演奏家

若い学生からプロのベテランまで、多くの皆さんにご協力いただいています。
ご自身も参加されたいという方、「メール」にてご連絡ください。

Ensemble	MonsoloEnsemble Monsolo(その他)

Ensemble Monsolo(その他)

パリ国立高等音楽院出身のメンバー(元はコントラバスを含んだ弦楽5重奏・クインテットモンソロ)で結成。現在モンソロはアンサンブルとして形を変え、デュオ、トリオ、カルテットなど様々な編成で2人から8人までのプログラムのレパートリーを持つ。フランス、イタリア、スペインで定期的に演奏し『アートとスピリチュアリア』、『レザミ・デュ・モーツアルト』(アラン・ムニエと共演)、『フェスティヴァル・デュ・フォレ』『ラ・ムジーク・ア・ラ・ファーム』、ヴァレンティン・エルベンがリードしている『ミュージカル・オリオン』など数多くの音楽祭に招聘されている。
音楽祭『ノルマンディー・フォーラム』で最優秀賞&現代音楽賞、スペディダム・スカラシップ賞、ヴェローナにて国際音楽コンクール「TIM」室内楽部門第1位受賞。2009年「プロ・カルテット」に選ばれ世界的な注目を集める。現代曲にも情熱を注ぎ数々の新曲の世界初演を行っている。J.マクマーナ、イザイカルテット、J.ムニエ、M.シュトラウス、C.デゼールに師事し、「プロ・カルテット」プログラムで、W.レヴィンとP.カッツに指導を受けた。
日本へこれまでに6度来日、東京、横浜、群馬、埼玉、大阪、高知、博多で演奏会を行った。また子供たちのためのワークショップほか、2009年にはゲストの福間洸太朗とともに小学校へ訪問コンサートなど日本の未来の子供たちの教育にかかわるプロジェクトに参加している。2011年にフィルムジカ・トウキョウと共演した収益金を東日本大震災支援のため全額送り、2013年には石巻市仮設住宅の集会所へ訪問コンサート、スーダン・南スーダンの難民を救うコンサートを、2014年にはミャンマーの小学校建設、パレスチナ・ガザ地区の平和活動へコンサート収益
金を送るなど積極的に社会貢献活動もしている。
モンソロの初CD『オンスロー弦楽5重奏曲&ピアノ5重奏曲』は5つのDiapasonsを受けるなど高い評価を受け、2015年に日本で初リリースした『ショーソン&マーラーピアノ4重奏曲』はレコード芸術準特選盤、毎日新聞月間特選盤、読売新聞とCDジャーナル月間推薦盤に選ばれる。

close
マルモ・	ササキマルモ・ ササキ(チェロ)

マルモ・ ササキ(チェロ)

音楽家の両親と共に4歳でイタリアに渡る。
パドヴァ国立音楽院チェロ科首席卒業。
ローザンヌ音楽院ヴィルトゥオーゾクラスを一等賞及び名誉賞を得て卒業。
その後、ベルリン国立芸術大学大学院ソリストクラス修了。
これまでに、W.ベットヒャー、D.ゲリンガスなどに師事。

ジェノヴァ国際チェロ・コンクール、アスペッタルティ国際音楽コンクール他、多数優勝。チッタ・ディ・チェント・コンクール優勝、併せて報道特別賞を受賞。

ローザンヌ室内管弦楽団、バーデン=バーデン・フィルハーモニー管弦楽団等のソリストとして協演、“サイクロンのように激しくダイナミックな演奏・・・多彩な音色・・・” “サン=サーンスのコンチェルトを素晴らしい輝きを持って演奏した”と評される。

L.バーンスタイン創立のシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭管弦楽団首席チェロ奏者、父と姉妹で結成された「パドヴァ・トリオ」、W.ベットヒャー教授とのチェロデュオコンサート、ベルリン・フィルハーモニー・ホールでの室内楽演奏、アメリカ、モロッコツアーなどで活動。

ベルリン音楽祭(ブランデンブルグ門)にソリストとしてオーケストラと協演し好評を得る。ベルリン・ヒンデミット協会主催「ハンガリー音楽シリーズ」でリサイタル,ポーランド・ベルリン協会主催のコンサートではソロ・デュオで演奏。

イタリアに於いてはアゾロ市及びバッサーノ・デッラ・グラッパ市にてクラリネット奏者-A.ブランドホーファー(元ベルリン・フィル)とメシアンのクァルテットで共演。P.トーゾ(パドヴァ管弦楽団コンサートマスター)が率いる室内楽と各地で共演。

「アンサンブル パガ二-二」のメンバーとして ギター、バイオリン、チェロのトリオで イタリア各地ツアー。

イタリア、オーストリア&スロヴェニア三ヶ国によるオーケストラのソリストに選ばれ各国演奏ツアーを行う。
また、ベルリン・ジャック・ティボー弦楽三重奏団と1ヶ月に及ぶUSAツアーを行う。

姉(ウララ・ピアニスト)とのデュオでは、ドイツ(ベルリン、バーデン・バーデン、ブッケブルグ etc)、スイス(ローザンヌ、シャフハウゼン etc)、イタリア各地(ローマ、ペルージャ、ジェノヴァ、パドヴァ、セルヴァッツァーノ etc)にて演奏。

500年の歴史を誇るベルリン国立歌劇場管弦楽団(音楽監督 D.バレンボイム)に初のアジア人・永久正団員として、フォアシュピーラーも務める。

Z.メータ、P.ブーレーズ、D.エッティンガー、 ケント・ナガノ、F.ルイージ、E. インバル、K.ザンデルリング、H.リリング、D.バレンボイム等の指揮者と共演。P.ドミンゴ、ラン・ラン、M.ポリーニ、E.アックス、 P.ズッカーマン等のソリストとも共演する。

ソロCD「チェロペラ〜歌劇場の思い出(CELLOPERA –  Opera House Remembrance)」をリリース、音楽批評誌にて好評を得る。

その他、P.ラクイダーラ(伊)のアルバム [Para voce querido Cae] 、姫神制作:白山 開山1300年祭記念[組曲白山]CD作成、「富士の星暦 サウンドトラック」レコーディングに参加。

「東京・春・音楽祭」(リサイタル,他)、コバケンとその仲間たちオーケストラ(客演首席奏者)など、ソロ及び室内楽奏者として世界各地で幅広い演奏活動を行っている。
www.marumosasaki.de

close