トップ 演奏家 演奏家一覧

演奏家(演奏家からのお知らせ)

若い学生からプロのベテランまで、多くの皆さんにご協力いただいています。
ご自身も参加されたいという方、「メール」にてご連絡ください。

浅野	裕里香浅野 裕里香(ヴァイオリン)

浅野 裕里香(ヴァイオリン)

仙台市出身。桐朋女子高等学校音楽科,桐朋学園大学音楽学部卒業。同研究科修了。在学中,辰巳明子,海野義雄,豊田弓乃の各氏に師事。 '07~'09ザハール・ブロン氏マスタークラス受講他,国際音楽アカデミーに多数参加し研鑽を積む。'07バッハホール音楽コンクール最優秀賞。併せて宮城県知事賞,河北新報社賞,バッハホール音楽協会長賞受賞。全日本芸術コンクール第2位。'12日本イタリア協会Ⅲ゜Concorso MusicArte“Gran Premio”優勝。同年,Teatro Olimpico国際フェスティバルをはじめ,ヴェネツィア国立音楽院大ホール,ミラノ・クザーニ宮殿等,イタリア各地で特別公演。ファイナルコンサートではフィナーレを飾り,好評を博す。
'11仙台・東京にてリサイタル開催。'12, '13 MHKS主催にてリサイタル, '13日本財団ランチタイムコンサートにおいて無伴奏Vlリサイタル出演,いずれも好評を得る。'14宮城県文化振興財団主催 “ファミリアコンサート”にゲスト出演。その他,朗読とのコラボレーションや学校アウトリーチ,仙台フィルハーモニー管弦楽団にエキストラ出演等,幅広く演奏活動を行っている。昭和音楽大学附属音楽教室講師。

close
浅水	里美浅水 里美(ピアノ)

浅水 里美(ピアノ)

白菊学園高校(現ウルスラ学院高等学校)音楽科卒業。東邦音楽短期大学卒業。
これまでに、中嶋和子、鴨沢スゲ、椿井美和子の各氏に師事。
青森県新人演奏会、ミュージックフェスティバル、若い翼コンサート(伴奏)などに出演。
現在、八戸聖ウルスラ学院音楽研究部非常勤講師。八戸市の自宅にてピアノ教室主宰。全日本ピアノ指導者協会青森県支部会員。

close
大塚	菜々子大塚 菜々子(ピアノ)

大塚 菜々子(ピアノ)

郡山市出身。郡山ザベリオ学園小学校、郡山第二中学校卒業。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学4年在学中。
2007年〜2011年ピティナピアノコンペティション全国決勝大会においてB級銀賞、E級ベスト賞、C、D、F級入選。2013年全日本学生音楽コンクール東京大会入選。日本クラシック音楽コンクール全国大会高校女子の部第3位。2014年ローゼンストック国際ピアノコンクール第5位。2015年中央公民館オープニングセレモニーコンサート出演。
北本ピアノコンクールソロF部門第1位併せて市長賞、コンチェルト賞受賞。2016年栃木県ピアノコンクール最高位併せて日本人作品最優秀演奏賞、栃木県知事賞、Shigeru Kawai賞受賞
これまでに、渡辺健二、鈴木史絵、加藤智子、大伏啓太各氏に師事。

close
小野寺	理沙小野寺 理沙(ピアノ)

小野寺 理沙(ピアノ)

仙台市出身。仙台白百合学園小学校、中学校、高等学校卒業。
4才より桐朋学園付属仙台教室でピアノを始める。桐朋学園大学卒業、ディプロマコース終了。
これまでに、斎藤まゆみ、岡本美智子、高田匡隆の各氏に師事。
五嶋みどり&及川浩治ミュージックシェアリング・スペシャルコンサート~最終章~、高円宮妃殿下歓迎晩餐会、高田匡隆ジョイントコンサートに出演。
第10、12回クールシュベール夏期国際音楽アカデミー、第14、16、18、19回リゾートセミナーinトマム、第5、8、9、10、11回笠間国際アカデミーに参加。青柳晋、玉置善己、若林顕、ミハエル・ヴォスクレセンスキー、クリストファー・エルトン、パスカル・ドヴァイオン、ピオトル・パレチニの各氏に師事。
副科ヴァイオリンを吉井雅子、久保田巧の各氏に師事。

close
門脇	麻美門脇 麻美(ピアノ)

門脇 麻美(ピアノ)

