東日本福祉経営サービス@ル・レーヴ大宮北

2019.06.09 開場 13:30~/開演 14:00~

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

加藤 小百合(ヴァイオリン)

東京芸術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業。江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第2位、同入賞者演奏会にて新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。みえ音楽コンクール第1位。室内楽では、デュオ Bienen で レ・スプレンデル音楽コンクール最高位、ブルクハルト国際音楽コンクール最高位、弦楽四重奏BienenQuartetで蓼科音楽コンクール(現・セシリア国際音楽コンクール)第1位、等。これまでに山岡みどり、山岡耕筰、漆原朝子の各氏に師事。浦安市内で実施しているアウトリーチ事業「ミュージックデリバリー」登録アーティスト。幼稚園や小学校、支援学校・支援作業所への訪問コンサートに積極的に取り組む。

大橋 響子(ピアノ)

東京音楽大学卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。在学中、オーディション合格者による学内演奏会にピアノソロ・ピアノデュオで出演。これまでにピアノを高田千絵、重松万里子、赤間亜紀子、海老原直美、松本愛、ヴァイオリンを奥田裕美、和田和子、声楽を山内みどり、萩原みか、室内楽を浦川宜也、伴奏法を土田英介、水谷真理子の各氏に師事。
各地でのコンサートやコンクール、オーディション伴奏など、アンサンブルピアニストとして活動の場を広げている。
現在、室内合唱団 日唱をはじめ、多くの合唱団にてピアニストを務めている。東京音楽大学伴奏助手。

CONCERT ARCHIVE

終演後に控室に来て「亡くなった義兄もヴァイオリンが上手でした。演奏を聴きながら義兄を思い出して、涙が出ました。来てくれてありがとう。」と言ってくださった方がいました。 コンサートができて本当に良かった、と思いました。

加藤 小百合

100万人のクラシックライブ、初めて出演させていただきました。静かに聴き入ってくださる方、一緒にメロディを歌ってくださる方、お客様が様々な楽しみ方をしてくださっていることを間近で感じました。 最後の全員合唱「ふるさと」では、涙されている方もいらっしゃり、こちらも目頭が熱くなりました。やはり日本人に愛され、歌い継がれ、心に残る曲なのだと改めて感じました。 クラシックを身近な存在に、またクラシックの魅力が少しでも多くの方に伝わっていたら嬉しいです。そのために今後も自身の演奏もさらに磨いていきたいと強く思いました。 当日は電子ピアノの設置まで大変お世話になり、ありがとうございました。

大橋 響子

埼玉県さいたま市北区吉野町1-37-5