東横INN徳島駅眉山口

2017.12.10 開場 12:30~/開演 13:00~

料金 1,000円(中学生以下は無料。乳幼児でもご参加できます。)

岩本 和子(ヴァイオリン)

東京音楽大学を経て同大学院修士課程修了。在学中より国内やドイツ各地のマスタークラスをソロ、室内楽、オーケストラ各分野で多数受講する。
ドイツIMK春期講習にてT.トマシェフスキー氏に師事、コレギウム・ムジクム・ポンマルスフェルデン城に招致されオーケストラ及び室内楽選抜メンバーとしてコンサートに出演。
2002年フランス・マレーシア親善演奏会出演。第17回大倉山水曜コンサート新人演奏会出演。ヴァイオリンを大谷康子、中島郁子、植田しづかの各氏に、室内楽を浦川宜也、苅田雅治の各氏に師事。近年は室内楽、レコーディング、邦楽器や日舞とのコラボレーション演奏など活動の幅を広げつつ、後進の指導にもあたる。関東を中心に弦楽四重奏『アントニオ・クヮルテット』の第一ヴァイオリン奏者としてこれまでに200回以上の公演を行う。又、東日本大震災被災地にて子供向けのコンサート企画・演奏活動なども行う。

加島 華奈子(ピアノ)

高松市立第一高等学校を卒業後、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院の本科を経て、同音楽院の研究科を修了。
V.カステルスキー、細田淑子、A.シプコー、Y.スレサレフに師事。室内楽をA.ボンドリャンスキー、N.コーガン、伴奏法をボンダレンコに師事。
これまでにタニーエフ国際アンサンブルコンクールにて現代音楽賞を受賞。ピエトロアルジェント国際音楽コンクール第二位(イタリア)カラマーノフ国際ピアノコンクール(ウクライナ)においてディプロマ、そしてカラマーノフ特別賞など国内外多数受賞。2011年にはイタリアにてソロリサイタルに招かれる。ロシアでは審査員として招かれるなど多方面で活躍している。近年ではチャイコフスキー記念モスクワ音楽院/付属中央音楽学校の著名な教授を日本へ招聘しロシアピアニズムメソッド・ヴァイオリンの教育を広める活動を国内各地で行う。また演奏家や音楽業界での活躍を目指す若い学生を対象にしたマスタークラスをロシア・モスクワ音楽院にて開催するなど幅広く活躍している。

CONCERT ARCHIVE

徳島県徳島市東大工町2-7