こども班会「コペルくん」@コープおおさか病院検診センター2F 会議室

2021.03.27 開演 14:00~ (1時間の解説付コンサートです)

100万人のクラシックライブ「子どもたちに音楽を届けるプロジェクト」

キッズコンサート

井谷 珠綺(ヴァイオリン)

5歳よりヴァイオリンを始める。
大阪府立夕陽丘高等学校音楽科を経て、2021年3月大阪音楽大学ヴァイオリン演奏家特別コースを卒業。
第20回“万里の長城杯”国際音楽コンクール大学生の部第1位及び審査員特別賞。第14回バッハホール音楽コンクール一般の部金賞。
在学中、学内選抜オーディションを経て第29回ザ・コンチェルト・コンサートに出演。新通英洋氏、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を共演。
2018年同大学の海外提携校留学制度により交換留学生としてドイツ、フォルクヴァング芸術大学で学ぶ。
大阪音楽大学第63回定期演奏会にてコンサートマスターを務める。
2019,20年度公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生。
これまでにヴァイオリンを時本さなえ、井上隆平、Pieter Daniel、木田雅子、森下幸路の各氏に、室内楽を持丸秀一郎氏に師事。

小野 文(ピアノ)

京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て、大阪音楽大学ピアノ専攻を首席で卒業、卒業時に最優秀賞を受賞。日本調律師協会主催「第12回よんよんコンサート」に出演。在学中、「第24回ピアノ・グランド・コンサート」にて大勝秀也指揮、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団とモーツァルト作曲《二台のピアノのための協奏曲k.365》で共演、学内選抜学生によるジョイントリサイタル「第22回ザ・カレッジ・コンサート」をはじめ多数の演奏会に出演。2015年、同大学院(修士課程)修了。修了演奏ではJ.S.バッハ『ゴルトベルク変奏曲』に取り組む。
京都ピアノコンクール2003C部門金賞及び京都新聞社賞。第26回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディションD部門全国大会出場、第27回同オーディションE部門地区優秀賞。第9回宝塚ベガ学生ピアノコンクール大学生部門第3位。第21回日本クラシック音楽コンクール大学女子の部全国大会第5位。2013年MusicAlp夏期国際音楽アカデミー(フランス)にてブルーノ・リグット氏に師事、修了演奏会に出演。2014年京都フランス音楽アカデミーにてジョルジュ・プルーデルマッハー氏のマスタークラスを受講。これまでに菅原ひろみ、石田純子、故竹内美知子、小出ひろみ、岡原慎也、青柳いづみこ、樋上由紀子の各氏に師事。大阪音楽大学研究生として研鑽を積む。
現在、関西を中心にアンサンブルピアニストとして精力的に活動するとともに、後進の指導にも力を注いでいる。大阪音楽大学付属音楽院講師、同大学演奏員。

CONCERT ARCHIVE

本日はありがとうございました。目の前の子どもたちとコミュニケーションを取りながら進める演奏会で、私たちも一緒に楽しみながら演奏させていただきました。ヴァイオリンにもとても興味を示してくれて嬉しかったです。

井谷 珠綺

当日会場の様子をみて、予定していたプログラムから大きく変更し臨みました。 ラデツキー行進曲では、指揮者体験コーナーを企画。勇気を出してたくさんの子どもたちが立候補してくれました。ヴァイオリン、ピアノ、こどもたちと大人の参加者さんたち全員の手作りカスタネット(以前コペルくんでの活動で作られたものだそうです)&手拍子よる大合奏!みんなの音が一体となり、ちびっこ指揮者さんたちの素晴らしいタクトに会場は割れんばかりの大きな拍手に包まれました。 こどもたちは全員能動的で、音楽のことも沢山知っていて驚きました。聴くだけでなく特に後半プログラムでみなさんにガッツリ参加してもらえたことも、今までのクラシックライブから一線を超えたようで個人的に思い出に残る回となりました。 こうやって、一人でも多くのこどもたちに生の音楽に触れ合ってもらうチャンスが増えればいいなと心から思います。

小野 文

コンサートの様子(こども班会「コペルくん」@コープおおさか病院検診センター2F 会議室)

コンサートの様子(こども班会「コペルくん」@コープおおさか病院検診センター2F 会議室)

コンサートの様子(こども班会「コペルくん」@コープおおさか病院検診センター2F 会議室)

大阪府大阪市鶴見区鶴見3丁目6-22

コープおおさか病院検診センター2F 会議室