東日本福祉経営サービス@ル・レーヴ羽生古島

2020.01.26 開場 13:30~/開演 14:00~

※関係者向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

伊藤 みや乃(ヴァイオリン)

群馬県桐生市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。
群馬県立桐生高等学校理数科、国立音楽大学卒業。同大学大学院に進学し、ウィーン国立音楽大学への留学を経て、国立音楽大学大学院修士課程修了。
これまでにヴァイオリンを山口恵子、西田和子、大関博明、青木高志、Christian Dallingerの各氏に、室内楽を漆原啓子、風岡優、大関博明の各氏に師事。
第17回“長江杯”国際音楽コンクール第2位(第1位なし)、第10回横浜国際音楽コンクール第3位。国立音楽大学、群馬県より奨学金を受け、それぞれ第33回、第37回草津夏期国際音楽アカデミーを受講、Werner Hink、Paolo Franceschini各氏のヴァイオリンマスタークラスを修了。
大学の推薦やオーディション合格により、サントリーホールなど数々のデビューコンサートに出演。
現在はティーチング・アーティストとして、クラシック初心者の方々にも楽しんでいただけるコンサートを多数企画・開催している。
国立音楽大学非常勤講師。洗足学園音楽大学演奏補助要員。昭和音楽大学合奏・室内楽研究員。
弦楽四重奏団『ロザカル』団員。アンサンブルユニット『Trio doux』メンバー。

室井 悠李(ピアノ)

4歳よりピアノを始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科を卒業。大学ピアノ専攻卒業演奏会に出演。第23回KOBE国際コンクール最優秀賞第1位、兵庫県教育委員会賞。第19回万里の長城杯国際音楽コンクール第1位、審査委員長賞。第11回かやぶき音楽堂国際ピアノデュオコンクール第1位グランプリ、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2018 第3位。その他国内、国際コンクールに入賞。学内成績優秀者によるStudents'Concert、室内楽演奏会に出演。モーツァルテウム夏期国際音楽セミナーにてDaejin Kim、Elisso Virsaladzeの各氏のマスタークラスを受講、選抜アカデミーコンサートに出演。
これまでにピアノを雨田のぶ子、本村久子、川島伸達の各氏、室内楽を藤井一興、加藤真一郎の各氏に師事。

CONCERT ARCHIVE

今回のライブは、こちらの施設の「1月のお誕生日会」の中で開催させていただきました。「春を迎えるクラシックコンサート」として、ヴィヴァルディ作曲「冬」第2楽章、ベートーヴェン作曲「スプリング・ソナタ」第1楽章、宮城道雄作曲「春の海」、シュトラウス2世作曲ワルツ「美しく青きドナウ」を演奏いたしました。 「みんなで歌おう!唱歌タイム♪」で「早春賦」をご一緒させていただいたのですが、ピアノの素敵な前奏が流れると「あぁこの曲ね」という雰囲気が会場中に広がり、スタッフの方々の熱心なサポートのおかげで、お集まりの皆さまと音楽を共有することができました。また、アンコールとして演奏させていただきました、シュトラウス1世作曲「ラデツキー行進曲」では、皆さまに手拍子で参加していただくことができ、そのまま大きな拍手をいただいてライブを締めくくることができました。お集まりの皆さまのお声や手拍子のリズムと、私達の音楽が重なり合い、会場内に大きなアンサンブルが生まれたのを体感して、幸せだな、楽しいなと思いながら演奏していました。 ル・レーヴ羽生古島の皆さま、100万人のクラシックライブのスタッフの皆さま、色々な面でのサポートをありがとうございました。そして、今回初共演となりましたピアニストの室井悠李さん、素晴らしいエスコートをありがとうございました!

伊藤 みや乃

当日は、東日本福祉経営サービス ル・レーヴ羽生古島の皆様、御関係者様より沢山のご尽力をいただきまして無事に終演することができました。 お客様も温かく迎えてくださり、こちらの企画にも参加下さいまして、演奏家としても実りのある本番を経験することができました。その場、環境に応じた演奏が求められる中で、このような演奏会のニーズを広めるためにも、自らがまず歩み寄ることからはじめ、今後も精進して参ります。引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。

室井 悠李

埼玉県羽生市大字下羽生1039-1

ル・レーヴ羽生古島