福島トヨペット@安積歴史博物館

2016.12.04 開場 13:30~/開演 14:00~

料金 1,000円(高校生まで無料)

加藤 菜々子(ヴァイオリン)

3歳よりヴァイオリンをスズキ・メソード才能教育研究会郡山支部にて田中洋子氏に師事。
2003年フランスにてパリ市立音楽院才能教育ヴァイオリン講師館ゆかり氏マスタークラスで学ぶ。
2005年三春交流館まほらホールにて初リサイタルを開催。
2007年福島県立安積高等学校を経て、桐朋学園大学音楽学部入学。
2008年6月郡山市民文化センターにてスロヴァキア交響楽団とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲で共演。
同年10月には喜多方市長床にてアマデウス室内管弦楽団と同協奏曲で共演。
2009年The 5th Euroasia Music Festival Competition において第3位、受賞者コンサートに出演。
2010年6月安積高等学校吹奏楽部定期演奏会にて協奏曲で共演。
同年11月には郡山市民オーケストラ定期演奏会にてチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で共演。
2012年12月には地元・郡山市にて2回目のリサイタルを開催。
2013年よりピアニスト小池美奈とDuo Étoiles(デュオ エトワールズ)を結成。定期的に公演を東京や地元・郡山で開催。
2016年10月に、会津市民オーケストラとブルッフのヴァイオリン協奏曲を共演。
福島県出身の演奏家で結成されたアンサンブル ボヌールのヴァイオリン奏者。
これまでにヴァイオリンを小森谷巧氏、木野雅之氏に、マスタークラスレッスンでクシシュトフ・ヴェグジン、ドラ・シュヴァルツベルグ、ヤン・ソンシクの各氏に、およびヴィオラを江戸純子氏、室内楽を恵藤久美子、梅津南美子、三瀬和朗、森山智宏の各氏に師事。

圓谷 俊貴(ピアノ・チェンバロ)

福島県石川郡古殿町出身。5歳よりピアノを、17歳より声楽を始める。福島県立安積高等学校卒業。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。声楽を割谷由美子、佐藤淳一、高橋啓三、鈴木寛一の各氏に師事。声楽科在学中、特別招聘教授Gerd Türk氏に師事し古楽の世界に傾倒。鍵盤奏者への転身を決心。東京藝術大学音楽学部器楽科古楽チェンバロ専攻に進学し、2016年3月に卒業。 チェンバリスト、通奏低音奏者として様々な公演に参加。また、ピアノとフォルテピアノを小倉貴久子氏に師事し、研鑽を積む。チェンバロを大塚直哉の各氏に、また、これまでにピアノを本橋美恵子、浅野純子、関根有子、佐藤俊の各氏に師事。久保田チェンバロ工房のスタッフとしてチェンバロ製作にも積極的に取り組み、楽器メンテナンスや調律師としても修行を積む。

松野 愛梨(ヴァイオリン)

橘小、郡山二中出身、県立安積高校2年
幼少期より二瓶真実子氏に師事。
第22回 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 小学校高学年の部 第5位
日本学校合奏コンクール2013 全国大会ソロ&アンサンブルコンテスト ソロ部門 中学校の部 金賞
第20、21回 日本クラシック音楽コンクール全国大会 入選

福島県郡山市開成5-25-63