科ヴァイオリン専攻卒業。
これまでにメソードの先生方、牧田さゆり女史、浦川宜也氏、坂井玲子女史、大川内弘氏に師事。
郡山市民オーケストラコンサートミストレス。
ソロやデュオ、カルテットなどで演奏活動も行なっている。
元郡山女子大学短期大学部音楽科非常勤講師。
須賀川市にて【仁保音楽教室】主宰。

close
井上	綾子井上 綾子(ピアノ)

井上 綾子(ピアノ)

岩手県盛岡市出身。
盛岡第一高校、山形大学地域教育学部卒業、桐朋学園大学大学院修士課程修了。大学院在学時、ティーチングアシスタントを勤める。
第12回日本バッハ コンクール 銀賞
第75回岩手県芸術祭ピアノ部門 芸術祭賞
第17回セシリア国際音楽コンクール 奨励賞
大阪国際音楽コンクール、日本クラシック音楽コンクール他多数入賞
東京国際芸術協会より受講料を免除され、Wiener Musik SeminarにてWalter Fleischmannに師事し、ディプロマを獲得。教授推薦による修了コンサートに出演。
Mozarteum Summer AcademyにてChristopher Hinterhuberに師事しディプロマを獲得。winner‘s concertに出演。
オーディションに合格し、仙台国際音楽コンクール審査員によるマスタークラスにてFrank Wibautのレッスンを受講。
これまでにピアノを飯原やす子、植木由利子の各氏に師事。室内楽を水谷晃、三輪郁に師事。
現在三輪郁に師事。
Wolfgang Waztinger、Pascal Devoyon氏のレッスンを受講。

close
大岩	千華大岩 千華(ピアノ)

大岩 千華(ピアノ)

宮城県仙台市出身。
宮城学院女子大学学芸学部音楽科卒業。在学中同大音楽科コンサート、卒業演奏会に出演。同大学音楽科研究生2年次修了。
工藤絵美子、斎藤嘉恵子、及川浩治の各氏に師事。
東北ショパン学生ピアノコンクール、全東北ピアノコンクール、日本ピアノ教育連盟オーディション入賞、入選。
オーストリア・モーツァルテウム夏期国際アカデミーにてユラ・マルグリス氏のマスタークラスを受講、ディプロマ取得。ポーランド・シレジアフィルハーモニー管弦楽団とチャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番を共演。
文化庁芸術家派遣事業、宮城県文化振興財団「芸術銀河」アウトリーチ事業、主催企画「Good Afternoon Concert」シリーズ、ソロリサイタル、伴奏、室内楽など、宮城県を中心に精力的に演奏活動を展開。オペラピアニストとして携わった公演多数。仙台国際空港での復興ピアノの記念演奏、ラジオ番組の出演やコンクールの審査を務めるなど、活動は多岐にわたる。
宮城学院女子大学音楽リエゾンセンター認定演奏員、授業運営補助員(伴奏補助員)。仙台オペラ協会ピアニスト。NHK仙台少年少女合唱隊ピアニスト。聖ウルスラ学院英智音楽教室講師。若林混声合唱団ピアニスト。日本ショパン協会東北支部特別会員。

close
加藤	優加藤 優(ピアノ)

加藤 優(ピアノ)

八戸市出身。八戸聖ウルスラ学院高等学校音楽科、東京音楽大学器楽専攻ピアノ科卒業。
これまでに関根光善、岡田敦子、石岡千弘の各氏に師事。
現在、八戸聖ウルスラ学院高等学校非常勤講師。

close
門脇	和泉門脇 和泉(ヴァイオリン)

門脇 和泉(ヴァイオリン)

仙台市出身。宮城県第二女子高等学校(現在二華)卒業。在学中仙台ジュニアオーケストラに在籍、コンサートミストレスを務める。第4回バッハホールコンクール入賞。
愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。バイロイト青年音楽祭参加。室内楽の夕べオーディションに合格、出演。卒業後、仙台にてジョイントリサイタルを行い、その後数々の演奏会に出演。現在はソロ、室内楽、オーケストラ、アウトリーチ、復興コンサートと多彩な分野で演奏活動を行う傍ら後進の指導にあたっている。
これまでに、ソロを福本泰之、V.マリーニン、岡山芳子、渋谷由美子の各氏に、室内楽を百武由紀、進藤義武、山田百子の各氏に師事。
桐朋学園子供のための音楽教室実技講師。ヤマハPMS講師。杜の弦楽四重奏団メンバー。Two×SpringStringsメンバー。ToRE*sis(トレシス)メンバー。

close
門脇	麻美門脇 麻美(ピアノ)

門脇 麻美(ピアノ)

