"子どもとみんなの" ちりん食堂@吉野コミュニティセンター

2021.12.20 開演 18:30~ (1時間の解説付コンサートです)

100万人のクラシックライブ「子どもたちに音楽を届けるプロジェクト」

キッズコンサート

吉田 優(ヴァイオリン)

1992年生まれ。
7歳よりヴァイオリンをはじめる。
2007年に大阪府立夕陽丘高等学校音楽科に入学。卒業後、2010年相愛大学音楽学部に入学。2011年10月にスラヴォミル・トマシック氏のマスタークラスを受講。2012年3月京都フランス音楽アカデミーにてレジス・パスキエ氏のマスタークラスを受講。2013年5月京都・国際音楽学生フェスティバルに参加。6月に五嶋みどり氏のマスタークラスを受講。2014年、2015年にミュージックセミナーinゆうばりで藤原浜雄氏のマスタークラスを受講。2016年8月に第45回堺市新人演奏会に出演。これまでにヴァイオリンを藤田素子、井上隆平、北村奈美、田辺良子、藤原浜雄、ヴィオラを竹内晴夫、室内楽を林裕、斎藤建寛、森田玲子、上田晴子、銅銀久弥の各氏に師事。2014年相愛大学音楽学部を卒業、並びに卒業演奏会出演。2016年桐朋学園大学院大学を修了。2019年桐朋オーケストラアカデミー研修課程修了。現在は関西を中心に演奏活動を行うほか、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室などで後進の指導にも当たっている。

東川内 梨沙(ピアノ)

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科を卒業後、渡欧。オーストリア国立ザルツブルグモーツァルテウム音楽大学にて学士過程をロルフ・プラッゲ教授、修士課程演奏家コース、ポストグラデュエイトコースをジャック・ルヴィエ教授のもとで研鑽を積み、共に満場一致の最優秀の成績で修了。その他ピアノソロを南依里、服部久美子、韓吏花、ピアノデュオをアンドレアス・グロートホイゼン、室内楽をヴォルフガング・レーディック、テュンデ・クルツ、ミヒャエラ・ギラルディなど各氏に師事。これまでにミヒャエル・シェーファー、アンドレア・ロッケジーニ、オリヴィエ・ギャルドンなどの各氏のマスタークラスに参加。
2013年イタリアで行われたドン・ヴィンツェンツォ・ヴィッティ国際コンクールにて第1位を受賞。日本、オーストリア、ドイツ、イタリア、フランスにて数多くの演奏会に出演。2017年よりスイスルツェルンに拠点を置くモーツァルト・アンサンブルのメンバーとして、オーストリア各地でソロ、室内楽の演奏活動を行う。2020年4月より豊中市立文化芸術センター「とよなか ARTSワゴン」レジデントアーティストに選出される。とんだばやし混声合唱団ピアニスト。日本クラシック音楽コンクール審査員。

大阪府大阪市福島区吉野4丁目3-21

吉野コミュニティセンター