リアルインベストメント・アドバイザーズ@ヒルトン名古屋

2022.01.29 開場 13:30~/開演 14:00~

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

宇佐見 優(ヴァイオリン)

愛知県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。名古屋市立菊里高校音楽科を経て、愛知県立芸術大学音楽学部音楽科器楽専攻弦楽器コース卒業。
第66回全日本学生音楽コンクール名古屋大会高校の部入選。
第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクールに出場し、原田禎夫、ヴァーツラフ・レメシュ、百武由紀の各氏のマスタークラスを受講。
大学選抜による「MUSIC WEEKEND 2017 室内楽の楽しみ」「室内楽の夕べ vol.15,16」「第49回卒業演奏会」等に出演。
これまでにヴァイオリンを花井晶子、森下陽子、沼田園子、白石禮子の各氏に、室内楽を百武由紀、花崎薫の各氏に師事。
現在、室内楽を中心にヴァイオリン、ヴィオラ奏者として活動中。

金谷 寧々(ヴァイオリン)

山形県立山形北高等学校音楽科を経て、愛知県立芸術大学音楽学部器楽科弦楽器コース卒業。在学中、室内楽の夕べvol.15、16に出演。プラジャーク・カルテット、ハンス・クリスティアン・シュヴァイカー氏の公開レッスンを受講。第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクールに出場し、原田禎夫、ヴァーツラフ・レメシュ、百武由紀の各氏のマスタークラスを受講。現在、室内楽を中心に演奏活動を行なっている。これまでにヴァイオリンを大澤希代子、福本泰之の各氏に師事。室内楽を百武由紀、花崎薫の各氏に師事。

山内 佑太(ヴィオラ)

岐阜県出身。金沢大学を経て愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻弦楽器コース卒業。同大学院音楽研究科博士前期課程修了。在学中、学内選抜による室内楽の夕べVol.15、16、17、第49回卒業演奏会等に出演。第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクールにて、原田禎夫、ヴァーツラフ・レメシュ、百武由紀各氏のマスタークラスを受講。プラジャーク カルテット、ハンス・クリスティアン・シュバイカー、フォルクハルト・シュトイデ、レオ・デ・ネーヴェ、マティアス・ブッフホルツ各氏の公開マスタークラス受講。第17回大阪国際音楽コンクール 弦楽器部門Age-U入選。第13回セシリア国際音楽コンクール 弦楽器部門 奨励賞。第21回日本演奏家コンクール 一般Aの部
特別賞。これまでにヴィオラを石黒靖典、兎束俊之、百武由紀各氏に師事。室内楽を百武由紀、花崎薫、桐山建志、フェデリコ・アゴスティーニ各氏に師事。2021年より愛知室内オーケストラ ヴィオラ奏者。

貫名 紗詠(チェロ)

愛知県出身。9歳よりチェロを始める。
名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て、愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻弦楽器コース卒業。現在、同大学院音楽研究科博士前期課程音楽専攻弦楽器領域1年。
2010年から2016年までNHK名古屋青少年交響楽団に在籍。
第25回日本クラシック音楽コンクールチェロ部門高校の部全国大会入選。第2回P-NEXTチェロコンクール優秀賞及びあすて賞。
令和元年度、2年度公益財団法人 山田貞夫音楽財団奨学生。
学内の選抜オーディションにより、「室内楽の夕べVol.16,17,18,19」「室内楽の楽しみ2018,2019,2021」「第52回 卒業演奏会」に選抜、出演。愛知県立芸術大学音楽学部同窓会愛知支部ベルシェーヌ主催、「第17回 新人演奏会」に出演。
パトリック・ジー、中木健二、ユルンヤーコブ・ティム、アンドレアス・ティム、アンドレア・トラクスラー、シュテファン・コンツ、ルドヴィート・カンタ、クラウス・カンギーサー各氏の特別レッスンを受講。またシュテファン・コンツ、マティアス・ブッフホルツ各氏の室内楽の公開レッスンを受講。秋吉台ミュージック・アカデミー2012、オホーツク紋別音楽セミナー2017、2018、2019受講。
これまでに、チェロを岩田彩子、野村友紀、花崎薫、西谷牧人の各氏に、室内楽を桐山建志、白石禮子、花崎薫、平光真彌、フェデリコ・アゴスティーニの各氏に師事。
室内楽やオーケストラなど幅広く演奏活動を行う傍ら、後進の指導にあたる。

愛知県名古屋市中区栄1丁目3-3

ヒルトン名古屋