仙台市在住。宮城学院女子大学音楽科卒業。同大学研究生修了。
卒業演奏会、第69回読売新人演奏会、日本ショパン協会東北支部主催新人演奏会、ショパンファミリーコンサートなど多数出演。
2000年「仙台ユース・クラシック・コンサート」にて最優秀演奏者に選ばれ、仙台市長賞を受賞。また、第9回、第13回、第14回日本ピアノ教育連盟主催ピアノオーディションにおいて奨励賞を受賞。2008年、秋田県大仙市大曲新人音楽祭コンクール入選。
2006年以来、ヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、ピアノ、打楽器、歌の変則的な編成で結成された仙台チェンバーアンサンブルに所属しており、クラシックを中心とした幅広いジャンルの音楽を発信し続けている。
2013年、初のCDとなる【幸せの星の木】をリリース。2015、16年には「せんくら」に出演。東北各地での学校公演のほか、室内楽ピアニスト、グレィス女声合唱団、コールかっこうピアニストとしても活動している。
現在、弘中 孝、乳井 恵美 各氏に師事。
仙台チェンバーアンサンブルメンバー、日本音楽家ユニオン会員、宮城県芸術協会会員。

close
叶	千春叶 千春(ヴァイオリン)

叶 千春(ヴァイオリン)

仙台市出身。創立当初より仙台ジュニアオーケストラに6年間在籍、数多くの演奏会にコンサートミストレスやソリストとして出演。宮城県第二女子高等学校(現・仙台二華高)を経て国立音楽大学器楽学科卒業。これまでにヴァイオリンを森下幸路、木越直彦、上野裕佳里、石橋洋子の各氏に師事。
現在は東北地方を中心にソロや室内楽、オーケストラと多彩な分野での演奏活動を行うほか、「東北電力スクールコンサート」や「芸術銀河宮城県アウトリーチコンサート」などの音楽普及活動にも参加している。仙台チェンバーアンサンブル、杜の弦楽四重奏団メンバー。宮城県芸術協会会員。

close
菅野	明子菅野 明子(ピアノ)

菅野 明子(ピアノ)

秋田市出身。
宮城県第一女子高等学校を経て山形大学教育学部特別教科(音楽)教員養成課程卒業。
ピアノを尾島要子、高野光子、中川和義の各氏に師事。
現在、一般財団法人ヤマハ音楽振興会東日本支部システム
講師、サンリツ楽器講師として後進の指導にあたる他、室内楽、伴奏の分野で演奏活動を行っている。

close
小坂	春日小坂 春日(ピアノ)

小坂 春日(ピアノ)

ピアノ 小坂春日
常盤木学園高等学校音楽科、山形大学地域教育文化学部文化創生コース(音楽)を卒業。これまでにピアノを工藤絵美子、手塚真人、尾形牧子、三輪郁の各氏に師事。ポーランドの音楽短期留学を2度経験し、ピオトル・パレチニ、マリア・シュライバーの各氏のレッスンを受講。第9回横浜国際音楽コンクールファイナル出場、第18回大阪国際音楽コンクールファイナル入選、アジア国際音楽コンクール本選奨励賞、第22回KOBE国際音楽コンクール本選出場、第21回ショパン学生ピアノコンクールin TOHOKU大学生の部奨励賞。第39回オールショパンによる新人演奏会に出演。虹色のシンフォニー企画では室内楽や協奏曲のソリストとして多く出演。街かどコンサートや七夕音楽祭、泉パークタウン・タウンコンサートなど、音楽イベントにも数多く出演。やまがたクリエイティブシティセンターQ1(旧山形市立第一小学校)オープン記念祝典では代表演奏者に選出された。また作曲も勉強しており、これまでに第68回宮城県小中高等学校児童生徒作詞作曲コンクール「高校作曲の部」宮城県音楽教育研究協議会長賞、宮城県高等学校音楽教育研究会長賞を受賞。またヤングコンポーザーコンサートin東北2017で作品が選出。
現在、講師として指導をしながら、コンサートや依頼演奏等の出演を中心に活動している。

close
コチシュ	クリスティアンコチシュ クリスティアン(ピアノ)

コチシュ クリスティアン(ピアノ)

1982年ハンガリーに生まれ、8歳よりピアノを始める。数学においても数々のコンクールで入賞し才能を示した。ハンガリー国立リスト音楽大学付属才能児の為のコースに入学し、グリュンバルト・ベーラ氏に師事。1996年ハンガリー中国友好協会主催オーディションに合格、北京、天津にて演奏。1997年デブレツェン放送局主催ピアノコンクール第2位入賞。2000年ハンガリー国立リスト音楽大学に入学、ピアノをドラフィ・カールマン氏、室内楽をビハリ・ラースロー氏に師事。2004年書類審査及びウイーンで開催されたオーディションに合格、第2回仙台国際音楽コンクール出場のため初来日。2006年同大学を最高点をもって卒業し、2008年より拠点を仙台に移す。以来、ブダペスト、福岡、仙台、郡山、鶴岡、新潟での演奏会に出演、また長崎ハウステンボスには度々招聘され演奏。ハンガリーワインを音楽と共にたのしめる「Hungarian Wine Concert2010」(ハンガリー大使館後援)では企画から、ワインの買い付けからメニュー監修、演奏まで行い好評を博した。太平洋フェリーラウンジコンサートには9年連続で出演、白石市ホワイトキューブ主催の演奏会にはシリーズで出演、また演奏活動の傍らカワイ音楽教育研究会主催講座の講師を東北6県の各都市に於いて務めるなど後進の指導にも力を注いでいる。

close
駒込	綾駒込 綾(ヴァイオリン)

