演奏家

若い学生からプロのベテランまで、多くの皆さんにご協力いただいています。
ご自身も参加されたいという方、「メール」にてご連絡ください。

青山 朋永(ヴァイオリン)

青山 朋永(ヴァイオリン)

京都市立大学、同大学院修士課程修了。在学中より学内代表として多くのコンサートに出演する。卒業と同時に広島交響楽団に入団し,2ndViolin首席代行奏者となる。
3月に退団し現在はソロ奏者として室内楽活動を中心に活発に演奏活動を行う。
エリザベト音楽大学非常勤講師。

close
青山 佳子(ピアノ)

青山 佳子(ピアノ)

フランスにて、ジュヌヴィリエ国立音楽院、パリ国立地方音楽院をピアノ・室内音楽ともに首席で修了。
ピアノヂュオ ”セセデイーユ” メンバー。
2012年、ファーストCD「セセデイーユ」リリース。

close
大田 響子(ヴァイオリン)

大田 響子(ヴァイオリン)

広島市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科、同大学を経て同研究科を修了。第17回日本クラシック音楽コンクール大学の部全国大会入選。これまでに長谷川夕子、飯田芳江、石井志都子の各氏に師事。

close
小野 碧子(ヴァイオリン)

小野 碧子(ヴァイオリン)

1991年生まれ。桐朋学園大学において成績優秀者のためのstudent concertに選ばれる。ブルクハルト国際コンクール入賞。
これまでにヴァイオリンを森悠子、藤原浜雄、辰巳明子、恵藤久美子、M・ゴトーニの各氏に師事。室内楽を森悠子、銅銀久弥、上田晴子、北本秀樹、水谷川優子の各氏に師事。
アルゲリッチ音楽祭、霧島音楽祭、ドイツのMatthaiter Musik Akademie、フィンランドのサボンリンナ室内楽アカデミーなど数々の講習会に参加し Matthaiter Musik Akademieでは優秀者コンサートに数度出演、ディプロマを取得。
2014年、桐朋大学院大学の「協奏曲の夕べ」のソリスト・オーディションに抜擢され、オーケストラ・アカデミーとチャイコフスキーの協奏曲を共演し 北日本新聞で好評を博した。

close
片山 敦子(ピアノ)

片山 敦子(ピアノ)

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学院音楽研究科器楽専攻修了。ポーランド国立グダンスク音楽院研究科修了。
広島市新人演奏会、及び広島プロミシングコンサートに出演。また、ポーランド各地にてソロリサイタル、ジョイントコンサート等、演奏活動を行う。
ピアノを(故)宮脇博、井上一清、坪田昭三、山城浩一、J.スリコフスキの各氏に、伴奏法を(故)J.ホラーク氏に師事。

close
嘉戸 絵理香(ピアノ)

嘉戸 絵理香(ピアノ)

くらしき作陽大学音楽学部に特待生として入学、在籍し卒業。学内選出にてイェルク・デームス氏の公開レッスンを受講。卒業演奏会に出演。第25回PTNAピアノコンペティション・デュオ中級部門全国決勝大会入選。第24回ピアノ教育連盟ピアノオーディション全国大会出場、リスト音楽院マスタークラス2009ファルヴァイ・シャーンドル氏のクラスを修了。長江杯国際音楽コンクール4位入賞。第20回日本クラシック音楽コンクール第5位(1.2.4位なし)入賞。これまで、佐々木惠江、平井修二、木村かをり、岡洋子各氏に師事。くらしき作陽大学伴奏助手を経てソロ、室内楽、合唱ピアニストなど演奏活動を展開する傍ら、後進の指導にもあたっている。

close
河田 絵美(ピアノ)

河田 絵美(ピアノ)

山陽女子高等学校音楽科ピアノ専攻を経て、国立音楽大学音楽教育学科卒業。定期演奏会、卒業コンサートに選抜され出演。国立音楽大学フレッシュコンサートに出演。大学卒業後は岡山に拠点を移しピアノ教室開設。現在は後進の指導の傍ら、アンサンブルコンサート、ジョイントリサイタル開催、チャリティーコンサート等に出演。これまでに湯浅洋美、片山康雄、拝田正機、結城恵子、高市貴久枝、場田あゆみの各氏に師事。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)、ヤマハPTC 各指導者会員。

close
川辺 梓(ヴァイオリン)

川辺 梓(ヴァイオリン)