仙台市在住。宮城学院女子大学音楽科卒業。同大学研究生修了。
卒業演奏会、第69回読売新人演奏会、日本ショパン協会東北支部主催新人演奏会、ショパンファミリーコンサートなど多数出演。
2000年「仙台ユース・クラシック・コンサート」にて最優秀演奏者に選ばれ、仙台市長賞を受賞。また、第9回、第13回、第14回日本ピアノ教育連盟主催ピアノオーディションにおいて奨励賞を受賞。2008年、秋田県大仙市大曲新人音楽祭コンクール入選。
2006年以来、ヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、ピアノ、打楽器、歌の変則的な編成で結成された仙台チェンバーアンサンブルに所属しており、クラシックを中心とした幅広いジャンルの音楽を発信し続けている。
2013年、初のCDとなる【幸せの星の木】をリリース。2015、16年には「せんくら」に出演。東北各地での学校公演のほか、室内楽ピアニスト、グレィス女声合唱団、コールかっこうピアニストとしても活動している。
現在、弘中 孝、乳井 恵美 各氏に師事。
仙台チェンバーアンサンブルメンバー、日本音楽家ユニオン会員、宮城県芸術協会会員。

close
叶	千春叶 千春(ヴァイオリン)

叶 千春(ヴァイオリン)

仙台市出身。創立当初より仙台ジュニアオーケストラに6年間在籍、数多くの演奏会にコンサートミストレスやソリストとして出演。宮城県第二女子高等学校(現・仙台二華高)を経て国立音楽大学器楽学科卒業。これまでにヴァイオリンを森下幸路、木越直彦、上野裕佳里、石橋洋子の各氏に師事。
現在は東北地方を中心にソロや室内楽、オーケストラと多彩な分野での演奏活動を行うほか、「東北電力スクールコンサート」や「芸術銀河宮城県アウトリーチコンサート」などの音楽普及活動にも参加している。仙台チェンバーアンサンブル、杜の弦楽四重奏団メンバー。宮城県芸術協会会員。

close
菅野	明子菅野 明子(ピアノ)

菅野 明子(ピアノ)

秋田市出身。
宮城県第一女子高等学校を経て山形大学教育学部特別教科(音楽)教員養成課程卒業。
ピアノを尾島要子、高野光子、中川和義の各氏に師事。
現在、一般財団法人ヤマハ音楽振興会東日本支部システム
講師、サンリツ楽器講師として後進の指導にあたる他、室内楽、伴奏の分野で演奏活動を行っている。

close
古関	楓古関 楓(ヴァイオリン)

古関 楓(ヴァイオリン)

ハンガリー国立リスト音楽院卒業。
仙台市出身。3歳よりヴァイオリンを始め、6年間仙台ジュニアオーケストラに所属する。沖縄県立芸術大学卒業。留学先で在ハンガリー日本国大使館による依頼演奏、グドゥルー交響楽団の演奏会に出演など様々な経験を積む。現在はオーケストラのエキストラ、福祉介護施設へのボランティア演奏、各地での依頼演奏等、幅広く演奏活動に力を入れ、ピアノ三谷弘貴氏とのデュオ「Duo madal」は毎年コンサートを開催。指導者として仙台市の島村楽器音楽教室の講師ならびに自宅にて教室を開く。
これまでにソロを石森幹朗、渋谷由美子、ヴィルモシュ・サバディ、室内楽をメズー・ペーテル、コヴァーツ・ペーテル各氏に師事。

close
小平	圭亮小平 圭亮(ピアノ)

小平 圭亮(ピアノ)

宮城県仙台市出身。山形大学大学院修了。
第13回大阪国際音楽コンクール第3位
第2回東京ピアノコンクール第4位
第55回全東北ピアノコンクール第1位ならびに文部科学大臣賞受賞。優勝者記念コンサート出演。
第18回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選
第28回日本ピアノ教育連盟E部門奨励賞など、幼少より数々のコンクールで入賞を果たす。
2012年フランスにて行われたMusical Summer International Festival&Masterclasses 「Moulin d'Andé」に招待され、ディーナ・ヨッフェ氏より指導を受ける。帰国後、京都国際音楽祭に招待される。
また2014年、ドイツにて行われた「InternationaleMusikakademie München」
「Wasserburger Klaviersommer」
にそれぞれ参加し、ミヒァエル・シェーファー、トーマス・ベッケラー、クラウス・カウフマンの各氏より指導を受ける。同修了演奏会に出演し、ディプロマ取得。
2014年1月に自身初となるソロリサイタルを山形文翔館にて開催。
2018年11月にはアメリカ合衆国カリフォルニア州にある、モンタルボアートセンター、ルーカスアーティストレジデンシーに、コラボレーターとして招待される。
現在、仙台、山形を中心に、リサイタル、オペラ、室内楽、合唱など、数々の演奏会に出演し、活動している。
また、仙台にて、2019年1月より、音楽教室Musikschule Lust を主宰。
これまでにピアノを阿部ゆか、赤城眞理、中畑淳、伊達華子の各氏に師事。

close
駒込	綾駒込 綾(ヴァイオリン)

