東横INN京都四条大宮

2020.02.23 開場 13:30~/開演 14:00~ (1時間の解説付コンサートです)

料金 1,000円(中学生以下は無料。乳幼児でもご参加できます。)

農頭 奈緒(ヴァイオリン)

農頭奈緒(のうがしらなお)
4歳よりヴァイオリンを始める。幼少時より、第6回~9回子どものためのヴァイオリンコンクール(京都)金賞。第9回は合わせて奨励賞を受賞。 第2回KOBE国際学生音楽コンクール神戸市長賞、第8回関西弦楽コンクール優秀賞及び審査員賞、第7回、8回日本演奏家コンクール全国第3位、第4回、6回大阪国際音楽コンクール入賞ほか多数受賞。
大阪音楽大学卒業。卒業時に優秀賞を受賞。明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生として研鑽を積む。大阪音楽大学大学院給付奨学生として同大学院修了。第32回霧島国際音楽祭にてD.ゲーテ教授マスタークラスを修了。選抜受講生による演奏会に出演。第22回、24回京都フランスアカデミーにてR.ドガレイユ、O.シャルリエ教授の公開マスタークラスを修了。
これまでに、辻久子、北浦洋子、宗倫匡、前橋汀子、久合田緑、森下幸路の各氏に師事。 室内楽をジャパン・ストリング・カルテットに師事。
ソリストとして、小田野宏之氏指揮、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団とシベリウス作曲ヴァイオリン協奏曲を共演。第6回、7回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール、ファイナリストとしてブルッフ、モーツァルトの協奏曲を故田中千香士氏指揮、同コンクール特別オーケストラと共演。室内楽では、弦楽四重奏を志す若者のための自由塾Phoenix OSAQA 2012~2017においてジャパン・ストリング・カルテットの指導を受ける。ザ・フェニックスホールにて修了コンサートに出演。学生時代より、弦楽四重奏、クラリネットトリオ、ピアノトリオ、ピアノ、ハープとのデュオほか様々な編成での室内楽に取り組んでいる。
2014年より、指揮者の佐渡裕氏が芸術監督を務める兵庫芸術文化センター管弦楽団(PACオーケストラ)に在籍。コアメンバー及びフォアシュピーラー(次席奏者)を経て、現在レジデント・プレイヤー。関西を中心に多くのオーケストラの公演に客演奏者として出演する他、ソリスト、室内楽奏者として幅広く活動中。
のうがしらヴァイオリン教室及び大阪音楽大学付属音楽院講師として後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

小野 文(ピアノ)

京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て、大阪音楽大学ピアノ専攻を首席で卒業、卒業時に最優秀賞を受賞。日本調律師協会主催「第12回よんよんコンサート」に出演。在学中、「第24回ピアノ・グランド・コンサート」にて大勝秀也指揮、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団とモーツァルト作曲《二台のピアノのための協奏曲k.365》で共演、学内選抜学生によるジョイントリサイタル「第22回ザ・カレッジ・コンサート」をはじめ多数の演奏会に出演。2015年、同大学院(修士課程)修了。修了演奏ではJ.S.バッハ『ゴルトベルク変奏曲』に取り組む。
京都ピアノコンクール2003C部門金賞及び京都新聞社賞。第26回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディションD部門全国大会出場、第27回同オーディションE部門地区優秀賞。第9回宝塚ベガ学生ピアノコンクール大学生部門第3位。第21回日本クラシック音楽コンクール大学女子の部全国大会第5位。2013年MusicAlp夏期国際音楽アカデミー(フランス)にてブルーノ・リグット氏に師事、修了演奏会に出演。2014年京都フランス音楽アカデミーにてジョルジュ・プルーデルマッハー氏のマスタークラスを受講。これまでに菅原ひろみ、石田純子、故竹内美知子、小出ひろみ、岡原慎也、青柳いづみこ、樋上由紀子の各氏に師事。大阪音楽大学研究生として研鑽を積む。
現在、関西を中心にアンサンブルピアニストとして精力的に活動するとともに、後進の指導にも力を注いでいる。大阪音楽大学付属音楽院講師、同大学演奏員。

京都府京都市中京区壬生坊城町6-2

TEL:075-803-1045