東日本福祉経営サービス@ローベル西荻窪

2023.02.11 開演 14:00~

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

冨家 聖香(ヴァイオリン)

3歳よりヴァイオリンを始める。
京都市立京都堀川音楽高校を経て、京都市立芸術大学卒業。
第17回子供のためのヴァイオリンコンクール銀賞受賞。第14回大阪国際音楽コンクール入選。第8回ベーテンコンクール第5位。第20回熊楠の里音楽コンクール第3位。
「ジャパン・フェスティバル・オーケストラ」の一員としてサウジアラビアにおける初のオーケストラコンサートに参加。
シンフォニー音楽劇「蜜蜂と遠雷」に出演。
「石川さゆり50周年記念リサイタル」にてコンサートミストレスを務める。
これまで村瀬理子、池川章子、泉原隆志の各氏に師事。

河野 明敏(チェロ)

1994年北九州市に生まれ、10歳より北九州市ジュニアオーケストラにてチェロを始める。同楽団での活動を通して音楽やチェロの楽しさに魅了され、チェリストとして生きていくことを決意。これまでに加治誠子、宮田浩久、上村昇、河野文昭の各氏に師事。京都市立芸術大学音楽学部卒業、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。リサイタルなどのソロ活動やオーケストラへの客演に加え、ピアノ三重奏団「トリオ デルアルテ」のメンバーとして、室内楽にも精力的に取り組んでいる。サントリーホール室内楽アカデミー第5期フェロー。第1回杉並公会堂ベヒシュタイン室内楽コンクールにて第1位および審査員特別賞を受賞。

馬場 春英(ピアノ)

福島県出身。武蔵野音楽大学ヴィルトゥオーソ学科ピアノ専攻を卒業後、同大学院を修了。
第26回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール高校生の部第3位(1位無し)、第27回ヤングアーチストピアノコンクールF部門にてファイナル奨励賞受賞。
大学、及び大学院入学時に、福井直秋特別記念奨学給付特待生として武蔵野音楽大学に入学。平成30年度、武蔵野音楽大学学内オーディションにて選抜され同学ウインドアンサンブルと共演、演奏旅行に同行。
同年、オーストリアにて第40回Allegro Vivo summer music acdemy でE.レオンスカヤのマスタークラスを受講、教授推薦による選抜演奏会に出演。令和3年、大学院在学中、成績優秀者による選抜演奏会に出演。
これまでにピアノを佐久間智子、西川美知子、新田境子、岡野壽子、藤井一興、K.ゲキチ、伴奏法を三ツ石潤司、ピアノ二重奏をコッホ中村幸子、室内楽を高久進、クレメンス・ドルの各氏に師事。
現在、ソロでの活動に加え、デュオ、室内楽においても精力的に活動している他、ミナトミュージックサロンにて後進の指導にもあたっている。

東京都杉並区西荻北3丁目11-25

ローベル西荻窪