くらしき作陽大学音楽学部卒業。在学中、大阪国際音楽コンクール入選、「京都・国際音楽学生フェスティバル2007」参加。「倉敷マスタークラス」にてチャイコフスキー弦楽四重奏団ウラジミール・ブグロフ氏のレッスン受講。くらしき作陽大学にてジェラール・プーレ氏の公開レッスン受講。コジマ・ムジカ・コレギア、弓室内合奏団と協奏曲を共演。ヴァイオリンを小野春風、山下典道、小島秀夫、佐久間聡一各氏に師事。室内楽を守屋美枝子、ドミトリー・フェイギン両氏に師事。卒業後は福岡を拠点にヴァイオリン講師や演奏活動を行う。現在は広島を拠点に演奏活動に力を入れ、後進の指導も行っている。弓室内合奏団団員。西区フィルハーモニーオーケストラ(福岡)コンサートミストレス。

close
小林 知世(ピアノ)

小林 知世(ピアノ)

広島市出身。エリザベト音楽大学、同大学院を首席で修了。在学中に定期演奏会のソリストとして同大学オーケストラ(指揮: 秋山和慶氏)と共演。第77回読売新人演奏会、第28回広島市新人演奏会に出演。第138回日連新人演奏会にて広島交響楽団と共演(指揮: 小田野宏之氏)。ソロ・リサイタルをはじめ室内楽奏者や伴奏ピアニスト、また即興演奏やアレンジなど国内外で演奏活動を行う。
現在、同大学大学院博士後期課程に在籍する傍ら、非常勤伴奏副手、T.Aとして勤務。

close
田中 郁也(ヴァイオリン)

田中 郁也(ヴァイオリン)

広島音楽高等学校卒業。くらしき作陽大学音楽学部に特待生として入学。在学中行われたオーディションにてプラハ交響楽団京都公演に出演。
卒業後 、北イタリア音楽セミナーに参加。ミラノヴェルディ音楽院にてツィンツィア・バルバ・ジェラート教授のレッスン受講。祝祭管弦楽団のメンバーとしてオペラ「椿姫」ミラノ公演に参加。
2013年、フランスで行われたfugato academy festivalに参加。
弓室内合奏団とバッハのヴァイオリン協奏曲第2 番を共演。
福山楽友協会管弦楽団とサン・サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番を共演。
現在、岡山フィルハーモニック管弦楽団登録団員。

close
寺本 由理(ヴァイオリン)

寺本 由理(ヴァイオリン)

4歳半よりスズキ・メソード長谷川敏子氏の下でヴァイオリンを始める。高校三年で渡米、T. Einfeldt, L. Fioreにヴァイオリンを学びハートフォード大学(特待生でディプロマコース修了)。ニューヨーク州立大学(学士を取得)後、イリノイ大学大学院へフルスカラーシップを得て進学、ヴァイオリンをSimin Ganatraに、室内楽をPacifica Quartetに師事。教授の助手を務め、修士を取得。その間、数々のコンクールで優勝、入賞し奨学金を得る。欧米の音楽祭やマスタークラスに参加し、ソロ、室内楽、オーケストラの研鑽を積む。これまでにヴァイオリンを豊田耕兒、舘ゆかり、Katie Lansdale, Laurie Smuklerなどの各氏に、室内楽をGuarneri Quartet, Emerson String Quartet, Miami String Quartetに師事する。

close
野中 有子(ピアノ)

野中 有子(ピアノ)

ハンガリー国立リスト音楽院修了、フェリス女学院大学首席卒業。同大学ディプロマコース修了。大学在学中、室内楽やオーケストラと共演、また同大学より「ホープ・カレッジ(米)海外演奏旅行」に派遣される。第76回読売新人演奏会、第7回日本ピアノ調律師協会新人演奏会、JMCコンサート出演。第13回日本クラシック音楽コンクール入選、若い芽のコンサート・遠山賞。2007年よりハンガリー国立リスト音楽院に留学。渡欧中ウィーンにても研鑽を積み、旧リスト音楽院、バルトーク博物館ホールをはじめ各地にて演奏活動を行う。エウテルペ国際コンクール(伊)1位受賞。
2011年秋 帰国。2012年帰国記念リサイタル開催。その後ピアノソロ活動のほか、ルネスオペラ「椿姫」「トスカ」、総社市芸術祭「カルメン」、岡山県文化連盟・天神山文化プラザ主催「オペラファンタジー・ヘンゼルとグレーテル」にてピアノ伴奏を務め、練習ピアニストとして「魔笛」「フィガロの結婚」「愛の妙薬」等のオペラにも参加。またリスト音楽院教授オンツァイ氏(Vc)と共演などアンサンブル・伴奏等でも活動。自ら企画する「語りとピアノコンサートシリーズ」ではピアノソロのほか作/編曲を手掛ける。近年企業や朗読家の依頼により、映像音楽の作曲やアレンジなども行っている。ピアノ講師の傍ら、学校公演にも多数訪れている。「桐朋学園大学音楽学部付属 子供のための音楽教室(仙川別科)」に在籍した経験を活かし、ソルフェージュの講師として後進の指導にもあたる。
これまでに、ピアノを岩崎淑、中西淑子、新井博江、宮原峠子、A・ネメティ、L・イシュトヴァン、F.クルンプック、室内楽・伴奏法をE・パール、R・ホフマン、立神粧子、服部容子の各氏に師事。ぎふリスト音楽院Masterclass伴奏者、ルネスアンサンブルピアニスト、城東高校非常勤講師、岡山県演奏家協会会員。