駒込 綾(ヴァイオリン)

山形大学教育学部 総合教育課程 音楽文化コース卒業。2002年〜2011年、山形弦楽四重奏団のメンバーとして活動。2015年、2017年、山形市文翔館議場ホールにてソロリサイタルを開催。2019年オリジナルCD『しあわせのカタチ』2022年RIM『Summer Reflections』をリリース。これまでにヴァイオリンを北嶋智仁、宮林陽子、河野芳春、川瀬麻由美、犬伏亜里、山本友重、小池まどかの各氏に師事。
現在、フリー奏者として様々なユニットで自主公演、各種イベントや依頼演奏を行う。クラシックをはじめ、ジャズやポップスのステージなど、その活動内容は多岐にわたる。さらには、オーケストラの弦楽器トレーナーとして、後進の指導に力を注いでいる。『ピアノ三重奏 トリフォーリオ』『美寿&綾』『Bouquet de Bijoux』『杜の弦楽四重奏団』『いち、に、の三重奏』『トリコ・デ・ムジーク』『RIM』各メンバー。
山形北高等学校音楽科非常勤講師。山形市にて《フェルマータヴァイオリン教室》を主宰。

close
近藤	阿由良近藤 阿由良(ピアノ)

近藤 阿由良(ピアノ)

県立山形北高等学校音楽科、国立音楽大学演奏学科鍵盤楽器専修卒業、同大学卒業演奏会出演、桐朋学園大学音楽学部カレッジ・ディプロマコースにて研鑽を積む。ユーロアーツミュージックフェスティバル(済州島、ライプツィヒ、ハレ)、ヴィアンデンミュージックフェスティバル(ルクセンブルク)受講。
第7・11回東北青少年音楽コンクール山形大会最優秀賞、全東北選抜リトルピアニスト演奏会出演、第14回山形県新人演奏会出演、第27回大仙市大曲新人音楽祭コンクール優秀賞、第17回万里の長城杯国際音楽コンクール入賞。
ピアノを櫻井幸子、一柳和男、進藤郁子、須田眞美子の各氏に師事。
現在、ソロ・伴奏で演奏活動をする他、Office Ayura主宰。
2019年から被爆ピアノ平和コンサートin山形における学校、一般公演の演奏者を務める。

close
佐	市佐 市(ピアノ)

佐 市(ピアノ)

秋田県潟上市出身。
2014年パリ・スコラカントルム音楽院ピアノ科入学。
2017年パリ・スコラカントルム音楽院ピアノ科ヴィルトゥオージテ課程を最優秀の成績で修了、受賞者コンサートに出演。
同年パリ・エコールノルマル音楽院作曲課程修了。
現在、秋田県潟上市の老舗佃煮屋株式会社千田佐市商店を経営するかたわら、後進の指導、各地での演奏活動、イベント企画に励む。
また、エフエム秋田「クラシックの扉」のパーソナリティーを務める。

close
齋藤	寛美齋藤 寛美(ピアノ)

齋藤 寛美(ピアノ)

郡山市出身。福島県立安積女子高等学校卒業。山形大学教育学部総合教育課程音楽文化コース卒業。
第4回東北ショパン学生ピアノコンクール大学生の部銅賞。第9回東北青少年音楽コンクール最優秀賞、東北電力社長賞を受賞。入賞者演奏会に出演。第12回日本ピアノ教育連盟主催ピアノオーディションD部門全国大会出場、入賞者演奏会に出演。同オーディション第21回、第22回E部門優秀賞。
1997年ウィーン夏期音楽セミナー修了。日本ショパン協会東北支部主催第15回新人演奏会、ファミリーコンサートに出演。第5回郡山きらめき21ふれあいコンサートにおいて本名徹次氏指揮大阪シンフォニカー交響楽団と協演。2002年仙台・郡山においてソロリサイタルを開催。2008年仙台にて行われた「ピアノ協奏曲の夕べ」において、ポーランド・クラクフ室内管弦楽団とショパンのピアノ協奏曲第2番を協演。
ピアノを土屋知子、佐々木晴美、若松紀志子、伊達華子、植木由利子の各氏に師事。現在、㈱ヤマハミュージックリテイリング郡山店ピアノ講師。福島中央テレビ郡山少年少女合唱団ピアニスト。

close
佐々木	奏佐々木 奏(ピアノ)

佐々木 奏(ピアノ)

仙台市出身、山形大学教育学部音楽文化コースを経て、桐朋学園大学カレッジ・ディプロマコース修了。日本クラシック音楽コンクールピアノ部門一般の部第3位(最高位)、ショパン学生ピアノコンクールinTOHOKU特級の部金賞、ショパン特別賞、ザルツブルク=モーツァルト国際内楽コンクール InTokyoピアノソロ部門 Youtube スタイル特別賞など多数受賞。これまでにピアノを中村圭、伊達華子、青柳晋、吉武優、山田千秋の各氏に師事。現在ピアノ教室を主辛する他、各種コンサート等で管・弦楽器奏者の伴奏ピアニストを務める。

close
佐々木	杜洋佐々木 杜洋(チェロ)

