開倫塾高根沢校

2018.11.30 開場 18:50~/開演 19:20~

料金 無料(100万人のクラシックライブは通常参加費1.000円ですが、塾創立40周年記念行事として無料としています)

永井 公美子(ヴァイオリン)

1993年 第1回五嶋みどり公開レクチャーコンサートに出演。第47回全日本学生音楽コンクール東京大会 小学生の部 第2位受賞。1995年 第49回全日本学生音楽コンクール東京大会 中学生の部 第3位。1999年 ドイツ・アウグスブルグで行われた第4回レオボルド・モーツアルトコンクールにてFörderprämie賞受賞。入賞者演奏会に出演。国立大学附属音楽高等学校50周年記念コンサートに桐朋学園代表として出演。2002年 ハンガリーで開催された「ブダペスト春の音楽祭」に招待され、リサイタルを開催。みどり教育財団10周年記念コンサートに出演。イタリアのミラノで開催された第23回ミケランジェロ・アバド国際コンクールで優勝。ミラノにて入賞者演奏会に出演。2003年 サイトウキネン室内楽勉強会に参加。町田市主催「永井公美子ヴァイオリン・リサイタル」に出演。2004年 小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトに参加。JTが育てるアンサンブルシリーズにて今井信子氏と共演。2005年 クレモナのAccademia Walter Staufferの特別奨学生に選ばれサルヴァトーレ・アッカルド氏の下で研鑽を積む事が決まる。キジアーナ音楽院にて特別賞を受賞し、シエナにて「タレンティ・キジアーナ2005.永井公美子リサイタル」に出演。2007年 ポーランドで行われたMiedzynarodowego国際コンクールにてグランプリ受賞。2009年 クレモナにてスタウファ―財団ガラコンサートに出演。イタリア サロで行われたプレミア ガスパーロ デ サロ2009(Premio Gasparo di salo)でグランプリを受賞。
2006年~2008年、(財)ヤマハ音楽振興会の留学奨学生。
これまでに、コジマムジカ・コレギア、国立フランクフルト交響楽団、プラハ室内管弦楽団、Orchestra Della Toscana、ヴェルニゲローテ管弦楽団、山形交響楽団、日本シンフォニー、ら数多くのオーケストラと共演。
2011年、「小澤征爾音楽塾 中国公演」では、コンサートミストレスを務める。
世界各国でサルヴァトーレ・アッカルド、アントニオ・メネセス、五嶋みどり、今井信子、深沢亮子、及川浩治、佐藤卓史、外山啓介ら著名な音楽家と室内楽を共演し、好評を得る。
桐朋学園大学音楽学部を卒業。
ハノーファー音楽演劇大学に留学し、同大学を首席で卒業。ドイツ国家演奏家資格を取得しハノーファー音楽演劇メディア大学ソロクラス(大学院)を卒業。
これまでに、天満敦子、辰巳明子、ヘルマン・クレバース、サルヴァトーレ・アッカルド、クリストフ・ヴェグジンの各氏に、室内楽を今井信子氏に師事。

(社)全日本ピアノ指導者協会演奏家会員。
現在、ソロ・室内楽の演奏活動の傍ら、桐朋学園大学付属音楽教室(目黒教室)各校にて、後進の指導に当たっている。

菊地原 冴子(ピアノ)

山梨県甲府市出身。山梨英和高等学校を経て、東京音楽大学卒業、優秀者によるピアノ卒業演奏会に出演。洗足学園音楽大学大学院修了、首席によるグランプリ特別演奏会に出演。第7回大阪国際音楽コンクール アブニール賞、第12回ショパン国際ピアノコンクールin Asia 銀賞、第12回日本アンサンブルコンクール リートデュオ部門 優秀演奏者賞・全音楽譜出版社賞、第8回ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan 銀賞、第2回東京ピアノコンクール 第1位など受賞。これまでイタリアにてマスタークラス修了演奏会および「ラ・ボエーム」公演のピアニスト、また洗足学園音楽大学にてピアノ伴奏員を務めた。自主リサイタルや室内楽など多くの演奏会に出演し、ムジカノーヴァ・CHOPINなどの音楽専門誌において高評を得る。ピアノを篠原ますみ、田村宏、関根有子、神代麻子、吉武雅子の各氏に、ソルフェージュを松本日之春、名取久子の各氏に、室内楽を安永徹、市野あゆみ、江口玲の各氏に師事。 ソロ・室内楽の演奏活動と後進の指導に力を注いでいる。全日本ピアノ指導者協会会員。山梨県立大学講師。

栃木県塩谷郡高根沢町光陽台3-15-4