よくある質問

Q1. 「100万人」とは?

年間に日本の人口の約1割の人へ、生の音楽を届けることを目標としています。

Q2. なぜ人口の1割を目標に?

人の触れ合いが少なくなった今の日本に、1割の人が関わることで、その先にも心豊かなコミュニティーが広がり、みんなの力で触れ合いのある豊かな社会が作られていくことにつながると考えます。

Q3. 至近距離や小規模にこだわるのはなぜ?

間近で聴く音、特に弦楽器の音色は、CDや広いホールで聴くものとは比べ物にならない迫力があります。
高尚なイメージがあるクラシック音楽を身近に感じやすいように、また、参加する全ての人がその音色を味わえるようにするためです( 1回のコンサートの規模は50人前後)

Q4. 誰でもできますか?

100万人のクラシックライブは全国各地で開催されている社会活動です。活動趣旨に賛同し、且つ、以下に定める二項に該当しない方はどなたでも参加いただけます。

・暴力団やその他これらに準ずる反社会的勢力、およびこれらと密接な関係を有する方による主催。
・特定の思想に強く傾倒した、あるいは宗教色、政治色が色濃く反映している催し事での主催。

※コンサート主催情報のご登録後、これらに該当することが認められた場合は、開催をキャンセルさせていただきます

Q5. 主催者は何をするの?

日時とどういう場でやるかを決め、集客の対象となる人たちへの宣伝・告知、当日の設営(座席とピアノ準備、プログラム配布など)を行います。
この活動では主催者のことを”アレンジャー”と呼んでいます

Q6. どんな場所でも開催できますか?

30~50人前後が集まれる屋内スペースをご用意頂ければ開催できます。 大きな騒音が無い場所が望ましいですが、駅やお店などの公共スペースでも、ご相談ください。

<開催事例>カフェやテナント内、学校・幼稚園・保育園、会社ラウンジや会議室、マンションやビル・ホテルのエントランス、学習塾、寺社内、美術館、病院など

Q7. どんな楽器でやるの?

基本的に弦楽器(ヴァイオリン、ビオラ、チェロ)とピアノのデュオスタイルです。

Q8. ピアノが無くても大丈夫?

電子ピアノを会場に持ち込んで開催できます。

Q9. 開催費用は?

1公演あたり、開催費用(60,000円)と実費(演奏家交通費とピアノが無い場所は電子ピアノレンタル代&送料)をあわせ、概ね7-8万円程の目安です。

※交通費は演奏家により増減します
※演奏時間は応相談

Q10. やりたいけど、集客が心配

“既に人が集まっている場”にライブを持ち込むこともご検討ください。
 例えば飲食店や会社の会員向けサービス、セミナー会、など。

Q11. BGMでもいいですか?

完全なBGMとなるシーンではご遠慮ください。
集まった人達と感動を共有したり、音楽が溢れる文化的な日常を目指す上で、出来るだけ静かに聴いてもらえる環境を前提にご検討ください。

Q12. 三重奏や四重奏はやっていないの?

デュオは聴き易い曲のレパートリーが特に豊富なため、まずは 弦&ピアノのデュオをお勧めしていますが、会場や場面によってはご相談ください。

Q.13 いつまでに依頼すればいい?

演奏家手配の関係上、3~2カ月前までにお願いします。
その期日以下でも開催いただけるよう努めますが、日が迫っている場合は奏者が確保できない場合がございます。

日時と場所、誰を対象にするコンサートか決まりましたら、以下のフォームからコンサート情報をご登録ください。

コンサートカード

*