おもしろべんきょうクラブ@こどもフェスタ食堂

2021.11.16 開演 17:00~ (1時間の解説付コンサートです)

100万人のクラシックライブ「子どもたちに音楽を届けるプロジェクト」

キッズコンサート

大橋 ひさ(ヴァイオリン)

兵庫県神戸市出身のモダン・バロックヴァイオリン奏者。
兵庫県立西宮高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を卒業後渡仏。

パリ地方音楽院(CRR de Paris)最高課程演奏家コースにてコンサートディプロマ・上級音楽研究資格を取得し卒業。
ローザンヌ高等音楽院修士課程コンサート科ヴァイオリン専攻、ジュネーヴ高等音楽院修士課程古楽器実践課程バロックヴァイオリン専攻を卒業。在学中ジュネーブ音楽院ファウンデーションによる奨学金を受給。
ヴァイオリンを山田恵子、東儀幸、徳永二男、アニク・ルサン、ピエール・アモイヤル、パトリック・ジェネの各氏に師事。バロックヴァイオリンをフロランス・マルゴワール氏に師事。

スイスにて2013年より5年間ビール・ゾロトゥルンシンフォニーオーケストラアカデミー生および客演奏者、スイス各地にて演奏会に多数出演。
2018年に完全帰国。公益社団法人アンサンブル神戸メンバー。ソロレパートリーは中世ルネッサンス・バロックから近現代音楽までと幅広く、関西を中心に演奏活動を行っている。
http://hisaohashi.blogspot.com/

小野 文(ピアノ)

京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て、大阪音楽大学ピアノ専攻を首席で卒業、卒業時に最優秀賞を受賞。日本調律師協会主催「第12回よんよんコンサート」に出演。在学中、「第24回ピアノ・グランド・コンサート」にて大勝秀也指揮、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団とモーツァルト作曲《二台のピアノのための協奏曲k.365》で共演、学内選抜学生によるジョイントリサイタル「第22回ザ・カレッジ・コンサート」をはじめ多数の演奏会に出演。2015年、同大学院(修士課程)修了。修了演奏ではJ.S.バッハ『ゴルトベルク変奏曲』に取り組む。
京都ピアノコンクール2003C部門金賞及び京都新聞社賞。第26回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディションD部門全国大会出場、第27回同オーディションE部門地区優秀賞。第9回宝塚ベガ学生ピアノコンクール大学生部門第3位。第21回日本クラシック音楽コンクール大学女子の部全国大会第5位。2013年MusicAlp夏期国際音楽アカデミー(フランス)にてブルーノ・リグット氏に師事、修了演奏会に出演。2014年京都フランス音楽アカデミーにてジョルジュ・プルーデルマッハー氏のマスタークラスを受講。これまでに菅原ひろみ、石田純子、故竹内美知子、小出ひろみ、岡原慎也、青柳いづみこ、樋上由紀子の各氏に師事。大阪音楽大学研究生として研鑽を積む。
現在、関西を中心にアンサンブルピアニストとして精力的に活動するとともに、後進の指導にも力を注いでいる。大阪音楽大学付属音楽院講師、同大学演奏員。

CONCERT ARCHIVE

子ども達はクイズに積極的に答えてくれたり、手拍子で盛り上がったりコンサートを楽しんでいた様子だったと思います。これからも子ども達に音楽を届けていけたら素晴らしいと思います。

大橋 ひさ

元気いっぱいの子どもたちで、思いっきり手拍子してくれたり、たくさん発言してくれて楽しい会になりました。ラ・フォリアという全く手拍子を予測していない曲の終盤、激しい箇所で手拍子が自然と起こったとき、あまりにも予想外で驚いたと同時に「これぞ本物のラ・フォリアかもしれない!」とゾワッとしました。純粋な感性をもつこどもたちに音楽を届けることができてよかったです。 終演後はピアノに近寄ってくれた子たち(はじめてピアノを弾く子が凄く多かったです)に、ひとりずつ「ねこふんじゃった」をレッスン。今日の経験が少しでもみんなの小さな「自信」になってくれたら嬉しいです。素晴らしい機会をいただき、本当にありがとうございました。

小野 文

兵庫県神戸市兵庫区駅南通3-5-16 パッケージプラザ神戸兵庫店2F レンタルスペース&A

こどもフェスタ食堂