トップ 演奏家 演奏家一覧

演奏家(演奏家からのお知らせ)

若い学生からプロのベテランまで、多くの皆さんにご協力いただいています。
ご自身も参加されたいという方、「メール」にてご連絡ください。

青山	朋永青山 朋永(ヴァイオリン)

青山 朋永(ヴァイオリン)

京都市立芸術大学、同大学院修士課程修了。
国際学生フェスティバルやプラハ公演他数々の演奏のコンサートマスターを務める。
大学卒業と同時の2001年に広島交響楽団に入団し、2011年より同楽団2ndヴァイオリン特別契約首席奏者に就任する。
2016年3月で同楽団を退団し、現在はオーケストラの客演首席奏者や、ソロ、室内楽等を中心に中四国、関西、で活動と共に後進の指導にも力を入れている。
エリザベト音楽大学非常勤講師。

close
青山	佳子青山 佳子(ピアノ)

青山 佳子(ピアノ)

フランス国立ジュヌヴィリエ音楽院、パリ地方国立音楽院・ピアノ、室内楽共に首席卒業。
在学中 チャリティーコンサートにてフランスケーブルTV.アルジェリアTVに出演。
大阪国際コンクール連弾部門入賞、
レ・スプレンデルコンクール連弾部門入賞。
ピアノデュオ"セセディーユ"メンバー。
CD「セセディーユ」リリース。
国内外で多数演奏活動を行う傍ら、後進の指導にあたっている。

close
大田	響子大田 響子(ヴァイオリン)

大田 響子(ヴァイオリン)

広島市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科、同大学を経て同研究科を修了。第17回日本クラシック音楽コンクール大学の部全国大会入選。これまでに長谷川夕子、飯田芳江、石井志都子の各氏に師事。

close
嘉戸	絵理香嘉戸 絵理香(ピアノ)

嘉戸 絵理香(ピアノ)

くらしき作陽大学音楽学部に特待生として入学、在籍し卒業。学内選出にてイェルク・デームス氏の公開レッスンを受講。卒業演奏会に出演。第25回PTNAピアノコンペティション・デュオ中級部門全国決勝大会入選。第24回ピアノ教育連盟ピアノオーディション全国大会出場、リスト音楽院マスタークラス2009ファルヴァイ・シャーンドル氏のクラスを修了。長江杯国際音楽コンクール4位入賞。第20回日本クラシック音楽コンクール第5位(1.2.4位なし)入賞。これまで、佐々木惠江、平井修二、木村かをり、岡洋子各氏に師事。くらしき作陽大学伴奏助手を経てソロ、室内楽、合唱ピアニストなど演奏活動を展開する傍ら、後進の指導にもあたっている。

close
川﨑	佳乃川﨑 佳乃(ピアノ)

川﨑 佳乃(ピアノ)

岡山県立岡山朝日高等学校卒業。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科および、同大学院修士課程修了。在学中、同大学選抜学生によるコンサート、および卒業演奏会に出演。また、福井直秋記念奨学金の奨学生に4度選抜され、2012年には授業料全額免除の特待生に選ばれた。
Wiener Musikseminar 2013に参加し、ウィーンにて参加者によるコンサートに出演。第19回ブルクハルト国際音楽コンクールにて審査員賞を受賞。第47回岡山県新人演奏会に出演。
これまでに、ピアノを黒住恭子、奥田操、(故)エレーナ・アシュケナージの各氏に、ピアノ二重奏をコッホ中村幸子、伴奏法を三ツ石潤司氏に師事。
現在は岡山市在住ピアニストとして、ソロ、アンサンブル、伴奏など自主公演を含めマルチに演奏活動を行う他、後進の指導にもあたっている。

close
川野	七彩川野 七彩(ピアノ)

川野 七彩(ピアノ)

愛媛県出身。愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻ピアノコースを卒業後、くらしき作陽大学大学院音楽研究科演奏芸術領域を修了。
在学中、学内選抜により愛知県立芸術大学第45回定期演奏会に2台ピアノにて出演。
ウィーン国立音楽大学のマスタークラスを受講。J. イラーチェク氏に師事しディプロマ取得。
ウィーンにてユナイテッドオイロッパとモーツァルトのピアノ協奏曲第24番を、東京にてジャパンチェムバーフィルハーモニーと、スロヴァキアにてブラチスラヴァ・カンマームジークジュピーラーとバッハのピアノ(チェンバロ)協奏曲第1番を共演。
これまでにピアノを中西のぞみ、熊谷恵美子、永岡信幸、竹内京子、木村かをり、Y. スレサレフ、A. カマロフ、A. ヴェルシーニン、V. グリャズノフの各氏に師事。
在学中より、岡山を中心にソロやアンサンブルなど幅広く演奏活動を行う。
現在、くらしき作陽大学音楽学部非常勤講師。岡山県演奏家協会会員。

close
川辺	梓川辺 梓(ヴァイオリン)

