調布市社会福祉協議会「アイビー」×MECP@調布市総合福祉センター

2022.09.01 開場 13:20~/開演 13:40~

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

奈良原 裕子(ヴァイオリン)

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園音楽学部を経てボストン音楽院に奨学金を得て入学。 2020年5月に卒業。
東京ジュニアオーケストラソサエティー、ボストン音楽院のオーケストラ演奏会にてコンサートミストレスを務める。
田中千香士音楽祭、北九州国際音楽祭などにオーケストラメンバーとして出演。秩父国際音楽祭ではソリストとしてフェスティバルオーケストラと共演。
ニース音楽セミナー、ウィーン夏季音楽セミナーの修了コンサートに選抜で出演。
また、成績優秀者による桐朋学園室内楽演奏会、Millenial Chamber music Recital in Boston に出演。
2017年には、桐朋生によるカルテットで福島県福島市、南相馬市でチャリティーコンサートを開催し、南相馬市長より表彰状を授与。地元の管弦楽部やユースオーケストラの指導に携わる。
日本クラシック音楽コンクール、デザインK音楽コンクール等で奨励賞を受賞。
2017年、葉加瀬太郎氏の東京公演にメンバーとして参加。またボストン音楽院在学中には、バークリー音楽大学でのレコーディングに度々参加し、クラシック以外のレパートリーも増やしている。
2018年に教員免許取得資格を取得。
現在、演奏活動や後進の指導に力を入れている。
これまでにヴァイオリンを岩崎裕子、篠崎史紀、Markus Placci 各氏に師事。室内楽を漆原啓子、山崎伸子、磯村和英、Judith Eissenberg、Katie Lansdale 各氏に師事。

高見 秀太朗(ピアノ)

大阪府出身。桐朋女子高校音楽科(共学)、桐朋学園大学音楽学部を経て、宮城教育大学教職大学院修了。
「音楽で心をつなぐ」をテーマに、子どもから高齢者まで、あらゆるコミュニティにおける音楽環境づくりを行う。
特に小中学生に向けた活動に力を注ぎ、全国50校以上において音楽科授業・ワークショップを実施するなど、幅広く精力的に活動している。

第19回日本クラシック音楽コンクール最高位、世界クラシック第2位。モーツァルテウム国際夏期アカデミーコンクール入賞。高校/大学卒業演奏会、日本調律師協会関東支部 新人演奏会出演。ピアノを木村徹氏・仲道郁代氏、作編曲を佐藤公一郎氏に師事。
音楽団体「MECP事務局」代表として、被災地での活動を元に生まれた「音楽によるソフト防災」の取り組みや、一般社団法人音楽がヒラク未来 スタッフとして、仲道郁代氏と協働した学校音楽プログラムを宮城県七ヶ浜町にて継続している。

一般財団法人100万人のクラシックライブ 運営メンバー&ピアニスト。

東京都調布市小島町2-47-1

調布市総合福祉センター