第32回廃棄物資源循環学会研究発表会@岡山コンベンションセンター

2021.10.26 開演 12:40~

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

岩本 和子(ヴァイオリン)

東京音楽大学を経て同大学院修士課程修了。在学中より国内やドイツ各地のマスタークラスをソロ、室内楽、オーケストラ各分野で多数受講する。
ドイツIMK春期講習にてT.トマシェフスキー氏に師事、コレギウム・ムジクム・ポンマルスフェルデン城に招致されオーケストラ及び室内楽選抜メンバーとしてコンサートに出演。
2002年フランス・マレーシア親善演奏会出演。第17回大倉山水曜コンサート新人演奏会出演。ヴァイオリンを大谷康子、中島郁子、植田しづかの各氏に、室内楽を浦川宜也、苅田雅治の各氏に師事。近年は室内楽、レコーディング、邦楽器や日舞とのコラボレーション演奏など活動の幅を広げつつ、後進の指導にもあたる。関東を中心に弦楽四重奏『アントニオ・クヮルテット』の第一ヴァイオリン奏者としてこれまでに200回以上の公演を行う。又、東日本大震災被災地にて子供向けのコンサート企画・演奏活動なども行う。

籔内 利枝子(ピアノ)

くらしき作陽大学音楽学部音楽学科モスクワ音楽院特別演奏コース卒業。ピアノソロを坂田未知、江崎花絵、原千種、平井修二、アンドレイ・ピサレフ、ピアノデュオを柳井修の各氏に師事。
第20回香川音楽コンクール第1位。2005年に中島尚子氏とピアノデュオ「RINA」を結成し、第22回摂津音楽祭リトルカメリアコンクール銅賞を受賞、関谷弘志指揮、日本センチュリー交響楽団とプーランク作曲「2台ピアノと管弦楽のための協奏曲」を共演。
その他に、第1回大阪ピアノコンクールデュオ部門第2位、第6回かやぶき音楽堂デュオコンクールピアノ連弾部門第1位、第1回いしかわ国際ピアノコンクール2台ピアノ部門銀賞などを受賞。
現在、瀬戸フィルハーモニー交響楽団団員、女声合唱団宇多津コーロ・フィオーレ、伴奏ピアニスト。
ピアノデュオ、室内楽など幅広く演奏活動を行なっている。

岡山県岡山市北区駅元町14番1号

岡山コンベンションセンター