close
藤本 宏平(ピアノ)

藤本 宏平(ピアノ)

廿日市市出身。第5回大阪国際音楽コンクール高校の部第1位、及び全部門グランプリ、ジャーナリスト賞受賞。第21回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション高校の部全国大会入賞、及び入賞者演奏会に出演。第6回北本ピアノコンクール大学の部第2位、朝日新聞社賞受賞。2010 Asia International Piano Academy & Festival with Competition in KOREA金賞受賞。
広島音楽高校、東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学院鍵盤楽器研究領域(ピアノ)を修了。大学・大学院在籍中、特待奨学金を得る。また、学内オーディション合格者によるソロ・室内楽定期演奏会、卒業演奏会に出演。
第12回日本ピアノ調律師協会主催新人演奏会に出演。第32回広島市新人演奏会に出演、及び優秀演奏者として広島プロミシングコンサート2011にて広島交響楽団と共演。
カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」(東京音楽大学表参道サロンコンサート)、デザインKホール六本木にてジョイント・リサイタルを行う。ライフワンミュージック主催フレッシュ・コンサートに出演。(藤本宏平 ピアノ・リサイタル「永劫回帰 ~ ニーチェを讃えて」)
広島国際文化財団より、中村音楽奨学金を得る。広島県教育委員会より、メイプル賞受賞。
ピアノを播本枝未子、倉沢仁子、田辺緑、長原博美の各氏に師事。伴奏法・室内楽を土田英介、作曲法を村田昌己の各氏に師事。
大学院在籍中、ギルドホール音楽院(ロンドン)に奨学金を得て短期留学。ローナン・オホラ、小川典子の両氏に師事。

close
溝辺 恭子(ピアノ)

溝辺 恭子(ピアノ)

広島文化女子短期大学(現広島文化学園大学)音楽学科ピアノ専攻卒業。同学専攻科、研究生修了。定期演奏会、卒業演奏会、中四国新人演奏会等出演。ピアノを故管みどり、東孝彦、増本嘉子の各氏に、伴奏法を呉恵珠氏に師事。卒業後は後進の指導にあたる一方、幅広く演奏活動を行っている。現在、広島文化学園大学短期大学、安佐准看護学院非常勤講師。

close
三登 えりか(ピアノ)

三登 えりか(ピアノ)

広島大学教育学部音楽文化系コース卒業、同大学大学院教育学研究科修了。広島大学大学院修了演奏会に出演。第2回ヨーロッパ国際コンクールinJapan全国大会にてディプロマ賞受賞。また、HIROSHIMA MUSIC FESTIVAL、カンマームジークアカデミーin呉にて室内楽を学ぶ。これまでに、濱本恵康、田島まゆみ各氏に師事。現在は、「広島愛の川プロジェクト」にて合唱指導や伴奏を務めるなど、広島を中心に音楽活動を行っている。

close
森須 奏絵(ピアノ)

森須 奏絵(ピアノ)

4歳よりピアノを始める。広島音楽高校卒業。在学中、定期演奏会・卒業演奏会に選出。桐朋学園大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。エリザベト音楽大学大学院修士課程修了。2010年NOTOピアノコンクール優秀賞受賞。2012年ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan 本選において特別優秀賞受賞。 2013年より各地で被爆ピアノ平和コンサートを行う。
これまでにピアノを砂田直美、大下祐子、上野久子、伴奏法を藤井一興の各氏に師事。 現在、演奏活動の傍ら後進の指導にもあたっている。

close
山本 弓華(ヴァイオリン)

山本 弓華(ヴァイオリン)

相愛大学音楽学部を卒業。
在学中、京都国際音楽学生フェスティバルに参加。オーケストラ部門を修了。同大学の卒業演奏会に出演。第30回広島市新人演奏会に出演。
ヴァイオリンを長谷川夕子、大谷玲子、石井志都子、四方恭子の各氏に師事。
現在は出身地である広島を中心に演奏活動を行い、ヴァイオリン講師としても活動している。

close