東横イン堺東駅

2017.01.22 開場 15:30~/開演 16:00~

料金 1,000円(中学生以下は無料。乳幼児でもご参加できます。)

佐藤 まり子(ヴィオラ)

4歳からバイオリンを18歳からビオラを始める。第13回クラシック音楽コンクール全国大会入選。
2014年東京藝術大学卒業。選抜により芸大木曜コンサートに出演。弦楽四重奏でデザインkアンリミテッド国際コンクールグランプリ、第8回横浜国際音楽コンクールアンサンブル部門1位。オーディションを経てビオラスペースマスタークラス、アドヴェントセミナー、シオン夏期音楽アカデミーなどに参加。光が丘管弦楽団とモーツァルトの協奏交響曲を共演。
2015年大阪フィルハーモニー入団。同年アフィニス夏の音楽祭に参加。日本演奏連盟主催の新進気鋭演奏家リサイタルシリーズのオーディションに合格。 2017年東京文化会館にてリサイタル開催予定。
バイオリンを里屋智佳子、小川有紀子、ビオラを小野富士、市坪俊彦、大野かおる、室内楽を山崎信子、柳瀬省太の各氏に師事。

西岡 仁美(ピアノ)

京都市立芸術大学卒業。
2006年に渡仏し、リヨン国立高等音楽院修士課程ピアノ専攻を修了。同時に、国立パリ地方音楽院室内楽専攻、伴奏専攻修了、ディプロム取得。卒業後、同音楽院にてフォルテピアノの研鑽を積むかたわら、フランスを中心にヨーロッパ各地でソロ、室内楽、伴奏と多方面で音楽活動を行う。また、パリ20区立音楽院所属のもと、音楽教育にも取り組む。
2010年 リヨン郊外サント・フォワ・レ・リヨンにて劇場こけら落とし公演としてソロリサイタルを行う。
2010年、2012年 ポーランドのグダニスクにてEuro Chamber Music Festival参加。
2013年 フランス人ヴァイオリニスト Ch.ブリエ氏とA.ババジャニアンのCDをPromusica Association Artistiqueからリリース。
2014年から日本に拠点を移し、演奏活動を行うと共に、合唱やオペラ伴奏、後進の指導にも当たっている。
京都フランス音楽アカデミー フルートクラス、淀川区民合唱団、メイシアター少年少女合唱団などの伴奏を務める。
ピアノを大冨栄里子, 田隅靖子, 上野真, P.レアク, J.=C.ペヌティエ, F.=R.デュシャーブル, G.ミショリ, D.パスカル, G.ムティエ他、室内楽をP.メイエ, E.ル・サージュ、伴奏をA.ジャコブ、フォルテピアノをP.コーエンの各氏に師事。

CONCERT ARCHIVE

ヴィオラ、素敵でした。

ビオラの会はあまり今までなかったとのことで少し不安でしたが、プログラムも一緒にじっくり考えてくださり、すごく心強かったです。
本番は最初の方で、トークが特にすごく緊張しました。でもスタッフの方の優しい励ましなどで、徐々にほぐれてきました。最後にアンケートでどの曲が良いか聞かせて頂いたことも、すごく参考になりましたし励みにもなりました。至らなかった所はしっかり反省したいです。
改めて100万人ライブのコンセプトに感銘を受け、参加させて頂いたことありがたく思います。
ビオラという少しマイナーな楽器ではありますが、これからも魅力を少しでも色んな方に知って頂けるように日々努力したいと思います。

佐藤 まり子

大阪府堺市堺区市之町東6-2-14