東日本福祉経営サービス@ル・レーヴ南浦和

2019.09.28 開場 13:30~/開演 14:00~

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

柳垣 智子(ヴァイオリン)

愛媛県出身。5歳よりヴァイオリンを始め、砂野朱美、三上徹、山岡耕作、三戸康雄、景山誠治、ヤチェック・クリムキーヴィッチ、ヴォルフガング・ラウシュ、シュテファン・シャルトの各氏に師事。
東京音楽大学在学中、よんでん文化振興財団の奨学生となる。また、学内選抜による奨学生としてザルツブルク、モーツァルテウム・サマーアカデミーに参加。全四国音楽コンクールにおいて3度の最優秀賞受賞、日本クラシックコンクールにて2度の好演賞受賞など数々のコンクールで入賞を重ねている。
2005年に渡独、ドイツエッセン市フォルクヴァンク芸術大学を最優秀で卒業、orchsterzentrum NRW修了。在学中エッセンのフィルハーモニーで行われたHK Gruberによるワークショップでコンサートミストレスを務める。ダルムシュタット州立歌劇場、ヴュルテンベルクフィルハーモニー管弦楽団にて研鑽を積み、2010年より7年間ヴュルテンベルクフィルハーモニー管弦楽団第1ヴァイオリン奏者正団員として活動するとともに近隣のオペラ劇場での演奏やアンサンブルなどの活動をした。2017年夏に活動の拠点を東京に移し、演奏活動の他、池袋にてヴァイオリン教室を行っている。
https://ameblo.jp/violinlesson-germany/

菅原 成美(ピアノ)

東京都生まれ。東京都立芸術高校を経て、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。
在学中より、(株)ユーロピアノ・セカンドサンデーコンサートや大田区アプリコティーサロンコンサート等に出演。
パリでのピアノマスタークラス、草津国際音楽祭、ムジークアルプ(フランス)講習会に参加。
2013年より毎年ソロや室内楽で演奏会を行い、ウィーンフィル元チェロ奏者のアダルベルト・スコチッチ氏をはじめ、ウィーン交響楽団首席ヴィオリストのヘルベルト・ミュラー氏、ヴァイオリンのクリストフ・エーレンフェルナー氏、チェロの水谷川優子氏、久武麻子氏と共演。また、2016年より「100万人のクラシックライブ」に出演。
これまでに本多昌子、高木早苗、玉置善己、朴久玲の各氏に師事。
公開レッスンやマスタークラス等で、パスカル・ドゥバイヨン、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、今峰由香、今井顕、村田理夏子の各氏のレッスンを受講。
東京都内の公立中学校に教諭として勤務したのち、東京都内の公立中学校・私立高校講師及び後進の指導にあたっている。全日本ピアノ指導者協会会員。

()

埼玉県さいたま市南区大字大谷口967-1