駒込 綾(ヴァイオリン)

山形大学教育学部 総合教育課程 音楽文化コース卒業。これまでにヴァイオリンを北嶋智仁、宮林陽子、河野芳春、川瀬麻由美、犬伏亜里、山本友重、小池まどかの各氏に師事。2015年、2017年、山形市文翔館議場ホールにてソロリサイタルを開催。
現在、フリー奏者として東北各地を中心に、クラシックからジャズやポップスまで幅広いジャンルで活動している。また、オーケストラのトレーナーとして後進の育成にも力を注いでいる。『Bouquet de Bijoux』『杜の室内楽』『いち、に、の三重奏』メンバー。
山形北高等学校音楽科非常勤講師。山形大学フィルハーモニーオーケストラ 弦楽器トレーナー。山形市にて《フェルマータヴァイオリン教室》を主宰。

close
齊藤	弦齊藤 弦(ヴァイオリン)

齊藤 弦(ヴァイオリン)

盛岡市出身。4歳よりヴァイオリンを始める。
岩手大学工学部卒業後、金融機関に勤務するが、東日本大震災を機に、ヴァイオリンの素晴らしさを伝えたいと演奏と指導を行う。ヴァイオリンを故・梅村功二、渡辺めぐみ、寺崎巌、故・工藤千博、久保良治、各氏に師事。
日本弦楽指導者協会正会員。いわてフィルハーモニーオーケストラ第一ヴァイオリン奏者。
盛岡にあるジャズダンススタジオ「studio DANCE ONE」の舞台公演にて、バイオリン奏者としてダンス、男子新体操と共演
を重ねる。岩手県立沼宮内高校弦楽部コーチ。盛岡、花巻、八戸にてヴァイオリン教室を主宰。

close
佐々木	杜洋佐々木 杜洋(チェロ)

佐々木 杜洋(チェロ)

宮城県出身。常盤木学園高等学校音楽科、山形大学地域教育文化学部地域教育文化学科音楽芸術コース卒業。山形大学大学院地域教育文化研究科音楽芸術分野に在学中。チェロを塚野淳一、北本秀樹の各氏に師事。山形大学と山形交響楽団の連携による音楽教育推進事業にて、鈴木秀美氏の公開レッスンを2度受講。ソロ、室内楽、オーケストラ等、クラシックの演奏を中心に、ロックやジャズでの演奏会にも出演。常盤木学園高等学校在校生・卒業生による男子演奏会specialを主宰し、年2回の定期公演や依頼演奏会を開催する。

close
佐々木	梨花佐々木 梨花(ヴァイオリン)

佐々木 梨花(ヴァイオリン)

仙台市出身。 4歳からヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。 ヴァイオリンをHenrich Tatar、勅使河原真実、辰巳明子、豊田弓乃各氏に、室内楽を 豊田弓乃、藤原浜雄、毛利伯郎、白尾彰、篠﨑史子、藤井一興、堤剛の各氏に師事。 バロックヴァイオリンを若松夏美氏に師事。現在古楽オーケストラLa Musica Collanaとして公演、TV収録に参加するなど、オリジナル楽器を使用した活動を積極的に行っている。クァルテット・ナトゥーラメンバー。また、後進の指導にも勢力的にあたっており、桐朋女子中学校・高等学校講師(〜2018年)、アモローソ音楽院講師。来春より東京藝術大学大学院器楽専攻古楽科へ入学予定。

close
佐藤	慎悟佐藤 慎悟(ピアノ)

佐藤 慎悟(ピアノ)

八戸市出身。昭和音楽大学ピアノ演奏家コース首席卒業後‘04年から‘09年まで渡伊。国立ローマサンタチェチリア音楽院に入学。数々の国際コンクールで第1位受賞。首席修了後、ソロ活動を中心にアンサンブルピアニストとしても力を注いでいる。‘14年に八戸ジュニアオーケストラ、‘15年に八戸市民フィルハーモニー交響楽団との共演でソリストを務める。現在、自宅でピアノ教室を主催。青森県ピアノ研究会八戸支部長。

close
白田	佳子白田 佳子(ピアノ)

