よくある質問

Q1. 「100万人」とは?

1年間に100万人(日本の人口の約1%)に、生のクラシック音楽の感動をお届けしたい!という私たちの活動趣旨を「100万人のクラシックライブ」の名称に込めました。
 

Q2. 人口の1%を目標にしているのはなぜですか?

現代の社会では、人と人の触れ合いが希薄になってきていると言われています。
たった1%ではありますが、100万人の方々がクラシックライブを通じてつながることで、新たなコミュニティが日本各地で生まれたり、既存のコミュニティがより活性化したりすることを願って、私たちは活動しています。

 

Q3. 至近距離や小規模にこだわるのはなぜ?

手に届くようなところから演奏家が放つ音色には、広大なホールやCDでの音色を凌駕するインパクトがあります。これまでに感じたことのない心の躍動、音の振動を多くの方に感じていただきたいのです。
皆様に至近距離からの音楽をお届けするために、コンサートは小規模開催にこだわっています。1回のコンサートの規模は平均50人前後です。

 

Q4. 誰でも開催できますか?

はい。私たちの活動趣旨に賛同していただける方は、どなたでもクラシックライブを開催することができます。クラシックライブを開催する主催者を私たちは、“アレンジャー”と呼ばせていただいています。
100万人のクラシックライブは、全国各地で開催する非営利の社会貢献活動です。従って、下記に該当する方につきましては、申し訳ありませんが、アレンジャー登録をお断りさせていただいております。

・暴力団やその他これらに準ずる反社会的勢力、およびこれらと密接な関係を有する団体・個人
・特定の思想に強く傾倒する、あるいは宗教色、政治色を色濃く反映する団体・個人

 

Q5. どんな場所でも開催できますか?

30~50人前後が収容可能な屋内スペースをご用意頂ければ開催できます。大きな騒音が無い場所が望ましいですが、駅構内や店頭などの公共スペースでの開催実績もあります。お気軽にご相談ください。

<開催事例>
カフェやテナント内、学校・幼稚園・保育園、会社ラウンジや会議室、マンションやビル・ホテルのエントランス、学習塾、寺社内、美術館、病院・福祉施設など

 

Q6. どんな楽器で、何分ぐらいのライブになりますか?

原則的に弦楽器(ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ)とピアノのデュオスタイルで開催していただいております。日常聴く機会の少ない、生の弦楽器の魅力を感じていただくためです。
演奏時間につきましては、お子様も飽きずに、誰でも気軽に楽しんでいただけますよう、1時間以内を目安にしておりますが、さまざまなアレンジが可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

Q7. ピアノが無くても開催できますか?

はい。電子ピアノを会場に持ち込み、開催することができます。
 

Q8. 主催者(アレンジャー)は何をすればいいの?

先頭に立ってクラシックライブを開催していただきます。アレンジャーに行っていただく準備としては、次の流れになります。

1. 会場の確保(ピアノや座席等を含む。ピアノは財団から電子ピアノを貸し出すこともできます。)
2. 開催日時の決定(数十名単位での集客活動を意識した設定をお願いします。様々なつながりを活用し、告知を進めてください。)
3. 当日に向けての連絡・調整(スムーズな開催に向けて、メールでの連絡を基本に、財団スタッフと調整を密に行います。)
4. 当日の開催(会場に集まってくださった方々が、至近距離からの音色に酔いしれていただけるように、よろしくお願いいたします!)

演奏家の手配や曲目・プログラムの編成は、財団との相談で決定いたします。ご希望がありましたら、お申し付けください。
また、諸準備にお困りのときは、財団スタッフがサポートさせていただきます。ご安心ください。

 

Q9. 開催費用はどのくらい必要?

1公演あたり、開催費用60,000円(演奏家謝礼+活動維持費)と実費(演奏家交通費とピアノが無い場所での電子ピアノレンタル代&送料)を合わせて、概ね7-8万円が目安です。

※交通費は演奏家の居住地により増減します。
 

Q10. 開催してみたいけど、集客ができるかな?

「既に人が集まっている場」をひと工夫してみませんか。様々なつながりをぜひご活用頂き、ご検討ください。

例えば、研修会やセミナーを開催している場合は、それらのプログラムに組み込むことができます。
飲食店を経営されていれば、お客様向けにライブを提供することもできます。
会社を経営されていれば、仕事とは異なる交流の場や、ランチタイムの楽しみとして、社員の方々やそのご家族に心豊かな時間をとって頂くいただくこともできます。
地域の町内会、子ども会、福祉施設、他のお店などとコラボすることも有効です。

100万人のクラシックライブは、ありとあらゆる場所で開催できるところが魅力です。
 

Q11.イベント内でBGMが欲しいので、開催できますか?

アレンジャーが開催するライブは、原則的に「100万人のクラシックライブ」の会として開催していただいております。イベントや施設内において、バックグラウンドとなるような音楽として演奏するシーンは想定しておりません。
BGMとしてではなく、生の演奏に皆さまが集まり、楽しんでいただきます。集まった方々が感動を共有し、音楽が溢れる文化的な日常を通じて、コミュニティを創り出すための環境をご用意ください。

 

Q12. 三重奏や四重奏はできますか?

クラシックに馴染みのない方でも聴きやすい雰囲気づくりに取り組んでおります。
そのため、財団としては曲のレパートリーが豊富で、さまざまなアレンジがしやすい弦楽器&ピアノのデュオスタイルをお勧めしています。
ご希望がございましたら、ご相談ください。

 

Q13. 準備期間はどのくらい必要ですか?

おおよそ2〜3ヶ月とお考えください。余裕をもって、よりよいライブとなるよう、財団との連絡・調整をすることができます。
もし、開催日が近づいている場合は、別途ご相談ください。可能な限り対応させていただきます。

100万人のクラシックライブ開催にご興味、ご関心を持ってくださった方は、以下のフォームに必要事項をご入力ください。追って財団からご連絡させていただきます。

コンサートカード

*