ミリーヴ WACの会@学びやの里「木魂館」

2018.11.23 開演 11:45~

※会員向けコンサートのため、一般の方はご参加いただくことができません。

野上 幸子(ヴァイオリン)

福岡県出身
2歳よりバイオリンを始め、5歳で初の海外演奏を行う。高校卒業後、ベルギーへ単身渡欧。ベルギー国立レメンス音楽大学、同大学院 を最高成績で卒業。在学中はコンサートマスターやソリストとして活躍し、指導助手を勤めながらヨーロッパ各地で公演を行い「心地よく清らかな癒しの音 色の中に情熱を感じる」と好評を博す。
第3回 弥生の里音楽コンクール小学生部門 金賞(第1位), 同時に RKB 毎日放 送賞の両賞を受賞 / 第2回ヴェルデ音楽コンクール グランプリ(総合第1位) / 第6回 大阪国際音楽コンクール全国ファイナリスト / 第16回 日本クラッシック音楽コンクール優秀賞/全国大会出場 / 第59回全日本学生音楽コンクー ル本選出場 / 第23回 IBLA 国際音楽コンクール(イタリア) 全楽器総合部門第3位を受賞。
これまでに村上史、良永季美枝、三木妙子、川口ヱリサ、Nico Baltussen、室内楽を Marc Tooten、Frans Vos、酒井まき子、バロックヴァイオリンを赤津眞言、各氏に師事。また、オーディションにてザハール・ブロン氏、五嶋みどり氏のレッスン生となる。
帰国後はクラッシック音楽に限らず、ポップスやロック、フォークミュージックなど、ジャンルを超え多方面で精力的に活動している。

近見 りり子(ピアノ)

明光学園高等学校音楽コース卒業。
武蔵野音楽大学器楽学科卒業、同大学院修士課程修了。
大学在学中、福井直秋記念奨学生に選ばれ、学内選抜コンサート、卒業演奏会、修士課程新人演奏会等に出演。
武蔵野音楽大学インターナショナル・サマースクール・イン・トウキョウを3度受講。アレキサンダー・セメツキー氏、アルヌルフ・フォン・アルニム氏にレッスンを受ける。
修士在学中から、東京で2台ピアノのコンサートや、クラリネット・フルート・ピアノのトリオのコンサートを企画するなど積極的に演奏活動を行い、地元福岡でも母校である明光学園のOGを集めたコンサートを企画、2015年には自身初のリサイタルを開催した。
これまでに、ピアノを三宅奈津美、三亀麗子、藤波喜和子、エレーナ・アシュケナージの各氏に、室内楽をクレメンス・ドル氏に師事。
現在は、地元福岡を中心に演奏活動を行いながら、ピアノ講師、明光学園高等学校音楽科講師として後進の育成にも励んでいる。

CONCERT ARCHIVE

コンサートの様子(ミリーヴ WACの会@学びやの里「木魂館」)

コンサートの様子(ミリーヴ WACの会@学びやの里「木魂館」)

コンサートの様子(ミリーヴ WACの会@学びやの里「木魂館」)

熊本県阿蘇郡小国町北里371-1