白田 佳子(ピアノ)

山形北高校学校音楽科、宮城音楽院卒業。ピアノを遠山恵美子、名和生公、佐藤恵子、深井克則、須田眞美子の各氏に師事。現在、カワイ音楽教室ポピュラー講師、天童混声合唱団、女声合唱団ふうが、多数のソリストの伴奏を務める。自宅にて、白田ピアノ教室を主宰。

close
高橋	すみれ高橋 すみれ(ヴァイオリン)

高橋 すみれ(ヴァイオリン)

八戸聖ウルスラ学院高等学校音楽科卒業。東京音楽大学音楽学部器楽科卒業。
第13回、第14回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。
第19回日本演奏家コンクール入選。
第1回ライオンズ国際青少年音楽コンクール日本選考会において日本代表に選出され、香港で開かれたアジア大会に出場。
2010年よりウィーンに留学。VIENNA CAMERATAの第2ヴァイオリン首席を務め、オーストリア国内、スペインの演奏旅行に参加。
2015年3月、ウィーン市立芸術音楽大学(旧ウィーン私立音楽大学)修士課程卒業。
八戸、東京、弘前にてソロリサイタルを5回開催。
第44回八戸市民フィルハーモニー交響楽団定期演奏会、第27回八戸ジュニア・オーケストラ定期演奏会にソリストとして出演。
ヴァイオリンを高橋良之、福山康子、高橋めぐみ、川上久雄、清水高師、井上将興、ネデルコヴィック・ボーヤン、ゲルノート・ヴィニッシュホーファー、瀬戸瑶子の各氏に、室内楽をルカ・モンティ、デニス・ベンダ、ハルムート・パッシャーの各氏に師事。
弦楽合奏団インフィニート・コラルコメンバー。八戸聖ウルスラ学院音楽研究部ヴァイオリン講師。八戸ジュニア・オーケストラ専任弦楽指導者。

close
髙橋	茉莉奈髙橋 茉莉奈(ヴァイオリン)

髙橋 茉莉奈(ヴァイオリン)

宮城県出身。8歳よりヴァイオリンを始める。
仙台白百合学園中学・高等学校卒業。
学内の中高オーケストラに所属し、第11代コンサートミストレスを務める。
山形大学地域教育文化学部音楽芸術コースヴァイオリン専攻卒業。
これまでに畠山厚子、堀江昭、河野芳春、菊池恭江、駒込綾の各氏に師事。セミナーにおいて岡山潔氏、オリヴィエ・シャルリエ氏のレッスンを受講。第21回山形県新人演奏会に出演。第6回仙台国際音楽コンクール関連事業街かどコンサートにて仙台フィルメンバーによる五重奏と共演。ソリストを務める。2016年せんだいクラシックフェスティバル地下鉄コンサートに出演。現在、ヤマハ大人の音楽教室PMSヴァイオリン科講師。ソロや室内楽を始めオーケストラ客演奏者として多方面で演奏活動を行っている。

close
千田	浩太千田 浩太(ピアノ)

千田 浩太(ピアノ)

秋田県潟上市出身。
2014年、明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。同年、パリのスコラカントルム音楽院ピアノ科に入学。2017年パリ・スコラカントルム音楽院ピアノ科ヴィルトゥオージテ課程卒業、受賞者演奏会に出演。また、同年、パリ・エコールノルマル音楽院作曲課程も卒業。2013、2014、2017年開催のEuro Music Festivalにてディプロマを取得。2017年時には選抜者コンサートに出演。
昨年9月に秋田県潟上市の圓福寺において絵画とのコラボリサイタル、
11月には東京渋谷においてリサイタルを開催し、好評を博す。

これまでに、ピアノを平野節子、渡部知枝、大岩秀俊、干野宜大、エリック・ハイドシェックの各氏に師事。
また、マスタークラス等で木村徹、ジョルジィ・ナードル、ルイス・フェルナンド・ペレス、グヤーシュ・マルタの各氏の指導も受ける。
作曲を榎政則、西尾洋、ミシェル・メルレの各氏に師事。

現在、潟上市にある老舗佃煮屋(株)千田佐市商店で経営に携わるかたわら、ピアノ演奏や後進の指導にあたる。

close
馬場	千尋馬場 千尋(ピアノ)

馬場 千尋(ピアノ)