川辺 梓(ヴァイオリン)

くらしき作陽大学音楽学部卒業。在学中、大阪国際音楽コンクール入選、「京都・国際音楽学生フェスティバル2007」参加。「倉敷マスタークラス」にてチャイコフスキー弦楽四重奏団ウラジミール・ブグロフ氏のレッスン受講。くらしき作陽大学にてジェラール・プーレ氏の公開レッスン受講。コジマ・ムジカ・コレギア、弓室内合奏団と協奏曲を共演。ヴァイオリンを小野春風、山下典道、小島秀夫、佐久間聡一各氏に師事。室内楽を守屋美枝子、ドミトリー・フェイギン両氏に師事。卒業後は福岡を拠点にヴァイオリン講師や演奏活動を行う。現在は広島を拠点に演奏活動に力を入れ、後進の指導も行っている。弓室内合奏団団員。西区フィルハーモニーオーケストラ(福岡)コンサートミストレス。

close
高橋	美穂高橋 美穂(ヴァイオリン)

高橋 美穂(ヴァイオリン)

松江市出身、出雲市在住。島根大学教育学部特別音楽過程ヴァイオリン専攻卒業、同大学教育専攻科修了。西上史子、永見信久、知念辰朗、福本泰之の各氏に師事。高文連主催 島根県高等学校音楽コンクール弦楽器部門第1位。大学在学中は、松江プラバホールにて5回にわたり弦楽四重奏の演奏会を開催する。
現在、島根大学教育学部嘱託講師、雲南市加茂文化ホール「ラメール」ヴァイオリン教室講師、出雲芸術アカデミー音楽院専任講師として後進の指導にあたる。ソロ、広島交響楽団の客演、出雲フィルハーモニー交響楽団などの県内外のオーケストラ、室内楽において演奏活動を行う。実弟であるヴァイオリニスト芦原充氏とは演奏会において度々共演している。2015年出雲・松江において、2017年と2019年には松江プラバホールにてドイツ在住ピアニスト中山敬子氏とデュオリサイタルを開催した。出雲楽友協会音楽家会員。

close
高渕	鈴子高渕 鈴子(ピアノ)

高渕 鈴子(ピアノ)

武蔵野音楽大学、同大学院卒。
ピアノを渡邉紀子、日高七重、近藤邦彦、永岡信幸、ケマル・ゲキチ、アルヌルフ・フォン・アルニムに師事。
チェンバロをホラーク道子、伴奏法を小池ちとせに師事。
室内楽をクレメンス・ドル、故クルト・グントナーに師事。
倉敷管弦楽団、作陽管弦楽団と共演。
山陽学生音楽コンクール ピアノ部門高校生の部第3位
上代淑記念音楽コンクール ピアノ部門中学生の部第1位 および上代賞受賞
上代淑記念音楽コンクール ピアノ部門高校生の部第1位および岡山県民賞受賞
日本クラシック音楽コンクール ピアノ部門高校生の部全国大会入選
第19回長江杯国際音楽コンクール ピアノ部門一般Aの部第3位
第47回クロイツァー賞候補者に選出される。

close
田中	郁也田中 郁也(ヴァイオリン)

田中 郁也(ヴァイオリン)

広島音楽高等学校卒業。くらしき作陽大学音楽学部に特待生として入学。在学中プラハ交響楽団京都公演に出演。卒業後 、北イタリア音楽セミナー受講。ヴェルディ音楽院祝祭管弦楽団のメンバーとしてオペラ「椿姫」ミラノ公演に出演。フランスfugato academy festivalに参加。ソリストとして弓室内合奏団とバッハのヴァイオリン協奏曲第2 番、福山楽友協会管弦楽団とサン・サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番、メンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲を共演。日本演奏連盟「新進演奏家育成プロジェクト」オーディションに合格し、広島交響楽団とスコットランド幻想曲を共演。現在、岡山フィルハーモニック管弦楽団団員。

close
角田	奈名子角田 奈名子(ピアノ)

角田 奈名子(ピアノ)

