にしよど子ども食堂なもなも 1公演目

2020.12.19 開演 10:00~ (30分の解説付コンサートです)

100万人のクラシックライブ「子どもたちに音楽を届けるプロジェクト」

高橋 宗久(ヴァイオリン)

神奈川県平塚市出身。桐朋学園大学音楽学部を卒業後、洗足音楽大学院修士課程を修了。これまでにヴァイオリンを梅津南美子・梅津美葉・安永徹・荒井英治、室内楽を市野あゆみ・安永徹・小森谷泉の各氏に師事するほか、ベルリンにてProf.Andreas Reiner氏に教えを受ける。大阪国際音楽コンクール高校の部二位、全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部入選、鎌倉学生音楽コンクール総合一位、かながわ音楽コンクール優秀賞、等。日本演奏連盟新進演奏家育成プロジェクトにて日本センチュリー交響楽団と共演。九州交響楽団を経て、現在、日本センチュリー交響楽団セカンドヴァイオリン副首席奏者を務める他、京都市交響楽団、関西フィルハーモニー等、他楽団のゲスト出演や、演奏会の企画、また後進の指導も好評を得ている。
また、クラシック業界初の日本酒唎酒師の資格を保有しており、日本酒とクラシック音楽のイベント「聴呑処」を開催し、両方のフィールドを熱くしている。同時に、大阪の酒販店「酒 高蔵」にてインターン生として経験を積んでいる。

HP https://takahashist.amebaownd.com

小野 文(ピアノ)

京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て、大阪音楽大学ピアノ専攻を首席で卒業、卒業時に最優秀賞を受賞。日本調律師協会主催「第12回よんよんコンサート」に出演。在学中、「第24回ピアノ・グランド・コンサート」にて大勝秀也指揮、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団とモーツァルト作曲《二台のピアノのための協奏曲k.365》で共演、学内選抜学生によるジョイントリサイタル「第22回ザ・カレッジ・コンサート」をはじめ多数の演奏会に出演。2015年、同大学院(修士課程)修了。修了演奏ではJ.S.バッハ『ゴルトベルク変奏曲』に取り組む。
京都ピアノコンクール2003C部門金賞及び京都新聞社賞。第26回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディションD部門全国大会出場、第27回同オーディションE部門地区優秀賞。第9回宝塚ベガ学生ピアノコンクール大学生部門第3位。第21回日本クラシック音楽コンクール大学女子の部全国大会第5位。2013年MusicAlp夏期国際音楽アカデミー(フランス)にてブルーノ・リグット氏に師事、修了演奏会に出演。2014年京都フランス音楽アカデミーにてジョルジュ・プルーデルマッハー氏のマスタークラスを受講。これまでに菅原ひろみ、石田純子、故竹内美知子、小出ひろみ、岡原慎也、青柳いづみこ、樋上由紀子の各氏に師事。大阪音楽大学研究生として研鑽を積む。
現在、関西を中心にアンサンブルピアニストとして精力的に活動するとともに、後進の指導にも力を注いでいる。大阪音楽大学付属音楽院講師、同大学演奏員。

大阪府大阪市西淀川区大和田5-12-24

浄土真宗本願寺派 善念寺