宮城県出身。山形大学地域教育文化学部文化創造学科音楽芸術コースピアノ専攻卒業。これまでに大庭範子、高塚美奈子、伊達華子の各氏に師事。
第53回全東北ピアノコンクール入選。第16回ペトロフピアノコンクール審査員特別賞。日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション奨励賞。東京国際芸術協会管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団(弦楽五重奏)と共演し、ピアノ協奏曲のソリストをつとめる。
ヤマハ仙台店45周年特別企画オールショパンリサイタル、仙台国際音楽コンクール関連事業街かどコンサート、山野楽器ピアノフロアコンサート、仙台クラシックフェスティバル、その他自主企画のコンサート等ソロでの活動のほか器楽、声楽、合唱、室内楽の伴奏ピアニストとして宮城県を中心に演奏活動を行う。

close
伏見	姿伏見 姿(ピアノ)

伏見 姿(ピアノ)

桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。宮城学院女子大学音楽科研究生修了。
第43回全東北ピアノコンクール第3位。第7回東北学生ショパンコンクール大学生の部銀賞。第13回日本アンサンブルコンクール2台ピアノアンサンブル部門優秀演奏者賞。ソロ、デュオ、伴奏などの演奏活動を行っている。
これまでに古賀藟子、竹内啓子、奈良場恒美、浅野繁の各氏に師事。仙台幼児保育専門学校、仙台こども専門学校講師。仙台ピアノデュオの会会員。宮城学院リエゾンセンター認定演奏員。みやぎ女性コーラスピアニスト。

close
藤井	朋美藤井 朋美(ピアノ)

藤井 朋美(ピアノ)

宮城県石巻市出身。山形大学教育学部音楽科を卒業後、フランクフルト音楽大学・大学院ソリスト科を修了、国家演奏家資格を取得し2013年に帰国。
これまでにピアノを故・菊池有恒氏、小笠原浩子、中川賢一、伊達華子、キャサリン・ヴィッカーズの各氏に師事。仙台青葉学院短期大学非常勤講師。

第49回全東北ピアノコンクール第一位及び文部科学大臣奨励賞受賞。第21回JPTAピアノオーディション本選入賞、入賞者演奏会に出演。2009年フランクフルトにてドイツ学術交流会(DAAD)コンクール第二位受賞。ユーディ・メニューイン財団「Live Music Now」、Frankfurter BachKonzerte 奨学生 。
2011年にはフランクフルト音楽大学より特に優秀な外国人学生1名を対象としたDAAD賞を授与される。2011-2012、フランクフルト音楽大学トランペット科公式伴奏員を務める。

草津国際音楽アカデミー、クールシュベール国際音楽アカデミー(フランス)、ローザンヌ国際室内楽アカデミー(スイス)、ハイリゲンベルク城国際室内楽アカ デミー(ドイツ)にてアントニー・シピリ、ピエール・アモイヤル、ブルーノ・カニーノ、小林秀子の各氏に指導を受ける。またフランクフルトにて、ベルント・グレムザー、マルコム・ビルソン、フェレンツ・ラドシュ各氏のマスタークラスを受講。

現代音楽フェスティバル「Piano+」(ドイツ・カールスルーエ)、「Vor Echo」(ドイツ・フライブルク)に出演。ヘッセン放送(HR)より演奏が放送される。デュオ、ピアノトリオ等アンサンブルでの演奏活動も活発に行っている。
ホームページ http://www.tomomi-fujii.com

close
松田	佳奈松田 佳奈(ヴァイオリン)

松田 佳奈(ヴァイオリン)

山形市在住。大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業、相愛大学音楽専攻科修了。大阪音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻管弦打研究室修了。
関西音楽大学協会主催第25回アンサンブルの夕べ、第26回広島市新人演奏会に出演。ショパン・アカデミー夏期講習会にて修了コンサートに出演、ディプロマ取得。第10回ベガ新人演奏会に出演、優秀演奏賞受賞。2013年広島にてリサイタル開催。
弦楽四重奏で2010、'13、'15、'16、'17にジャパン・ストリング・クヮルテットによるPhoenix OSAQA弦楽四重奏公開マスタークラスを受講。
これまでに久合田緑、前橋汀子、宗倫匡、小栗まち絵、稲垣美奈子、中村英昭、天野克子の各氏に師事。室内楽を久合田緑、上塚憲一の両氏に師事。
大阪音楽大学演奏員。
現在、ソロ、室内楽、オーケストラなど、東北、関西を中心にフリーランス奏者として活動中。

close
宮下	琳太郎宮下 琳太郎(ヴァイオリン)