くらしき作陽大学モスクワ音楽院特別演奏コース卒業。 同大学大学院修了。 第4回作陽ニューアーティストコンサート、第42回岡山県新人演奏会、第9回よんよんコンサート、第79回読売新人演奏会出演。 第9回ベーテン音楽コンクール第2位。

現在、岡山を中心に演奏活動中。日本ピアノ教育連盟会員。くらしき作陽大学子ども教育学部非常勤講師。

close
寺本	由理寺本 由理(ヴァイオリン)

寺本 由理(ヴァイオリン)

4歳半よりスズキ・メソード長谷川敏子氏の下でヴァイオリンを始める。高校三年で渡米、T. Einfeldt, L. Fioreにヴァイオリンを学びハートフォード大学(特待生でディプロマコース修了)。ニューヨーク州立大学(学士を取得)後、イリノイ大学大学院へフルスカラーシップを得て進学、ヴァイオリンをSimin Ganatraに、室内楽をPacifica Quartetに師事。教授の助手を務め、修士を取得。その間、数々のコンクールで優勝、入賞し奨学金を得る。欧米の音楽祭やマスタークラスに参加し、ソロ、室内楽、オーケストラの研鑽を積む。これまでにヴァイオリンを豊田耕兒、舘ゆかり、Katie Lansdale, Laurie Smuklerなどの各氏に、室内楽をGuarneri Quartet, Emerson String Quartet, Miami String Quartetに師事する。

close
長家	万純長家 万純(ピアノ)

長家 万純(ピアノ)

くらしき作陽大学音楽科音楽学部を卒業後、フランスブローニュ地方音楽院ピアノ専修修了、パリ地方音楽院室内楽科コンサーティスト課程修了、リュエイユマルメゾン地方音楽院ピアノ専修満場一致で修了。
第12回よんよんコンサートin関西出演。第21回日本クラシックコンクール第5位(1位~3位なし)。第15回イルドフランス国際コンクールシューマン賞。第22回ブレスト国際コンクールカテゴリーショパン1等賞。第17回スクリャービン国際コンクール(パリ)第2位。
第一回フェスティバルアマリリスに伴奏者として参加。2017年フランスムーランでフルーティストと室内楽リサイタルを行う。
これまでにピアノを笹岡あおい、土居里江、木村かをり、伊藤隆之、マリー=ポール・シルゲ、レナ・シェレシェフスカヤ、室内楽を新見フェギン浩子、アリン・バルティッソル、エマニュエル・ストロッセールに師事。

close
仁熊	美鈴仁熊 美鈴(ヴァイオリン)

仁熊 美鈴(ヴァイオリン)

愛知県立芸術大学を経て、ケルン音楽大学大学院修士課程、並びにOrchester Zentrum NRWを修了。
これまでにヴァイオリンを江島幹雄、進藤義武、桐山建志、辻井淳、Skerdjano Kerajの各氏に師事。
アーヘン交響楽団研修生、ハーゲン管弦楽団第二ヴァイオリン奏者を経て、現在は出身地である岡山を拠点にソロや室内楽、オーケストラ奏者として演奏活動を行う傍ら、後進の指導にあたっている。

close
西崎	仁美西崎 仁美(ピアノ)

西崎 仁美(ピアノ)

岡山市出身。桐朋女子高校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。

ピアノを(故)坂井百合子、干野宜大、アンドラーシュ・ケメネシュ、清水淳彦各氏に、二重奏を斉木孝、中川賢一両氏に、室内楽を藤井一興氏に師事。

2006年、岡山シンフォニーホールにて、岡山フィルハーモニック管弦楽団と共演。在学中に、第1回ソロリサイタル開催,桐朋卒業生による新人演奏会、岡山県新人演奏会に出演。

2007年ポーランド・ワルシャワへ渡り、国立ショパン音楽大学研究科へ入学、ブロニスワヴァ・カヴァラ氏に師事。学内演奏会にて、現在ヨーロッパで活躍している現代作曲家、トヴァルドフスキ氏の曲を演奏し、本人自ら絶賛の言葉を頂き、招待演奏を依頼される。エチュードコンクールで上位入賞、数多くの演奏会に出演。

