オオバ 12階大会議室

2019.12.19 開場 17:30~/開演 17:45~

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

伊藤 みや乃(ヴァイオリン)

群馬県桐生市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。
群馬県立桐生高等学校理数科、国立音楽大学卒業。同大学大学院に進学し、ウィーン国立音楽大学への留学を経て、国立音楽大学大学院修士課程修了。
これまでにヴァイオリンを山口恵子、西田和子、大関博明、青木高志、Christian Dallingerの各氏に、室内楽を漆原啓子、風岡優、大関博明の各氏に師事。
第17回“長江杯”国際音楽コンクール第2位(第1位なし)、第10回横浜国際音楽コンクール第3位。国立音楽大学、群馬県より奨学金を受け、それぞれ第33回、第37回草津夏期国際音楽アカデミーを受講、Werner Hink、Paolo Franceschini各氏のヴァイオリンマスタークラスを修了。
大学の推薦やオーディション合格により、サントリーホールなど数々のデビューコンサートに出演。
現在はティーチング・アーティストとして、クラシック初心者の方々にも楽しんでいただけるコンサートを多数企画・開催している。
国立音楽大学非常勤講師。洗足学園音楽大学演奏補助要員。昭和音楽大学合奏・室内楽研究員。
弦楽四重奏団『ロザカル』団員。アンサンブルユニット『Trio doux』メンバー。

CONCERT ARCHIVE

今回のライブは、㈱オオバさまの社内クリスマスイベントの中で開催させていただきました。「クリスマス ミニクラシックライブ」と題して、クラシック好きな社長さんからのリクエスト3曲と、クリスマスシーズンにぴったりな曲を組み合わせ、弦楽四重奏でお送りいたしました。 社員の皆さんは、クラシック音楽を聴く機会の少ない方々だと聞いていましたので、弦楽器の音の出る仕組みや演奏方法をご説明したり、それぞれの楽器の音や楽器同士の音の重なり合いを聴いていただいたり、作曲家に関するお話や曲に対する演奏家自身の思い入れなどをお伝えしたりと、多角的なアプローチを試みました。その結果、参加されたお1人お1人それぞれにとって、有意義な時間を過ごしていただけたようです。弦楽四重奏団ロザカルは「ティーチング・アーティスト(芸術を教えるだけでなく、芸術を通して人を教育することを、仕事の一部としている人)」としての活動に取り組んでいて、その経験を今回のライブに活かすことができたと感じています。 ㈱オオバさま、100万人のクラシックライブのスタッフの皆さん、色々な面でのサポートをありがとうございました。また弦楽四重奏のご依頼をいただけますことを願って、カルテットとしても精進してまいります。

伊藤 みや乃

演奏している時、真剣に聴いてくださっているのが伝わってきました。これからも良い音楽をお届け出来るよう精進して参ります。

青田 はるな

コンサートの様子(オオバ 12階大会議室)

コンサートの様子(オオバ 12階大会議室)

東京都千代田区神田錦町3丁目7番1号 興和一橋ビル12F

オオバ 12階大会議室