東横INN@キャナルシティ博多 B1階サンプラザステージ

2022.11.19 開演 17:00~ (1時間の解説付コンサートです)

無料 どなたでもお越しください

松本 さくら(ヴァイオリン)

長崎県長崎市出身。3歳よりヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部卒業。
第59回全日本学生音楽コンクール福岡大会、第2位。第31回長崎県高等学校音楽コンクールにおいてグランプリ受賞、九州大会金賞。
アクロス福岡のヴァイオリンセミナーを受講し、アクロス弦楽合奏団の定期演奏会に出演。
イギリス湖水地方の音楽祭(LDSM)、霧島国際音楽祭、防府音楽祭など多数参加。
現在はソロや室内楽、オーケストラの客演演奏をはじめ、OMURA室内合奏団員としての文化庁アウトリーチコンサート等、各地で演奏活動を行う傍ら後進の指導にあたっている。

川﨑 美香(ピアノ)

鹿児島県出身。3歳よりピアノを始める。平成音楽大学音楽学部音楽学科ピアノコース卒業。ピアノを故市田儀一郎、久保幸代、廣森まゆみ、愛甲恵子の各氏に師事。室内楽を大石陽子氏に師事。海外音楽大学マスタークラスを受講し、アレキサンダー・ロスラー氏、ハンス・ ペーター・シュテンツェル氏に師事する。第24、25回鹿児島県高校音楽コンクール 金賞受賞。2000年、VTMピアノコンクール九州大会連弾の部 高校・一般の部 最優秀賞受賞。平成音楽大学卒業演奏会出演。2012年3月にベトナムにて「モーツァルトのピアノコンツェルト第20番」をハノイナショナルオーケストラと共演。
同年6月には古賀市にてガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」を古賀市民オーケストラと共演。2014年12月にロシアのマイコープにて「リストのピアノコンツェルト第1番」を現地のオーケストラと共演し、自身がオーケストラアレンジを手掛けた日本の四季メドレーや作曲をしたクローバーを演奏。フリーのピアニストとして、様々な楽器とのアンサンブルや伴奏等、クラシック~ポップスとジャンル問わず、幅広いスタイルで九州各地にて精力的に演奏活動を行う傍ら、オーケストラや小編成の編曲や作曲活動も行っている。2014年3月に北九州環境未来都市推進支援事業のグリーンオペラ「なの花のおはなし」、同年8月には夏休み平和祈念公演第10弾「折り鶴の少女 サダコ」の作曲・演奏を行った。
現在、中村女子高等学校非常勤講師。C熊本ミュージックアーティスト、AXISチェンバーオーケストラ、宗像市、川崎町、古賀市の「第九」のピアニストとして携わる。また、福岡にて後進の指導も行っている。

福岡県福岡市中央区渡辺通5-15-14

TEL:092-725-1045