福田会

2015.09.12 開場 16:30~/開演 17:00~

料金 1,000円(中学生以下は無料。乳幼児でもご参加できます。)

鈴木 慧悟(ヴィオラ)

17歳よりヴィオラを始める。ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクール2014第1位グランプリ受賞。日本演奏連盟主催新進演奏家プロジェクトにて名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演。六花亭ホールはばたく若手シリーズ、プロジェクトQ第11、12章、北九州国際音楽祭等に出演。ヴィオラスペース、ラ・フォル・ジュルネ オ・ジャポン2014、アルゲリッチ音楽祭、パブロ・カザルス国際音楽アカデミー等にて、今井信子、アントワン・タメスティ、川本嘉子各氏のマスタークラスを受講。ヴィオラを佐々木亮氏に師事。カーティス音楽院在籍。

小池 星花(ヴァイオリン)

桐朋学園大学附属子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科を経て、現在ミュンヘン国立音楽演劇大学に在学中。 第60,61,67回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。第3回国際ジュニア音楽コンクールE部門第1位、第4回横浜国際音楽コンクール第2位、第12回日本演奏家コンクール第2位。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2013ユース部門特別賞。ルツェルン・フェスティバルARKNOVA松島2013に出演。国際音楽祭NIPPONにて、諏訪内晶子氏のマスタークラスを受講。PMF2014に参加。小澤征爾音楽塾オーケストラとしてサイトウ・キネン・フェスティバル松本に参加。これまでに、宮嶋真理、奥田雅代、久保良治、堀正文の各氏に、現在Prof. Ingolf Turbanに師事。

下島 万乃(チェロ)

3歳より故星野明道氏のもとで、チェロを始める。第12回大阪国際音楽コンクールIIIコンチェルトコース1位、第4回徳島音楽コンクール弦楽器部門グランプリ、第22回日本クラシック音楽コンクール弦楽器中学生部門1位(グランプリ)、第15回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上の部銀賞等を受賞。2012年、2014年イタリアカリアリ夏季国際音楽アカデミーに参加、修了演奏会に出演。2013年アンサンブル神戸と共演。現在、中木健二氏に師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学在学中。

樋高 雄太(ピアノ)

1995年東京生まれ。3歳よりピアノを始める。桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
2009年第33回ピティナ・ピアノコンペティション ソロ部門D級金賞及び讀賣新聞社賞・あすなろ賞、2010年第3回Solhi Al Wadi国際ピアノコンクール(シリア)ジュニア部門第2位、2017年第27回日本クラシック音楽コンクール大学男子の部第5位、2018年第9回東京ピアノコンクール2台ピアノの部第3位。
NAGANO国際音楽祭、ミュージックセミナーinトマム等の講習会に参加。
これまでにピアノを日下部佳世子、故・武田宏子、碓井俊樹、中井恒仁、有吉亮治、室内楽を加藤真一郎、木村徹、指揮を梅田俊明の各氏に師事。現在、桐朋学園大学研究科指揮専攻1年在学中。

CONCERT ARCHIVE

終演後、お客様から「ヴィオラを好きになった」「これからヴィオラの曲も聴いてみたい」と言ったことを言って頂けてとても嬉しかったです。
また皆さんに聞いて頂けるようにこれからも努力していきたいです。
今回は本当にありがとうございました。

鈴木 慧悟

今日はずっと一緒に演奏したいと思っていたメンバーと演奏ができたので、とても楽しかったです。お客様がクラシックに真剣に耳を傾けて下さっているのを間近で感じることができたので、空気感がとても心地よかったです。
ありがとうございました。

小池 星花

今回はあこがれの先輩方と一緒に演奏することができて、本当に嬉しいです。先輩方とは学校が違いますので、このような機会をいただき、とても感謝しています。曲も私にとってはとても刺激的で、一度弾いてみたかったベートーヴェンの眼鏡、初めて知ったタネーエフ、すごく楽しく演奏させていただきました。終演後にいろいろな方々からお声をかけていただきました。
この素敵なライヴが更に大きく広がり、たくさんの方がクラシックを楽しんで下さいますよう、お祈りしています。

下島 万乃

普段あまり取り上げられることのないヴィオラ作品を演奏させていただき、とても勉強になりました。
また弾かせて頂けるよう、今後も精進致します。
ありがとうございました。

樋高 雄太

東京都渋谷区広尾