佐々木 杜洋(チェロ)

宮城県仙台市在住。常盤木学園高等学校音楽科、山形大学地域教育文化学部音楽芸術コース、山形大学大学院地域教育文化研究科文化創造専攻音楽芸術分野卒業。チェロを塚野淳一、北本秀樹、久良木夏海の各氏に師事。山形大学と山形交響楽団の連携による音楽教育推進事業にて、鈴木秀美氏の公開レッスンを2度受講。ソロ、室内楽、オーケストラ等、クラシックの演奏を中心に、ロックやジャズでの演奏会にも出演。常盤木学園高等学校在校生・卒業生による"男子演奏会special"を主宰し、年2回の定期公演や依頼演奏会を開催する。仙台国際音楽コンクール関連事業街かどコンサート、仙台銀行ホールイズミティ21ロビーコンサート等に出演。2020年、電子弦楽器によるデュオ"VA/VC"を結成。音楽系YouTubeチャンネル"MELOGAPPA"のチェロのお兄さんとしても知られ、動画出演の他、Zepp DiverCity公演に出演。

close
佐藤	香織佐藤 香織(ピアノ)

佐藤 香織(ピアノ)

福島市出身。常盤木学園高等学校音楽科を経て、山形大学地域教育文化学部音楽芸術コース卒業。大学卒業後、ドイツ・ハンブルク音楽院にて研鑽を積む。
第13回東北青少年音楽コンクール本選伊藤恵賞、第27回ピアノオーディション全国大会進出など、幼少より数々のコンクールで入賞を果たす。
ピアノソロの他、器楽や室内楽、合唱等の伴奏ピアニストとしても幅広く活動している。これまでにピアノを小林祐子、阿部範子、平間百合子、伊達華子、Thomas Grubmüller の各氏に師事。Victor Lyadovの公開レッスンを受講。

close
佐藤	慎悟佐藤 慎悟(ピアノ)

佐藤 慎悟(ピアノ)

八戸市生まれ。両親のもとピアノを始め幼少時代より数々のコンクールで上位入賞。

昭和音楽大学ピアノ演奏家コース特待生入学。
在学中、セルジョ・ペルティカローリ教授賞ピアノコンクール第1位、第11回日本クラシック音楽コンクール全国大会第2位(1位、3位なし)など様々な賞を受賞。
その他に学内、学外での演奏活動の他、同大学エレクトーンサークル、吹奏楽団、管弦楽団とピアノ協奏曲を演奏。
また八戸、神奈川、イタリア(ROMA)で等でソロリサイタルを行う。
卒業時、特別賞(学長賞)を受賞し卒業演奏会に出場。第73回読売新聞社主催読売新人演奏会、昭和音楽大学同例会新人演奏会、青森県新人演奏会などに出場。

その後、渡伊

2004年 国立ローマサンタ・チェチリア音楽院アカデミアに入学。
2006年 インターナショナル・アーツアカデミー音楽院に入学。
2007年 ピオンビーノ音楽コンクールで審査員満場一致で第1位と現代曲賞受賞。
    エウテルペ音楽コンクールでは審査員満場一致で第1位と最優秀演奏賞、バリ市市民大賞を受賞。
2008年 ブッキアーニコ国際音楽コンクール第2位
    G.カンポキアーロ国際音楽コンクール第1位を受賞。
2009年 国際現代音楽祭(Roma)、若いアーティスト音楽祭(Firenze)、優勝者コンサート(Paris)

など様々なコンクール、コンサートに出場。
ローマを拠点に、フランスやスペインなどでコンサートやコンクール、マスタークラスに参加しながら研鑽を積む。

2009年インターナショナル・アーツ・アカデミー ピアノ演奏家コース満場一致で首席修了。ピアノ基礎、室内楽、協奏曲、リサイタル各部門で満点+獲得。

帰国後、各コンクールの審査員などを務め、ソロ活動以外でも合唱団、室内楽、声楽や器楽等の各ソリストとの共演にも力を入れており、八戸ジュニアオーケストラ、八戸市民フィルハーモニー交響楽団との共演でソリストを務める。

また
「PianoPiano」「Trio Bearissimo」「Musica Liberta」「Ensemble da Camera」「Felice Piano quartet」などのメンバー。

現在、自宅にてピアノ教室を主宰。青森県ピアノ研究会八戸支部長。
また「八戸市立白銀南中学校」「八戸市立根城中学校」「青森県立八戸東高等学校」「混声合唱団八戸グリーンコール」「八戸アカデミー混声合唱団」各合唱団専属ピアニスト。

close
須藤	遥須藤 遥(ヴァイオリン)

須藤 遥(ヴァイオリン)

