富士山河口湖音楽祭@山梨赤十字病院 食堂

2019.08.14 開場 14:30~/開演 15:00~ (45分の解説付コンサートです)

どなたでもお越しください。(100万人のクラシックライブは通常参加費1,000円ですが、富士山河口湖音楽祭では特別に無料としています)

青嶋 祥代(ヴァイオリン)

桐朋学園大学音楽学部を経て、同大学研究科修了。
ソリストとして名古屋フィルハーモニー交響楽団、江戸川フィルハーモニーオーケストラとヴァイオリン協奏曲を共演。ソロや室内楽で演奏活動を行う他、幼稚園や小学校を中心にアウトリーチ活動も積極的に行う。
第18回、ならびに第23回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、第6回岐阜国際音楽祭コンクール第1位、第30回江戸川区新人演奏会オーディション弦楽器部門第1位、東京国際芸術協会第59回新人演奏会オーディション合格、ならびに優秀新人賞受賞。また、旭川・ウィーン国際ヴァイオリンセミナー、ニューヨーク・サミット・ミュージック・フェスティバル、クールシュベール夏期国際音楽アカデミー、ミュージックセミナー in TOMAMU、クールシュベール国際音楽アカデミーinかさま、モーツァルテウム音楽大学夏期国際音楽アカデミー等国内外の音楽セミナーに参加しマスタークラスを受講する。
これまでにヴァイオリンを故近藤富雄、近藤富士雄、故上田明子、神戸潤子、辰巳明子各氏に、室内楽を堤剛、徳永二男、藤井一興、佐々木亮、柳瀬省太各氏に師事。

高見 秀太朗(ピアノ)

桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。第19回日本クラシック音楽コンクール最高位、世界クラシック第2位。モーツァルテウム国際夏期アカデミー コンクール入賞。高校/大学 Students' Concert、高校/大学卒業演奏会、大学ピアノ科卒業演奏会、日本調律師協会 新人演奏会出演。ピアノを木村 徹氏、仲道 郁代氏に師事。
音楽団体「MECP事務局」代表を務める。東北での音楽交流・教育支援や、各地の学校などでの特別授業・指導・ワークショップの実施、伴奏者として多くの演奏活動、子どもから高齢者まで様々な場面の演奏企画・運営による音楽環境づくりを行い、幅広く精力的に活動している。
宮城県文化振興財団 アウトリーチ登録アーティスト。現在宮城教育大学教職大学院に在籍し、「心をつなげる」音楽科教育の研究と実践を行う。

山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1