チャイルドスクエア仙台六丁の目元町/チャイルドスクエア仙台荒井南

2022.11.26 開演 09:30・11:00(開場は開演時間の30分前)

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

門脇 和泉(ヴァイオリン)

仙台市出身。宮城県第二女子高等学校(現在二華)卒業。在学中仙台ジュニアオーケストラに在籍、コンサートミストレスを務める。第4回バッハホールコンクール入賞。
愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。バイロイト青年音楽祭参加。室内楽の夕べオーディションに合格、出演。卒業後、仙台にてジョイントリサイタルを行い、その後数々の演奏会に出演。現在はソロ、室内楽、オーケストラ、アウトリーチ、復興コンサートと多彩な分野で演奏活動を行う傍ら後進の指導にあたっている。
これまでに、ソロを福本泰之、V.マリーニン、岡山芳子、渋谷由美子の各氏に、室内楽を百武由紀、進藤義武、山田百子の各氏に師事。
桐朋学園子供のための音楽教室実技講師。ヤマハPMS講師。杜の弦楽四重奏団メンバー。Two×SpringStringsメンバー。ToRE*sis(トレシス)メンバー。

門脇 麻美(ピアノ)

仙台市在住。宮城学院女子大学音楽科卒業。同大学研究生修了。
卒業演奏会、第69回読売新人演奏会、日本ショパン協会東北支部主催新人演奏会、ショパンファミリーコンサートなど多数出演。
2000年「仙台ユース・クラシック・コンサート」にて最優秀演奏者に選ばれ、仙台市長賞を受賞。また、第9回、第13回、第14回日本ピアノ教育連盟主催ピアノオーディションにおいて奨励賞を受賞。2008年、秋田県大仙市大曲新人音楽祭コンクール入選。
2006年以来、ヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、ピアノ、打楽器、歌の変則的な編成で結成された仙台チェンバーアンサンブルに所属しており、クラシックを中心とした幅広いジャンルの音楽を発信し続けている。
2013年、初のCDとなる【幸せの星の木】をリリース。2015、16年には「せんくら」に出演。東北各地での学校公演のほか、室内楽ピアニスト、グレィス女声合唱団、コールかっこうピアニストとしても活動している。
現在、弘中 孝、乳井 恵美 各氏に師事。
仙台チェンバーアンサンブルメンバー、日本音楽家ユニオン会員、宮城県芸術協会会員。

宮城県仙台市若林区六丁の目元町15-1

チャイルドスクエア仙台六丁の目元町/チャイルドスクエア仙台荒井南