宮下 琳太郎(ヴァイオリン)

米国ダラス生まれ。都立日比谷高校、桐朋学園大学音楽学部卒業。現在、東北大学医学部医学科に在籍中。
4歳からヴァイオリンを始める。第60、61回全日本学生音楽コンクール東京大会、第18回日本クラシック音楽コンクール全国大会で入選。第15回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第5位。第14回バッハホール音楽コンクール銀賞。学内優秀者に選ばれ第97回桐朋学園室内楽演奏会に出演。
大学入学を機に指揮を始める。霧島国際音楽祭にて高関健氏、下野竜也氏の指導を受ける。第9回「下野竜也による指揮マスター・コース」にて優秀者に選ばれ上野学園大学オーケストラを指揮。Fukushima Youth Sinfoniettaと福島、東京、ボストン、バンコクで、Kolkata Youth Orchestraとコルカタで公演を行う。
現在は東北大学で医学を学びながら、「人の健康に寄与する音楽」をテーマに、音楽と医学の可能性を探求している。
これまでヴァイオリンを緒方恵、藤原浜雄、指揮を梅田俊明、室内楽を磯村和英、篠崎史紀、毛利伯郎、山崎伸子各氏に師事。

close
山形	佑輔山形 佑輔(ピアノ)

山形 佑輔(ピアノ)

仙台市出身。仙台向山高校および山形大学教育学部音楽文化コース卒業。同大学院教育学研究科修了。第46回全東北ピアノコンクール第2位。第19回大仙市大曲新人音楽祭コンクール奨励賞など、コンクール入選歴多数。東京国際芸術協会主宰、海外派遣オーディションに合格し、スイスチューリッヒ大学にてマスタークラスに参加。カール・アンドレア・コリー氏に学ぶ。ウィーン大学マスタークラスにも参加。ショパン新人演奏会やソロリサイタルなど演奏会も多数出演。
各種コンクールや演奏会での伴奏も数多く行っており、第20回万里の長城杯国際音楽コンクール優秀伴奏者賞や、TIAA認定伴奏者など共演者としても評価が高い。
現在はフリーのピアニストとしてソロの他、合唱、室内楽を中心に活動。定禅寺ジャズフェスティバル出演やアニメソング合唱団伴奏など、ジャンルにとらわれない幅広い演奏活動を行っている。
これまで、ピアノを小野静江、渋谷るり子、中川賢一、植木由利子、伊達華子、の各氏に師事。室内楽を川崎操氏に師事。

close
山科	由樹山科 由樹(ピアノ)

山科 由樹(ピアノ)

山形県立山形北高等学校音楽科、上野学園大学音楽学部音楽学科器楽コースピアノ専門卒業。
大学在学中、選抜され学内演奏会・卒業演奏会にソロで出演。第19回山形県出身者新人演奏会出演の他、伴奏・アンサンブルを中心に活動。
これまでにピアノを藤川 陽子、郷津由紀子、佐々木祐子、菅原美穂の各氏に師事。
現在、あこや町やましな音楽教室主宰、山形カルチャーセンター講師、トリオアンサンブル「Twinkle」メンバー、山形オペラ協会会員。

close
米澤	美紀米澤 美紀(ピアノ)

米澤 美紀(ピアノ)

仙台市出身。宮城県第一女子高等学校卒業。山形大学教育学部生涯教育課程音楽文化コース卒業。同大学院教育学研究科修了。オーストリアで開催されたインターナショナルサマーアカデミーにピアノ室内楽、ウィーン夏期国際音楽ゼミナールにピアノソロで参加。修了演奏会に出演。これまでに伊達華子、三浦八重子、ハットフィールド容子の各氏に師事。また、クシシュトフ・ヤボンスキー、セルゲイ・ドレンスキー、古賀菖子、大西愛子、徳丸絢子、ベルンハルト・パルツの各氏の指導を受ける。第47回全東北ピアノコンクール入選。第14回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。ポーランドのクラクフ管弦楽団とF.リスト”ピアノ協奏曲第1番”にて共演。現在、羽陽学園短期大学非常勤講師。後進の指導にあたる一方で、日本ショパン協会主催のコンサートを始め山形県教職員互助会主催スクールコンサート、山形市民会館小ホールピアノお披露目ソロコンサートに出演。また様々なコンサートの企画・出演をする他、イベント・パーティーシーンでの演奏の提案、演奏など活動を展開している

close