戻る

吉武	優吉武 優(ピアノ)

吉武 優(ピアノ)

吉武 優(Masaru YOSHITAKE)
東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経て、同大学大学院音楽研究科修了。修了時に成績優秀者に送られる藝大クラヴィーア賞受賞。大学院在学中、ティーチングアシスタントも務める。またベルリン芸術大学にても研鑽を積み、公益財団法人ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生としてDiplom課程を最優秀の成績で卒業、文化庁新進芸術家海外研修員として同大学Konzertexsamen(国家演奏家資格)課程を修了し、国家演奏家資格を取得。2016年夏、6年に渡る留学生活を終え完全帰国。
2002年第56回全日本学生音楽コンクール福岡大会高校の部第3位。2009年第28回飯塚新人音楽コンクール及び第7回かずさアカデミア音楽コンクール第1位。第13回松方ホール音楽賞奨励賞(第2位)受賞。2011年第18回アルトゥールシュナーベル国際音楽コンクール(ドイツ)奨励賞。2012年第81回日本音楽コンクールファイナリスト。2014年第60回マリア・カナルス国際音楽コンクール(スペイン)にて審査員満場一致のメダルを受賞。ケルン国際音楽コンクール(ドイツ)及び第69回ジュネーヴ国際音楽コンクール(スイス)セミファイナリスト、他多数。
これまでに、ショパンフェスティバルin表参道、みどり音楽企画主催マレキアーレコンサート、日本音楽コンクール入賞者シリーズ、東京藝術大学表参道フレッシュコンサート、マコン音楽祭(フランス)、 Euro Arts Music Festival(ドイツ)、Rheingau Music Festival(ドイツ)、SOMUS Music Festival(セルビア)、在ドイツ日本国大使館(ベルリン)に招かれてリサイタル出演の他、オーストリア、スイス、スペイン、イタリアにてリサイタル、演奏会に多数出演。また、読売日本交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、芸大フィルハーモニア、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、セントラル愛知交響楽団、九州交響楽団等、多数のオーケストラと共演。
これまでに、山野皙子、山本英二、碓井貴美子、野島稔、渡邊健二、A.Pisarev、G.Tacchino、J. Rouvier、D.Yoffeの各氏に師事。
現在、桐朋学園大学音楽学部、東京藝術大学音楽学部各ピアノ科非常勤講師。

close
吉田	朝子吉田 朝子(ピアノ)

吉田 朝子(ピアノ)

パリ地方音楽院にてコンサーティストディプロムを、リュエイユ=マルメゾン地方音楽院にて最高課程ディプロムを満場一致の一等で取得。
仏クロードカーンコンクール、レオポルトベラン国際コンクール、ミュージカルフランス国際コンクール、各コンクールで優勝し、パリ・ショパンフェスティバルを始めフランスやスペインの国際音楽祭に出演。
仏作曲家ギーサクル作品の日本初演、仏サンボネ劇場でのリサイタルなど、国内外で積極的にソロやアンサンブルでの演奏活動を行い、札幌交響楽団のエキストラも務める他、後進の指導にも当たっている。

close
吉田	琢磨吉田 琢磨(ピアノ)

吉田 琢磨(ピアノ)

中学校卒業後、渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院在学中にパリ国立高等音楽院入学。2007年ピアノ科卒業。
その後エコールノルマル音楽院にて研鑽を積む。
第9回イル・ド・フランス国際ピアノコンクール第2位入賞。第6回テレザ・リャックーナ国際ピアノコンクール第3位入賞。
現在は活動拠点を日本へ移し、ソロや室内楽による演奏活動とともに、レッスン等も行う。
一般社団法人全日本ピアノ指導者協(PTNA)正会員。

close
吉原	清香吉原 清香(ピアノ)

吉原 清香(ピアノ)

1994年東京都出身。第60回全日本学生音楽コンクール小学生部門東京大会奨励賞。同コンクール第61回中学校の部、第65回高校の部東京大会入選。2008年ザルツブルク夏季音楽アカデミーに参加。クリストフ・リースケ氏に師事。アカデミアコンサートに出演。第13回"長江杯"国際ピアノコンクール 高校生の部にて第一位。 第12回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-Hアブニール賞。多摩フレッシュ音楽コンサート2011にて優秀賞(第2位)。これにより2012年3月に初めてのソロリサイタルを行う。 第13回ローゼンストック国際ピアノコンクール第4位。第15回ショパンコンクールin Asia コンチェルトC部門にて全国大会金賞、アジア大会銅賞受賞。これまでに、右高理絵、渡辺美恵、原田英代、東誠三の各氏に師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部器楽科を経て、同大学院音楽硏究科修士課程2年在学中。

close
渡辺	啓介渡辺 啓介(ピアノ)

渡辺 啓介(ピアノ)

国立音楽大学卒業。東京音楽大学大学院鍵盤楽器研究領域(伴奏)修了。これまでにピアノを森静奈、四本陽子、榎本潤、佐藤展子の各氏に、伴奏法を伊賀あゆみ、故長町順史、御邊典一の各氏に、室内楽を生島繁、竹中勇人、浦川宜也の各氏に、ソルフェージュを井上恵理、故山口博史の各氏に、和声を篠田昌伸氏に、声楽を井ノ上了吏氏に師事。卒業演奏会、ソロ室内楽定期演奏会、作曲作品展、読売新人演奏会等多数出演。“長江杯”国際音楽コンクール優秀伴奏者賞受賞。
在学中より公開レッスン、マスタークラス、コンクール等の伴奏の他、小中学校での合唱伴奏、結婚式やファッションショーでの生演奏、レコーディングやライブのサポートなどジャンルを超えて活動中。

close
渡邊	拓也渡邊 拓也(ピアノ)

渡邊 拓也(ピアノ)

福島県立安積高等学校卒業。
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科を経て、同大学大学院音楽研究科ヴィルトゥオーゾコースを修了。
2008年、第18回NPO法人東北青少年音楽コンクール本選会にて最優秀賞、東北電力社長賞を受賞。
2013年、ポーランド国立ショパン音楽大学夏季セミナーにて、ディプロマ取得。
2016年、武蔵野音楽大学大学院にて、福井直秋記念奨学生として、奨学金を授与される。
2017年、武蔵野音楽大学内オーディションに合格し、武蔵野音楽大学管弦楽団と共に、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」を演奏する。
これまでに、橋本昌子、手塚真人、大和田トモ、佐久間智子、西川美知子、岡野壽子の各氏に師事し、M.シュライバル、A.v.アルニム、K.ゲキチの各氏には、それぞれ1ヶ月ほどの指導を頂いた。

close

戻る