ワルシャワ管弦楽団とラヴェルのピアノ協奏曲ト長調を共演、その後、ベラルーシ、日本、ポーランド国内にてピアノリサイタル開催。

ポーランド・ショパン音楽大学学内エチュードコンクールにて特別賞受賞

同年、イブラ国際音楽コンクール(イタリア)にて、リスト賞受賞。当地の音楽祭に選出され、4回連続演奏会に出演。入賞者によるガラコンサートに出演し、好評を博す。

2011年ショパン音楽大学研究科を上位の成績で卒業、ディプロマ取得。8月を以て完全帰国。

帰国後、地元岡山にて帰国記念リサイタルを開催し、大成功を修める。

第13回大阪国際音楽コンクールにてファイナリスト。

第14回ショパン国際ピアノコンクールin Asiaにて全国大会第2位、アジア大会奨励賞受賞。

これまでに、ポーランド、アンドラ共和国、ベラルーシ、チェコ、イタリアにて演奏会に出演し、好評を博す。

これまでに練木繁夫、ミハエル・ボスクレンスキー、カール・ハインツ=ケマーリング、ジョルジュ・ナードル、ダン・タイソン、アンジェイ・ヤシンスキー氏に指導を受ける。

現在、国内外のリサイタルのみならず、室内楽、伴奏など勢力的に演奏活動を行っている傍ら、後進の指導にもあたっている。

関西桐朋会、
岡山県演奏家協会会員。

close
野中	有子野中 有子(ピアノ)

野中 有子(ピアノ)

ハンガリー国立リスト音楽院修了、フェリス女学院大学首席卒業。渡欧中ウィーンにても研鑽を積み各地にて演奏活動を行う。エウテルペ国際コンクール(伊)第1位、日本クラシック音楽コンクール入選、若い芽のコンサート・遠山賞受賞。
オペラ「魔笛」「椿姫」「トスカ」「カルメン」「ヘンゼルとグレーテル」等のピアノ伴奏を、またRSK60周年:岡山市民ミュージカル「オランダおイネあじさい物語」、日本カバヤ・オハヨーホールディングス主催:岡山子ども未来ミュージカル「さよなら、ハロルド!」にも携わる。オーケストラと共演などソロ、室内楽と幅広く演奏活動を行う傍ら、ピアノ講師として後進の指導や学校公演なども積極的に行っている。
現在、岡山県演奏家協会会員、岡山混声合唱団伴奏者、Zongorista音楽教室講師。

close
平野	郁乃平野 郁乃(ヴァイオリン)

平野 郁乃(ヴァイオリン)

4歳よりヴァイオリンをはじめ、クラッシック音楽の世界で学ぶ。
名古屋市立菊里高等学校音楽科、同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。
村田閲子、林茂子、亀田美佐子、瀬崎明日香各氏に師事。名古屋を中心に演奏活動後、2010年より宇部市在住。
防府市芸術演奏会、山口県芸術演奏会、第15回山口室内オペラ工房「天国と地獄」、宇部マテエココンサート等。
演奏活動のかたわら、ヤマハ音楽教室「ポップス川上」にて、後進の指導にも力を入れている。
その他、ヴァイオリン・フルート・ピアノの「ソレイユトリオ」のメンバーとして、山口県内外各地で精力的に、活躍中!

close
福田	悠子福田 悠子(ヴァイオリン)

福田 悠子(ヴァイオリン)

出雲市出身、在住。ヴァイオリンをする母の影響で4歳より始める。
1998年 高文連主催島根県高校音楽コンクール弦楽器部門第一位。
島根大学教育学部生涯学習過程芸術音楽コース卒業。在学中、2001年にN.エアリッヒ公開レッスンを受講。2002年にはドイツに渡り同氏のレッスンを受ける。
2007年に、ソロリサイタル、2008年にチェロの玉串直美氏とデュオリサイタルを開催。
現在、県内外のオーケストラで演奏する他、ソロやアンサンブル、日本舞踊とのコラボレーションなどの演奏活動を行う。
また、出雲芸術アカデミー音楽院講師、出雲北陵中学・高等学校弦楽クラブ講師として後進の指導にも力を注いでいる。これまでに今岡康代、福本泰之、故 知念辰朗、高旗健二、芦原充の各氏に師事。
String Quartetto クレオール、String Duo ティコ、Trio Picasso、String Trio SMLでヴァイオリンを担当。雲楽友協会音楽家会員。

close
藤田	美貴藤田 美貴(ピアノ)

藤田 美貴(ピアノ)

