東日本福祉経営サービス@ローベル西台

2021.02.25 開場 13:30~/開演 14:00~

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

伊藤 みや乃(ヴァイオリン)

群馬県桐生市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。
群馬県立桐生高等学校理数科、国立音楽大学卒業。同大学大学院に進学し、ウィーン国立音楽大学への留学を経て、国立音楽大学大学院修士課程修了。
これまでにヴァイオリンを山口恵子、西田和子、大関博明、青木高志、Christian Dallingerの各氏に、室内楽を漆原啓子、風岡優、大関博明の各氏に師事。
第17回“長江杯”国際音楽コンクール第2位(第1位なし)、第10回横浜国際音楽コンクール第3位。国立音楽大学、群馬県より奨学金を受け、それぞれ第33回、第37回草津夏期国際音楽アカデミーを受講、Werner Hink、Paolo Franceschini各氏のヴァイオリンマスタークラスを修了。
大学の推薦やオーディション合格により、サントリーホールなど数々のデビューコンサートに出演。
現在はティーチング・アーティストとして、クラシック初心者の方々にも楽しんでいただけるコンサートを多数企画・開催している。
国立音楽大学非常勤講師。洗足学園音楽大学演奏補助要員。昭和音楽大学合奏・室内楽研究員。
弦楽四重奏団『ロザカル』団員。アンサンブルユニット『Trio doux』メンバー。

山内 悠里佳(ハープ)

国立音楽大学卒業。ハープ新人デビューコンサート2010に出演。11年12月にアメリカのシカゴで行われたミッド・ウエスト・ファイナル・コンサートに参加。12年大阪国際音楽コンクール弦楽器部門入選。13年レインボウ21に出演。パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団のジャパンツアーやシンフォニア・ヴァルソヴィアのラフォルジュルネ公演に出演するなど、オーケストラ、吹奏楽、室内楽など幅広く活動中。またアイリッシュハープでの演奏の場も広げ、株式会社DeNA配信アプリ「メギド72」のBGMや『公式が「メギド72」の楽曲を弾いてみた』のレコーディングに参加するなど、積極的に活動している。洗足学園音楽大学演奏補助員。これまでに三村真弓、篠崎史子、各氏に師事。

CONCERT ARCHIVE

ローベル西台さまでの演奏は、昨年10月に続き2度目でしたが、今回はハープとヴァイオリンによるデュオで演奏いたしました。ハープ奏者の山内悠里佳さんがミニサイズのレバーハープで共演してくださったおかげで、皆さまに「初めての体験」をお届けすることができました。このコロナ禍において、私達音楽家も様々な取り組みを行っておりますが、やはり生演奏を間近で聴いていただけることこそが私自身の「幸せ」に直結するのだと、改めて感じました。 ローベル西台の皆さま、100万人のクラシックライブのスタッフの皆さま、きめ細やかなサポートをありがとうございました。そして山内さん、いつものグランドハープからミニサイズのレバーハープに持ち替えて共演していただきまして、本当にありがとうございました!

伊藤 みや乃

お越し頂いたお客様から熱いお言葉を頂いたり、喜んでくださるお顔を拝見出来たことが奏者として大変光栄でした。

山内 悠里佳

東京都板橋区西台1丁目40-15

ローベル西台