いばらき×立命館 芸術振興プロジェクト実行委員会@立命館いばらきフューチャープラザ グランドホール

2022.05.15 開演 12:10~ (30分の解説付コンサートです)

無料 立命館DAYイベントへの要事前申込。5/2~受付開始。  お申込は特設サイトから

高橋 宗久(ヴァイオリン)

《出身》
神奈川県平塚市出身。現在は奈良県生駒市。
《学歴》
桐朋学園女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を卒業後、洗足音楽大学院修士課程を修了。
《師事歴》
これまでにヴァイオリンを梅津南美子・梅津美葉・安永徹・荒井英治、室内楽を市野あゆみ・安永徹・小森谷泉の各氏に師事するほか、ベルリンにてProf.Andreas Reiner氏に教えを受ける。
《コンクール受賞歴》
大阪国際音楽コンクール高校の部二位、全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部入選、鎌倉学生音楽コンクール総合一位、かながわ音楽コンクール優秀賞、等。日本演奏連盟新進演奏家育成プロジェクトにて日本センチュリー交響楽団と共演。九州交響楽団を経て、現在、日本センチュリー交響楽団セカンドヴァイオリン副首席奏者を務める他、京都市交響楽団、関西フィルハーモニー等、他楽団のゲスト出演や、演奏会の企画、また後進の指導も好評を得ている。
《クラシック以外での活動》
また、クラシック業界初の日本酒唎酒師の資格を保有しており、日本酒とクラシック音楽のイベント「聴呑処」を開催し、両方のフィールドを熱くしている。同時に、大阪の酒販店「酒 高蔵」にてインターン生として経験を積んでいる。

柳楽 毬乃(ヴァイオリン)

島根県出雲市出身。
6歳よりヴァイオリンを始める。京都市立芸術大学を経て、同大学院音楽研究科修士課程器楽専攻(弦楽)を首席で修了。
東京国際芸術協会より受講費全額助成を受け、ウィーン国立音大マスタークラスへと派遣される。
第8回松江プラバ音楽コンクール第1位及びコンクール大賞受賞。
第16回KOBE国際音楽コンクール優秀賞他受賞多数。
なかうみ交響楽団とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を共演。
また「題名のない音楽会」などに出演するなど、幅広く活動を行なっている。
佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ (SKO)」のオーディションに合格し在籍。現在、SKO卒業生で構成されたスーパーストリングスコーべに在籍。
Sony Music 主催 STAND UP! ORCHESTRA メンバー。
これまでにヴァイオリンを井川晶子、芦原充、玉井洋子、玉井菜採、豊嶋泰嗣、田村安祐美の各氏、ヴィオラを小峰航一氏、室内楽を上森祥平、Albert Lottoの各氏に師事。

福田 幸子(ヴィオラ)

大阪音楽大学卒業。大学院特別奨学生として大阪音楽大学大学院修了。関西新人演奏会、大阪音楽大学新人演奏会に出演。
在学中、チェコスークホールにてコンサートを行い好評を博す。
卒業後、原田幸一郎氏の勧めでヴィオラに転向。
2012年よりプロのオーケストラプレイヤーが集まる、アフィニス夏の音楽際に参加し室内楽のコンサートに出演。
四方恭子、ヘンリック・ホッホシルト、ポール・ペシュティ等の各氏と共演。
2013,14年、世界中で活躍するアジア系のプレイヤーが集まるアジアオーケストラに招集され、日本と韓国のツアーに参加。
2018年6月にバースデーヴィオラリサイタルを開催。
クラシックだけでなく宝塚歌劇団『ファントム』『麗しのサブリナ』、ナラピ!、音舞台収録、スタジオレコーディングなどにも携わる。
ヴァイオリンを杉山笙子、江村美由紀、松野弘明、林泉、北浦洋子、前橋汀子の各氏に師事。マスタークラスにてアレクサンダーアレンコフ、清水高師、原田幸一郎の各氏のレッスンを受講。
ヴィオラを鈴木康浩氏に師事。マスタークラスにて岡田伸夫氏のレッスンを受講。
現在ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽を中心に、関西、関東、九州のオーケストラでエキストラヴィオラ奏者として活動中。
後進の指導にも力をいれており
みるみる音が変わるナンバ式ヴァイオリン骨体操指導員
Method of Movement with Music(MMM)インストラクター資格を取得予定。

公式ホームページ https://tsuku2.jp/yukkofactory

島田 瑠萌(チェロ)

5歳よりチェロを始める。
堤剛、秋津智承、倉田澄子、クリストフ・ヘンケル、山崎伸子、故ヴォルフガング・ベッチャー各氏の公開レッスンを受講。
作曲家としても知られるチェロの名手、ダーヴィド・ポッパーの没後100年を記念する「ポッパーチェロコンクール」にて、大学生の部銅賞受賞。
第8回全日本芸術コンクールにて、チェロ部門関西大会、全国大会 共に最高位受賞。
北口大輔、斎藤建寛、林裕、近藤浩志各氏に師事。
相愛大学音楽学部卒業。卒業時に選抜され、いずみホール卒業演奏会に出演。
斎藤秀雄奨学生。
クラシックの他にもロックバンドとのコラボレーションやファッションショーへの出演等、ジャンルにとらわれない演奏活動を展開している。
現在、京都フィルハーモニー室内合奏団チェロ奏者。

佐々木 有紀(ピアノ)

桐朋学園大学付属子供のための音楽教室を経て、相愛高校音楽科、同大学音楽学部ピアノ専攻を首席で卒業。その後、桐朋学園大学院大学修士課程を修了。
第21回フリューゲルピアノコンチェルトフェスティバル夢コン全国大会本選優秀賞、グローバリスト・フィルハーモニー賞。第1回とやまクラシックピアノコンクール金賞、審査員特別賞受賞。第49回カワイ音楽コンクールSコースセミファイナル入選。
ニース夏期国際音楽アカデミー、京都フランス音楽アカデミーなど国内外のマスタークラスに多数参加。推薦され修了演奏会に出演。
高校卒業演奏会、大学卒業演奏会、関西音楽大学協会主催アンサンブルの夕べ、日本調律師協会主催よんよんコンサート等出演。大学院学内選抜オーディションを経て、円光寺雅彦指揮、桐朋アカデミーオーケストラとブラームスのピアノ協奏曲を共演する。また、ニューヨークフィルハーモニック首席トランペット奏者のクリストファー・マーティン氏のリサイタル伴奏を務めるなどアンサンブルピアニストとしても活躍するほか、センチュリーユースオーケストラ、フィルハーモニックウインズ大阪、相愛ウインドオーケストラなどオーケストラの鍵盤楽器奏者も務める。
これまでにピアノを西岡知子、坂本恵子、井上麻紀、岡田博美、田部京子、上田晴子、奈良希愛、小林仁の各氏に、室内楽を藤原浜雄、銅銀久弥の各氏に師事。

大阪府茨木市岩倉町2-150

立命館いばらきフューチャープラザ グランドホール