岡山県立岡山城東高等学校普通科音楽系を経て、くらしき作陽大学音楽学部音楽学科卒業。2年次・4年次特待生、卒業演奏会出演。岡山大学大学院教育学研究科修了。山崎孝記念演奏会、第44回岡山県新人演奏会出演。大学院修了後、岡山県内の企業で正社員として経理の仕事に携わり、日商簿記2級等の資格を取得しながら音楽の勉強を続け、2013年度フランス音楽コンクール第2位、第5回東京ピアノコンクール審査員特別賞受賞。これまでに十川知子、山崎孝、居川寛子、故アンドレイ・ジェルタノク、渡邉康雄、長岡功、竹内京子の各氏に師事。

close
望月	美希望月 美希(ピアノ)

望月 美希(ピアノ)

ブルガリア国立ソフィア音楽アカデミーピアノ科・伴奏科卒業。 K・ガネフ,J・ガネバ,本荘玲子,N・タドソン,武藤公子の各氏に師事。在学中にブルガリア各地のオーケストラと共演。94,96年には浜松でソロリサイタルを開く。98~03年にはカリフォルニア大学サンタバーバラ校,テクニオン大学,コネティカット大学で伴奏者及びコレペティトゥアとして活動。08年にはベツレヘムへ室内楽の演奏旅行を行う。近年は,出雲オペラ「カルメン」(07年),「椿姫」(10年),プラバ音楽祭「ぺらぺらオペラ・フィガロの結婚」(09年)などでコレペティトゥアを務めるなど,出雲および松江にて音楽活動を行っている。出雲芸術アカデミー音楽院専任講師。出雲楽友協会音楽家会員。

close
森須	奏絵森須 奏絵(ピアノ)

森須 奏絵(ピアノ)

4歳よりピアノを始める。広島音楽高校卒業。在学中、定期演奏会・卒業演奏会に選出。桐朋学園大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。エリザベト音楽大学大学院修士課程修了。2010年NOTOピアノコンクール優秀賞受賞。2012年ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan 本選において特別優秀賞受賞。
2013年より各地で被爆ピアノ平和コンサートを行う。
これまでにピアノを砂田直美、大下祐子、上野久子、伴奏法を藤井一興の各氏に師事。
現在、演奏活動の傍ら後進の指導にもあたっている。

close
湯淺	いづみ湯淺 いづみ(ヴァイオリン)

湯淺 いづみ(ヴァイオリン)

3歳よりヴァイオリンを始める。岡山県作陽高等学校音楽科に実技特待生として入学、卒業。高等学校在学中、くらしき作陽音楽大学モスクワ音楽院コースにて教鞭をとっていたディアナ・ケメルマン氏やナジェージュダ・トカレワ氏のマスタークラスや、公開レッスンを定期的に受講。愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。選抜により、京都国際学生音楽フェスティバル2014に参加。第8回ベーテン音楽コンクール全国大会一般の部第1位受賞。サントリーホールブルーローズにて受賞者記念演奏会に出演。第3回鳥取県クラシックアーティストオーディション優秀賞受賞。鳥取市にてソロリサイタルを開催する。また、鳥取市交響楽団とW.A.モーツァルト「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲K.364」をソリストとして共演。これまでにヴァイオリンを山川はるみ、井上民恵、入江洋文、白石禮子の各氏に師事。また、秋吉台、河口湖などのセミナーを受講し、数々の講師陣のレッスンを受講する。現在、西日本を中心に全国各地でソロ、室内楽、オーケストラなど幅広い演奏活動を行う他、音楽教室や高等学校弦楽部、保育園など後進の指導にも力を注いでいる。

close
脇淵	陽子脇淵 陽子(ピアノ)

脇淵 陽子(ピアノ)

山口県山口市出身。愛知県立芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業 同大学院修了。
2001年北九州芸術祭で全日空賞。卒業後、名古屋を中心にソロ、声楽伴奏でコンサート出演。
2008年に山口に戻り器楽アンサンブル、合唱伴奏などでも活動している。
山口県芸術演奏会、ピアノフェスティバルin YAMAGUCHI、その他多数出演。大学在学中よりさまざまな演奏家とコンサートを企画演奏。
近年では文学と音楽をコラボさせた「音楽で聴くお話」シリーズを開催し好評を得ている。また、同郷山口の詩人 中原中也の詩に曲を付け、オリジナリティあふれる活動を続けている。
ピアノを、徳万良子、竹内正代、兼重直文、ディーナ・ヨッフェ、ヘンリエッタ・G・ミルヴィスの各氏に師事。声楽伴奏を大下久深子氏に師事。山口学芸大学非常勤講師。ソレイユトリオ メンバー。

close