演奏家

若い学生からプロのベテランまで、多くの皆さんにご協力いただいています。
ご自身も参加されたいという方、「メール」にてご連絡ください。

岩本	和子岩本 和子(ヴァイオリン)

岩本 和子(ヴァイオリン)

東京音楽大学を経て同大学院修士課程修了。在学中より国内やドイツ各地のマスタークラスをソロ、室内楽、オーケストラ各分野で多数受講する。
ドイツIMK春期講習にてT.トマシェフスキー氏に師事、コレギウム・ムジクム・ポンマルスフェルデン城に招致されオーケストラ及び室内楽選抜メンバーとしてコンサートに出演。
2002年フランス・マレーシア親善演奏会出演。第17回大倉山水曜コンサート新人演奏会出演。ヴァイオリンを大谷康子、中島郁子、植田しづかの各氏に、室内楽を浦川宜也、苅田雅治の各氏に師事。近年は室内楽、レコーディング、邦楽器や日舞とのコラボレーション演奏など活動の幅を広げつつ、後進の指導にもあたる。関東を中心に弦楽四重奏『アントニオ・クヮルテット』の第一ヴァイオリン奏者としてこれまでに200回以上の公演を行う。又、東日本大震災被災地にて子供向けのコンサート企画・演奏活動なども行う。

close
西垣	和美西垣 和美(ヴァイオリン)

西垣 和美(ヴァイオリン)

4歳よりヴァイオリンを始める。高松第一高等学校音楽科を卒業。東京音楽大学を卒業後、同大学院科目等履修科修了。これまでに、福崎至佐子、西浦弘美、東彩子氏に師事。第41回香川音楽コンクール香川県知事賞、第38回全四国音楽コンクール最優秀賞、第11回ジュニア音楽コンクール金賞、第3回大阪国際音楽コンクール入選、第14回日本クラシック音楽コンクール地域本選好演賞。

close
原瀬	万梨子原瀬 万梨子(ヴァイオリン)

原瀬 万梨子(ヴァイオリン)

松山市出身。国立音楽大学音楽学部演奏学科ヴァイオリン専攻卒業ならびに室内楽コース修了。
(公財)よんでん文化振興財団奨学生。
これまでにヴァイオリンを景山誠治、徳永ニ男各氏に、室内楽を徳永ニ男、漆原啓子、木村徹各氏に師事。
第11回大阪国際音楽コンクールデュオ部門入選。プロジェクトQ第6章、第7章に出演。2013年、2015年N響チェロ奏者三戸正秀氏、宮坂拡志氏と共演。2014年松山市民会館にてソロリサイタルを開催。2015年第20回よんでん文化振興財団奨学生によるふるさとコンサートに出演。2016年TOBEオーベルジュリゾートにてチェリスト横坂源氏と共演。2018年松前町総合文化会館にて松前町総合文化会館開館30周年事業原瀬万梨子ヴァイオリンリサイタルを開催。
現在、(公)瀬戸フィルハーモニー交響楽団団員。

close