1999年生まれ。宮城県仙台市出身。
4歳よりヴァイオリンを始める。
常盤木学園高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部を卒業。京都市立芸術大学定期演奏会や、関西の音楽大学オーケストラ・フェスティバルにてコンサートミストレスを務める。成績優秀者による第51回卒業演奏会に出演。第20回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール本選奨励賞。第13回バッハホール音楽コンクール最優秀賞及びバッハホール音楽賞受賞。2011年から6年間仙台ジュニアオーケストラに在籍し、卒団後、2021スプリングコンサートにソリストとして共演。第8回仙台国際音楽コンクール審査員によるマスタークラスを受講し、チョーリャン・リン氏よりレッスンを受ける。第36回京都芸術祭音楽部門新進演奏家によるデビューコンサートに出演。
これまでにヴァイオリンを、今野舞、長谷川康、大友幸、小川有紀子、大谷玲子の各氏に、ヴィオラを小峰航一に師事。現在宮城県を拠点に、仙台フィルハーモニー管弦楽団エキストラ出演、支援学校や地域での演奏活動、ハナミズキ音楽事務所主催ヴァイオリン倶楽部(大館・山形・岩沼・仙台)でのレッスン等、幅広く活動している。

close
高橋	すみれ高橋 すみれ(ヴァイオリン)

高橋 すみれ(ヴァイオリン)

八戸聖ウルスラ学院高等学校音楽科卒業。東京音楽大学音楽学部器楽科卒業。
第13回、第14回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。第19回日本演奏家コンクール入選。
第1回ライオンズ国際青少年音楽コンクール日本選考会において日本代表に選出され、香港で開かれたアジア大会に出場。
2010年よりウィーンに留学。
VIENNA CAMERATAの第2ヴァイオリン首席を務め、オーストリア国内、スペインの演奏旅行に参加。
2015年3月、ウィーン市立芸術音楽大学(旧ウィーン私立音楽大学)修士課程卒業。
八戸、東京、弘前にてソロリサイタルを8回開催。
第44回八戸市民フィルハーモニー交響楽団定期演奏会、第27回八戸ジュニア・オーケストラ定期演奏会にソリストとして出演。
ヴァイオリンを高橋良之、福山康子、高橋めぐみ、川上久雄、清水高師、井上将興、ネデルコヴィック・ボーヤン、ゲルノート・ヴィニッシュホーファー、瀬戸瑶子の各氏に、室内楽をルカ・モンティ、デニス・ベンダ、ハルムート・パッシャーの各氏に師事。
現在、100万人のクラシックライブのアーティストとして各地で演奏。
インフィニート・コラルコ弦楽合奏団メンバー、八戸聖ウルスラ学院音楽研究部ヴァイオリン講師、八戸ジュニア・オーケストラ専任弦楽指導者。

close
髙橋	茉莉奈髙橋 茉莉奈(ヴァイオリン)

髙橋 茉莉奈(ヴァイオリン)

宮城県出身。
山形大学地域教育文化学部音楽芸術コースヴァイオリン専攻卒業。
第21回山形県新人演奏会に出演。第6回仙台国際音楽コンクール関連事業街かどコンサートにてオーディションに合格。仙台フィルメンバーによる五重奏と共演、ソリストを務める。
現在、ソロや室内楽、オーケストラでの演奏の他、アーティストのライブサポートやレコーディング参加などクラシックの枠を超えて様々なジャンルの演奏活動も行っている。
また指導にも力を入れており、生涯における音楽の在り方について探究し、幅広い年齢層に対応したレッスンを展開している。
ヤマハ大人の音楽レッスンヴァイオリン科、同ストリングスアンサンブルコース講師。宮城学院中学校高等学校非常勤講師。宮城県芸術協会会員。宮城県芸術協会ヴァイオリンコンクール実行委員及び審査員。
これまでに畠山厚子、堀江昭、河野芳春、菊池恭江、駒込綾の各氏に師事。大学主催夏季セミナーにおいて岡山潔氏、オリヴィエ・シャルリエ氏のレッスンを受講。

close
竹川	みらい竹川 みらい(オーボエ)

竹川 みらい(オーボエ)

郡山市出身。フェリス女学院大学音楽学部演奏学科オーボエ専攻卒業。5歳よりピアノ、9歳よりオーボエを始める。11歳から17歳まで郡山ジュニアフィルハーモニーオーケストラに所属。オーボエを春山秀城氏、北島章氏(元NHK交響楽団首席)、庄司知史氏(元東京フィルハーモニー交響楽団首席)に師事。大学在学中、東日本大震災復興コンサートを企画、主催し各地でチャリティーコンサートを行う。現在は銀行員として勤務しながら音楽活動を行う。

close
千葉	展子千葉 展子(フルート)

千葉 展子(フルート)

仙台市在住。武蔵野音楽大学器楽学科フルート専攻卒業。現在は仙台を拠点にソロや室内楽、アウトリーチ、CDレコーディング、人形劇や津軽三味線等、色々なアーティストと共演を重ねている。古楽器のフラウト・トラヴェルソ~モダンフルートでクラシック~JAZZまでジャンルを問わず幅広く演奏活動を展開。
ヤマハ音楽教室フルート・オカリナ・リコーダー講師。ヤマハミュージックジャパン・インストラクター。ミュージックプロデュースmhksアーティスト会員。TORE☆sis(トレシス)メンバー。

close
千葉	理香千葉 理香(ピアノ)

