いばらき×立命館 芸術振興プロジェクト実行委員会@沢池コミュニティセンター

2022.07.23 開場 14:00~/開演 14:30~ (1時間の解説付コンサートです)

料金 1,000円(中学生以下は無料。乳幼児でもご参加できます。) 要事前申込 先着50名 申込はこちらから
あなたのリクエスト曲受付ます♪思い出エピソードとともに教えてください。

大橋 ひさ(ヴァイオリン)

兵庫県神戸市出身のモダン・バロックヴァイオリン奏者。
兵庫県立西宮高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を卒業後渡仏。

パリ地方音楽院(CRR de Paris)最高課程演奏家コースにてコンサートディプロマ・上級音楽研究資格を取得し卒業。
ローザンヌ高等音楽院修士課程コンサート科ヴァイオリン専攻、ジュネーヴ高等音楽院修士課程古楽器実践課程バロックヴァイオリン専攻を卒業。在学中ジュネーブ音楽院ファウンデーションによる奨学金を受給。
ヴァイオリンを山田恵子、東儀幸、徳永二男、アニク・ルサン、ピエール・アモイヤル、パトリック・ジェネの各氏に師事。バロックヴァイオリンをフロランス・マルゴワール氏に師事。

スイスにて2013年より5年間ビール・ゾロトゥルンシンフォニーオーケストラアカデミー生および客演奏者、スイス各地にて演奏会に多数出演。
2018年に完全帰国。公益社団法人アンサンブル神戸メンバー。ソロレパートリーは中世ルネッサンス・バロックから近現代音楽までと幅広く、関西を中心に演奏活動を行っている。
http://hisaohashi.blogspot.com/

小野 文(ピアノ)

大阪音楽大学ピアノ専攻を首席で卒業後、同大学院修了。修士演奏、論文ではJ.S.バッハ「ゴルトベルク変奏曲」に取り組む。現在は各地で演奏活動、研鑽を続けながら後進の育成に力を注ぐ。コロナ禍以降はピアニストとしてのみならず、朗読に挑戦するなど幅広く芸術活動を模索している。大阪音楽大学非常勤講師、同大学付属音楽院講師。京都市在住。

CONCERT ARCHIVE

今回は電子ピアノをご用意いただいたのに加えて思いがけず会場に備え付けのピアノがあり、どちらも使用させていただいて予想以上に充実したコンサートとなりました。 やはり本物のピアノの倍音を多く含んだ豊かな音から我々弦楽器奏者が助けられていたり、インスピレーションを受けている部分は大きいのだなと実感しました。 また、動物の鳴き声を模したビーバーの「描写的ソナタ」はプロジェクターを使用して動物の写真を映しながら演奏しましたが、子供にも楽しんでいただけた様でした。珍しい曲ではありますが、今後もブラッシュアップしてお届けしていきたい音楽の1つです。

大橋 ひさ

大阪府茨木市南春日丘5丁目1-21

沢池コミュニティセンター