「としま文化の日」制定記念事業―あおのふるまいー池袋駅ストリートピアノ@JR大塚駅

2020.11.07 開演 11:00~ (30分の解説付コンサートです)

どなたでもお越しください
「100万人のクラシックライブは通常参加費1,000円ですが、豊島区のご招待のため無料としています」

林 佳南子(ヴァイオリン)

京都生まれ。都立芸術高校を経て、東京藝術大学卒業。
第11回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール高校生部門第1位。第13回同コンクール弦楽器の部大学生部門第1位。サイトウ・キネン・フェスティバル小澤征爾音楽塾など、国内外の講習会や音楽祭に参加。ソロ・室内楽で自主演奏会も行う。
これまでに小室由利恵、保井頌子、若林暢、澤和樹、野口千代光、小森谷巧の各氏に師事。
2012年9月~2015年2月、兵庫芸術文化センター管弦楽団コアメンバー。2015年3月~2019年9月、大阪フィルハーモニー交響楽団ヴァイオリン奏者。

宮野 志織(ピアノ)

東京都立芸術高校音楽科を卒業し渡仏、パリ国立地方音楽院ピアノ科を満場一致の首席で 卒業、同音楽院伴奏科・室内楽科を首席で修了及びブローニュ国立地方音楽院室内楽科を 首席で卒業し昨秋完全帰国。
ラニーシュールメルヌ国際ピアノコンクール金メダル受賞。第1回 Theatre du Passage les etoiles 音楽コンクール及び第88回レオポルドベラン国際音楽コンクール室内楽部 門第1位。第13回マルコフィオリンド国際音楽コンクール室内楽部門第2位。
またトゥールーズ近郊で行われた第4回 Chambre avec vue 音楽祭内のコンクールで入賞及び聴衆賞を受賞し第5回音楽祭で招待アーティストとしてリサイタルを開催。
ショパンミュージックアカデミー(ポーランド、ワルシャワ音楽大学)、及びニース国際音 楽アカデミーに参加し、修了時に教授推薦を受けワルシャワ音楽大学、ニース国立地方音 楽院でのコンサートに出演。
ショパン生誕200年を記念しパリ・ポーランド図書館で行われた国際交流演奏会に出演、 ウィーン放送交響楽団メンバーによる弦楽四重奏と共演、在日フランス大使公邸にて招待 演奏するなど多方面で精力的に活動している。
ピアノを堀江真理子、ミシェル・ベロフ、ジャン=マリー・コテの各氏に師事。伴奏法を アリアンヌ・ジャコブ、フィリップ・ビロス、室内楽をジェローム・ボワザン、エリック・ ルサージュ、ポール・メイエの各氏に師事。

CONCERT ARCHIVE

こちらの駅ピアノは、登場してすぐに話題になり、画像や動画の配信をされる方も多かったので、コンサート前からとても楽しみにしていました。この日も朝からピアノを弾きたい人が列になり、聴きたい人が集まって、音を楽しむ素敵な時間が流れていました。一体感の中で、美しいピアノに助けられ、私達も楽しく演奏させていただきました。こんなご時世だからこそ、「皆で一つの楽しみを共有する」魅力が再認識されたのでは、と思います。

林 佳南子

コンサートの様子(「としま文化の日」制定記念事業―あおのふるまいー池袋駅ストリートピアノ@JR大塚駅)

コンサートの様子(「としま文化の日」制定記念事業―あおのふるまいー池袋駅ストリートピアノ@JR大塚駅)

コンサートの様子(「としま文化の日」制定記念事業―あおのふるまいー池袋駅ストリートピアノ@JR大塚駅)

◆JR大塚駅のコンコースにて開催◆

東京都豊島区南大塚3丁目33-1

JR大塚駅