千葉 理香(ピアノ)

仙台市出身。上野学園大学器楽コースピアノ専攻卒業。大学在学中に学内定期演奏会、卒業演奏会にソロとして選抜され出演。
これまでにピアノを千葉いく子、栁澤美枝子、佐藤裕子の各氏に、室内楽を原田禎夫、森田格の各氏に、伴奏法を星子知美氏に師事。
現在はアポロ音楽院講師、千葉ピアノ教室主宰。
ピアノソロの他に器楽や室内楽、合唱等の伴奏ピアニストとして、また、歌とピアノのユニット「Amaging♪」としてロビーコンサートを行うなど幅広く活動している。

close
富山	律子富山 律子(ピアノ)

富山 律子(ピアノ)

福島市在住。桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻を卒業後、桐朋学園大学研究科及び桐朋学園大学院大学へ進学し、桐朋学園大学院大学修士課程修了。2009-2010年度ロータリー財団国際親善奨学生として、オーストリア・ウィーンへ留学。ウィーン国立音楽大学教授トーマス・クロイツベルガー氏に師事。第7回日本ピアノコンクール(特級1の部A群)第1位。第8回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAコンチェルト部門入賞。第2回横浜国際ピアノコンクール特別賞・崎陽軒賞。ロシア国立モスクワ音楽院マスタークラス修了。
ピアノを北川暁子、朴久玲、野島稔、若林顕の各氏に師事。
室内楽・伴奏法を藤原浜雄、新実徳英、岩崎洸、藤井一興の各氏に師事。
福島メール・ハーモニーピアニスト。Musik von Clara 主宰。桜の聖母短期大学非常勤講師。

close
長岡	亜紀子長岡 亜紀子(ピアノ)

長岡 亜紀子(ピアノ)

秋田県生まれ。4歳からピアノを始める。宮城学院女子大学学芸学部ピアノ専攻卒業。佐藤美津子、古賀藟子各氏に師事。卒業後は小中学校の音楽鑑賞教室、ラウンジ、ブライダル、フェリーでの演奏、伴奏等の仕事に携わっている。
YAMAHA音楽教室では、ポピュラーピアノ、ジャズピアノを担当。ジャズピアニストとしてもジャズバー、ラウンジ等で演奏をしている。ジャンルの枠を超えて、音楽で癒しと喜び日常にを感じて頂ける様な演奏を目指して日々探求中。自身のピアノ教室主催。YAMAHAみゅーとぴあ講師。

close
長沼	侑奈長沼 侑奈(フルート)

長沼 侑奈(フルート)

秋田市出身。上野学園大学演奏家コース卒業、東京音楽大学大学院音楽研究科修士課程を修了。第1回K木管楽器コンクールフルート部門優秀賞受賞。第1回下田音楽コンクール管楽器部門大学・一般の部 2位。霧島国際音楽祭、草津夏季国際音楽アカデミー等のマスタークラスを受講。東京音楽大学助手、東京音楽大学付属高等学校非常勤講師を経て、現在は地元秋田にて演奏活動や後進の指導を行っている。南通りフルート教室主宰。
フルートを高橋雅博、中野真理、北川森央、野口博司、安原三保子、三上明子の各氏に師事。室内楽を原田禎夫、吉野直子、中野真理に師事。

close
畠山	姫穂畠山 姫穂(ピアノ)

畠山 姫穂(ピアノ)

常盤木学園高等学校音楽科、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業。2017年、2019年、2022年武蔵野音楽大学同窓会宮城県支部主催むさしの会演奏会、2021年同大学同窓会神奈川支部相模むさしの会主催サマーコンサートに出演。マーベラス・スタジオ主催speranza vol.11にて仙台フィルハーモニーメンバーとハイドンのピアノ三重奏曲を協演。MHKS主催"王様のコンサートⅧ〜もうすぐクリスマス〜"に出演。その他各種演奏会に出演。ピアノを米山恵理子、岩津勢伊子、ピアノ・デュオをコッホ 中村幸子の各氏に師事。
現在、ソロの他声楽・管楽器などの伴奏で幅広く活動している。わかくさ幼稚園ピアノティアラ音楽教室非常勤講師。

close
Hi	roHi ro(ヴァイオリン)

Hi ro(ヴァイオリン)

4歳からヴァイオリンを始め、中塚久氏に師事。14歳から柴生田桂子氏に師事。2009・2014年仙台国際コンクール関連事業にて街角コンサートに出演。2013年ステファノパリアーニ氏のマスタークラスを受講。2014年若い音楽家のためのクラッシックフェスティバルに出演。2016年仙台国際コンクール関連事業はばたけコンチェルトにて仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。同年せせらぎ合唱団と共演。2018年ツィゴイネルワイゼンコンクールにて優秀賞受賞。同年宮城県芸術協会管弦楽団と共演。2020年仙台七夕音楽祭に出演。2022年メロガッパZeppツアーに出演。現在は、YouTube(HIRO VIOLIN CHANNEL ひろ バイオリン)でも活動中。使用楽器Hannibal Fagnola

close
平沢	愛平沢 愛(フルート)

平沢 愛(フルート)

郡山市出身。
12歳よりフルートを始める。
上野学園大学短期大学部卒業。
短期大学在学時、専門実技のほかに
フルートオーケストラなどといった
室内楽の学びをきっかけに、
友人らと演奏活動を行う。
これまでに、佐藤眞人、飯島和久の各氏に師事。

close
平山	佳奈平山 佳奈(ピアノ)

平山 佳奈(ピアノ)

新潟県出身。3歳よりピアノを始める。
お茶の水女子大学文教育学部芸術・表現行動学科音楽表現コース卒業。同大学院人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻音楽表現学コース修了。第41回新潟県音楽コンクール優秀賞受賞。2007年、仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。ピアノを神田薫、大谷真実、小坂圭太の各氏に師事。

また国内外のアーティストから音楽ワークショップの様々な手法を学び、現在、東京文化会館ミュージック・ワークショップ登録リーダーとしても活動中。乳幼児から大人まで幅広い年代を対象に音楽ワークショップを実施している。
さらに、近年はテレビCMや動画への出演および楽曲提供、編曲等も行なっている。

close
宮下	琳太郎宮下 琳太郎(ヴァイオリン)

宮下 琳太郎(ヴァイオリン)

米国ダラス生まれ。都立日比谷高校、桐朋学園大学音楽学部卒業。

4歳からヴァイオリンを始める。第60、61回全日本学生音楽コンクール東京大会、第18回日本クラシック音楽コンクール全国大会で入選。第15回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第5位。第14回バッハホール音楽コンクール銀賞。第41回(公社)宮城県芸術協会音楽コンクール・第4回ヴァイオリン部門ツィゴイネルワイゼンコンクールで最優秀サラサーテ賞(1位)ならびに宮城県知事賞、杜のホスピタル・あおば奨励賞。学内優秀者に選ばれ第97回桐朋学園室内楽演奏会に出演。

大学入学を機に指揮を始める。霧島国際音楽祭にて高関健氏、下野竜也氏の指導を受ける。第9回「下野竜也による指揮マスター・コース」にて優秀者に選ばれ上野学園大学オーケストラを指揮。第2回ダグラス・ボストック仙台指揮マスタークラス修了。Fukushima Youth Sinfoniettaと福島、東京、ボストン、バンコクで、Kolkata Youth Orchestraとコルカタで公演を行う。

南相馬市で行った活動に対して、市より、感謝状を贈られる。

桐朋学園大学在学中に、再受験を決意。受験者3位の成績で東北大学医学部医学科に合格。現在は、医学を勉強しながら、演奏・指導活動、医療関連施設を訪問し演奏を届けるきょうゆうプロジェクトの主宰や音楽と脳の関連を調べる研究を行い、音楽と医学を組み合わせた活動を模索している。

これまでヴァイオリンを緒方恵、藤原浜雄、指揮を梅田俊明、室内楽を磯村和英、篠崎史紀、毛利伯郎、山崎伸子各氏に師事。

宮城県仙台市、東京都を拠点として活動中。

close
宮野	恭輔宮野 恭輔(ピアノ)

宮野 恭輔(ピアノ)

秋田県秋田市出身。
桐朋学園大学を卒業し、同大学研究科を経てイタリア国立ボルツァーノ音楽院修士課程に首席で入学。

第64回全日本学生音楽コンクール高校生の部 東京大会本選にて奨励賞 全国大会出場
第14回ショパン国際ピアノコンクールinASIA全国大会金賞・アジア大会銅賞
第24回日本クラシック音楽コンクール全国大会ピアノ部門男子大学生の部最高位受賞
第48回全国カワイ音楽コンクールピアノ部門ソロの部Sコース金賞
第6回桐朋ピアノコンペティション第1位
イタリア ボルツァーノ音楽祭にてショパン賞受賞
第11回フランチェスコ・モスカート国際音楽コンクールにて第2位(イタリア)
ボルツァーノ音楽院管弦楽団、EUユース管弦楽団と共演。

これまでにイタリア、ドイツ、日本各地で多数のコンサートを行い好評を博す。

これまでにオリヴィエ・ギャルドン、チュンモ・カン、クラウス・ヘルヴィッヒ、ミハエル・ヴォスクレセンスキー、パスカル・ドヴァイヨン、ジャン=クロード・ペヌティエ、パスカル・ネミロフスキ、ソフィア・グリャク、マルティーノ・ティリモ、タチアナ・ゼリクマンのレッスンを受講。

これまでにピアノを照井咲枝、故藤本爽子、山崎圭子、須田眞美子、ジョルジア・アレッサンドラ・ブルスティアに師事

close
山形	佑輔山形 佑輔(ピアノ)

山形 佑輔(ピアノ)

仙台市出身。仙台向山高校および山形大学教育学部音楽文化コース卒業。同大学院教育学研究科修了。第46回全東北ピアノコンクール第2位。第19回大仙市大曲新人音楽祭コンクール奨励賞など、コンクール入選歴多数。東京国際芸術協会主宰、海外派遣オーディションに合格し、スイスチューリッヒ大学にてマスタークラスに参加。カール・アンドレア・コリー氏に学ぶ。ウィーン大学マスタークラスにも参加。ショパン新人演奏会やソロリサイタルなど演奏会も多数出演。
各種コンクールや演奏会での伴奏も数多く行っており、第20回万里の長城杯国際音楽コンクール優秀伴奏者賞や、TIAA認定伴奏者など共演者としても評価が高い。
現在はフリーのピアニストとしてソロの他、合唱、室内楽を中心に活動。定禅寺ジャズフェスティバル出演やアニメソング合唱団伴奏など、ジャンルにとらわれない幅広い演奏活動を行っている。
これまで、ピアノを小野静江、渋谷るり子、中川賢一、植木由利子、伊達華子、の各氏に師事。室内楽を川崎操氏に師事。

close
八巻	梓八巻 梓(ピアノ)

八巻 梓(ピアノ)

宮城県仙台市出身。
桐朋女子高等学校ピアノ科卒業後、桐朋学園大学音楽学部を経て、渡仏。パリ地方音楽院にて国家上級音楽研究資格を取得し、渡蘭。オランダ政府奨学金を得て、プリンス・クラウス音楽院にて研鑽を積む。最優秀の成績で修了、音楽修士号を取得。さらに同音楽院にて、ハープシコード、フォルテピアノも学ぶ。

これまでに、国内外でのコンクールにて入賞・入選の他、仙台とオランダでのピアノソロリサイタル開催、ルーマニア国内の交響楽団と多数共演。オランダ留学中には、プログラムに応じて複数の歴史的楽器を使う演奏会も企画、出演。

日本演奏連盟主催、新進演奏家育成プロジェクト~オーケストラ・シリーズ~にて、第56回仙台公演で仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。また、宮城県美術館主催、令和四年度公演会に出演、墨象とコラボレーションし好評を博す。
現在、後進の指導にあたりながら、ソロや室内楽をはじめ、伴奏ピアニストとしても積極的に演奏活動を行う。

ピアノを松本映子、富永睦子、竹内啓子、本村久子、故御木本澄子、ジャン=マリー・コテ、ポール・コーメンの各氏に、ハープシコードおよび通奏低音をヨハン・ホフマン氏に、フォルテピアノをポール・コーメン氏に、楽曲分析を佐々木隆二氏に師事。

close
山科	由樹山科 由樹(ピアノ)

山科 由樹(ピアノ)

山形県立山形北高等学校音楽科、上野学園大学音楽学部音楽学科器楽コースピアノ専門卒業。
大学在学中、選抜され学内演奏会・卒業演奏会にソロで出演。第19回山形県出身者新人演奏会出演の他、伴奏・アンサンブルを中心に活動。
これまでにピアノを藤川 陽子、郷津由紀子、佐々木祐子、菅原美穂の各氏に師事。
現在、あこや町やましな音楽教室主宰、山形カルチャーセンター講師、トリオアンサンブル「Twinkle」メンバー、山形オペラ協会会員。

close
大和	香名子大和 香名子(ヴァイオリン)

大和 香名子(ヴァイオリン)

山形大学教育学部生涯教育課程音楽文化コースアンサンブル専攻 ヴァイオリン専修卒業。大学卒業後、スロバキア・オーストリアに単身短期留学。
オーケストラ楽団員である両親の手ほどきによりヴァイオリンを始め、幼少の頃より村川千秋氏の下でアンサンブルを学び、これまでにヴァイオリンを安部敦子、河野芳春、Jela Spitkova各氏に師事。
2013年オーストリアで開催のインターナショナルサマーアカデミー(ISA)に選抜されデュオで参加。
2014年ウィーン夏期国際音楽ゼミナール参加、修了コンサート出演。
2015年オーストリアで開催のAllegro Vivo Summer Academy参加。
2004年より演奏活動開始し、室内楽コンサートやオーケストラをはじめとした国内外様々なコンサートに出演。山形県教職員互助会スクールコンサートでの学校訪問や、幼児を対象としたコンサート、福祉施設での演奏も行う。また各種イベントやパーティー、CM出演等、様々なシーンでの演奏で、室内楽を中心としたヴァイオリンの魅力を伝える活動も展開。
現在YTS山形テレビにて放送の、亀の井酒造「くどき上手」CM出演中。

close
吉田	裕輝子吉田 裕輝子(ヴァイオリン)

吉田 裕輝子(ヴァイオリン)

青森県出身。八戸聖ウルスラ学院高等学校音楽科卒業。洗足学園大学器楽科卒業、卒業演奏会出演。
帰省後、青森県新人演奏会、八戸聖ウルスラ学院高等学校70周年式典での演奏をはじめ、ソロ、室内楽コンサートに出演。ウルスラ学院音楽研究部、アトリエ音工房で、後進の指導にあたる。
その後千葉へ移住。
2022年、再び八戸へ戻り、演奏活動を行っている。現在、三沢市スタジオRヴァイオリン講師、小学校合奏部トレーナー、インフィニート・コラルコ弦楽合奏団メンバー。

close